晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

呉国太が縁談を認めた理由(三国志スリーキングダム 第53話)

三国志 荊州

呉国太は、自分の娘と劉備の縁談に反対していまいたが、途中から劉備との縁談を認めようとします。なぜ、呉国太の気が変わってしまったのか?その理由を詳しく紹介しましょう。

『第53話 孫権、兵符を返す 』のキャスト

呉国太が娘と劉備との縁談を勧めてしまう『第53話 孫権、兵符を返す 』 に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/君主と臣下の関係に悩む呉侯(演:チャン・ボー)
  • 呉国太(呉)/娘と劉備の縁談を勧める孫権の義母(声:久保田民絵)
  • 孫小妹(呉)/孫権の妹(演:ルビー・リン)
  • 魯粛(呉)/周瑜と考えが合わない文官(演:フォ・チン)
  • 周瑜(呉)/劉備を亡き者にしようとする大都督(演:ビクター・ホァン)
  • 呂蒙(呉)/周瑜に従う将軍(演:チャン・チョン)
  • 劉備(荊州)/甘露寺の会見に臨む皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 趙雲(江夏)/呉の動きを警戒する将軍(演:聶遠)
  • 孫乾(新野)/劉備に従う文官(声:林和良)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第53話 孫権、兵符を返す 』のストーリー

孫権は、勝手に兵を動かした周瑜を罷免してしまい、周瑜は、ますます諸葛亮に怒りを募らせてしまいます。

しかし、孫権が兵を撤退させいようとしても、部下がやってきて「巴陵より戻りました、丁奉・徐盛・蒋欽・甘寧らが申しますに、我らが撤退すれば諸葛亮は東へ進み、巴陵を失うと申していました。」と報告。

孫権は「それは私に逆らう口実だ、将軍らを罷免する!」と激怒。そこへ呉国太が「曹操になったつもりですか」と現れます。

これに孫権は、すぐに部下を下がらせます。呉国太は「部下があってこそ、そなたは呉侯でいられるのですよ」と配下たちを大事にするようにさとして、周瑜に兵符を返すように勧めます。

しかし孫権は「それでは孫劉で大戦をする事になります」と答えたら、呉国太は「戦にはなりませぬ、そなたの妹を嫁がせなさい」と言うのです。これに孫権は驚きますが、18の娘を48の男に嫁がせるのは辛くても、江東の領土と民を守るためには仕方がないと答えるのです。

呉国太の意思を尊重して、甘露寺で劉備と対面する事になりますが、はたして無事に縁談は成功するのでしょうか?

『第53話 孫権、兵符を返す 』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第53話 孫権、兵符を返す 』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

『第53話 孫権、兵符を返す 』の残念な所

孫権の妹である孫小妹が登場しますが、その可愛らしさに驚きました。こちらの役者さんは台湾出身のルビー・リンさんという方ですが、アイドルのような可愛らしさですね。 ルビー・リンさんは女優であり歌手でもある方で、日本食を好み、何回も日本へ訪れた事があるようです。

ドラマとは言え、そのような可愛らしい孫小妹が、年配の劉備に嫁ぐのは、残念で仕方ないですね。実際に、孫小妹は第53話で、年配の劉備に嫁ぐ事に意気消沈して目をうるわせてしまうので「さすがに可哀想だなぁ」と思ってしまいました。

『第53話 孫権、兵符を返す 』の見所

劉備に危機が迫る中で、魯粛が身を呈して、孫劉連盟を守ろうとします。魯粛は一環として守り続けたものが2つあって、それが『荊州は呉の物である事』と『孫劉連盟を守る事』です。

ただし、孫劉連盟に関してはある条件付きで守ろうとしていたので、その条件が変わらないうちに魯粛は亡くなっていくので、結果的に最後まで孫劉連盟を守る一生を送る事になります。第53話では、魯粛のその君子のような振る舞いを見る事ができるのが、最大の見所です。

これが、後に三国志スリーキングダムのストーリーを盛り上げてくれる所でもあるので、今後の孫劉の争いから、ますます目が離せなくなってきますね。

上の広告の商品は53〜63話まで収録