晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『三国志スリーキングダム 第48話』魯粛が周瑜を荊州から手を引かせた理由

三国志 荊州

周瑜が、執拗に荊州を狙っているにも関わらず、魯粛は孫権に周瑜を荊州から撤退させるべき理由を述べます。孫権にとっても荊州は喉から手が出るほど欲しい土地だったのに、魯粛の策を聞いたら喜んで周瑜を撤退させようとするのです。なぜ、孫権は周瑜を荊州から撤退させる事を認めたのか?その理由を詳しく紹介しましょう。

『第48話 魯粛の斡旋』のキャスト

魯粛が周瑜を荊州から撤退させようとする『第48話 魯粛の斡旋』 に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/軍令で周瑜を撤退させようとする君主(演:チャン・ボー)
  • 呉国太(呉)/魯粛を褒め称える孫権の義母(声:久保田民絵)
  • 魯粛(呉)/孫権に軍を撤退するべきと進言する文官(演:フォ・チン)
  • 周瑜(呉)/軍令に従おうとしない大都督(演:ビクター・ホァン)
  • 程普(呉)/周瑜の心中を察する将軍(声:里卓哉)
  • 劉備(江夏)/魯粛に迫られる皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(江夏)/魯粛と論戦する軍師(演:ルー・イー)
  • 張飛(江夏)/魯粛に言いくるめられる将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(江夏)/零陵に進撃する将軍(演:聶遠)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第48話 魯粛の斡旋』のストーリー

魯粛は、孫権に「周瑜を荊州から撤退させる案があります。それは我らが合肥を攻めて、わざと劣勢を装(よそお)うのです。そして周瑜を合肥に向かわせて戦が済んでから荊州を攻め取らせれば良いのです」と進言します。

魯粛は「曹操は、我ら江東と劉備が争うのを待っていますが、我ら呉軍が荊州から手を引いたとなれば、荊州には劉備軍がわずか2万。これを曹操が見逃す訳がありません」と進言しました。

さらに、魯粛は「曹操と劉備を戦わせた後に、江東は動き出せば良いのです」と進言します。孫権は「そなたの話は、闇夜の灯明だ。言う通りにしょう」と魯粛の進言を採用しました。

劉備は、呉軍が撤退した事を喜びますが、諸葛亮は「呉軍が撤退した事は決して吉報ではございませんぞ」と魯粛の魂胆を今頃になって、懸念しました。

それでも、劉備は馬良の南進案に耳を傾けて、荊州南部に進撃する事になったのです。はたして劉備は荊州南部まで占領する事はできるのでしょうか?

『第48話 魯粛の斡旋』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第48話 魯粛の斡旋』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第48話 魯粛の斡旋』の残念な所

孫権が合肥に兵を進めますが、その合戦が省かれているので、そこはしっかりと演出して欲しかったかなと思いますね。実際に、孫権と張遼との戦いは激戦で、呉や魏のファンにとっては、重要な合戦である事に間違いはないですか、そこは少し残念な所でした。

『第48話 魯粛の斡旋』の見所

魯粛は、正史では呉の重鎮であり、高く評価されている人物です。第48話でも、その魯粛像を忠実に描かれているほどの活躍を見る事ができました。あの諸葛亮でさえ、呉の動きの真意を読み取る事ができず、劉備から劉琦が亡くなった後は荊州を返すという言質を取ったのは、魯粛の大手柄であり、第48話の大きな見所です。

その後も、劉備は荊州を返そうとしませんが、それが後に大きな災いとなります。かつて第一次世界大戦ではバルカン半島は火薬庫と呼ばれましたが、中国の三国時代では荊州がバルカン半島に代わる火薬庫と呼べる地域と言えるでしょう。

上の広告の商品は43〜52話まで収録