AKIRAブログがグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽を紹介

現在は購入できない広告リンクがあるので、少しずつ調整している次第です

魚べい『秋フェア』の画像や味を紹介!旬のネタが盛り沢山

魚べいの画像

魚べいの『秋フェア』は旬のネタや変わったメニューが多く用意されていたので、魚べい好きなライターとして速攻で食べてきました。そこで、どのようなネタがあったのか画像や味などを紹介するので、ご覧になってみて下さい。

『さんま』の画像と味

さんまの画像

やはり、秋と言えば『さんま』ですね!そのため、魚べいの秋フェアには、やはり、さんまがありました。

さんまは少し青臭いイメージがある方は多いかもしれませんが、さんまの上に生姜が乗っかっていたので、意外とサッパリとした味になっていました。

『さんま明太マヨ炙り』の画像と味

 

さんま明太マヨ炙りの画像

さんまの上に明太とマヨネーズで炙ったネタ『さんま明太マヨ』もありました。やはりマヨネーズが効いているので、さんまの味がほとんどなくなっています。それでも、明太マヨの味がまろやかな味になっていて、その美味を堪能できました。

『とろかつお』の画像と味

とろかつおの画像

秋フェアでは、やはりカツオも用意されていて、少し大きめのネタで『とろかつお』もありました。食べてみた感じではスッキリとした味になっていましたね。

少し冷たい食感がするかなという感じもしました。この辺りは好みの分かれる所かもしれません。

『ジャンボ蒸しホタテ』の画像と味

ジャンボ蒸しホタテの画像

秋フェアの中でも、驚かされたネタはいくつかありましたが、そのうちの一つが『ジャンボ蒸しホタテです。あまりの大きなネタに度肝を抜かれました。今までホタテはこぶりなイメージが強かったので、こんなに大きかったんだなぁと思いましたね。

実際に食べてみたら、弾力のある食感がして噛み応えのあるネタでした。さらに、少しバターっぽい味がしました。

『舞茸の天ぷら茶塩』の画像と味

舞茸の天ぷら茶塩の画像

油の多い食べ物が苦手な方に要注意なネタが『舞茸の天ぷら茶塩』です。こちらのネタは、とにかく油がすごかったです。舞茸よりも衣のほうが多い感じで、口の中に油が広がる感じがしました。茶塩がふりかけられていても、これは油のほうが強かったですね。

せっかくの舞茸の味が少し感じられなかったのが少し残念な所でしたね。それでも舞茸が好きな方は食べてみるのも良いかもしれません(秋フェアでは茶塩がふりかけられていないタイプもあります)。

『南まぐろ大トロ』の画像と味

南まぐろ大トロの画像

トロ好きの方におすすめのネタもあって、それが『南まぐろ大トロ』です。こちらは少しアッサリとした味になっていますが、厚みがあるトロなので、100円で売っているようなトロとは違う豪華さがありましたね。

『蒸し牡蠣』の画像と味

蒸し牡蠣の画像

私は大の牡蠣好きという事もあって『蒸し牡蠣』はワクワクしながら食べてきました。こちらはポン酢が使われているので、少し酸味を感じる味になっていましたね。そのため、それほど牡蠣の苦味は感じないネタになっていました。

『活け〆真はた』の画像と味

活け〆真はた

秋フェアの中でも、甘めな味がしたのが『活け〆真はた』でした。食感も柔らかくなっているので、男性だけではなく女性からも好まれやすい味という感じがしましたね。

レモンが乗っかっているので、その辺りは好みが分かれてしまいそうです。元NMB48の市川美織さんであれば、大喜びしそうなネタかもしれませんけどね。

『塩辛ぐんかん』の画像と味

塩辛ぐんかん

今まで様々な軍艦を食べてきた自分でも驚いたのが『塩辛ぐんかん』でしたね。これは、合うのか?と思ってしまいましたが、そこはさすが魚べい魚べい魚べいべいさん!塩辛い味が抑えられていて、食べやすい感じになっていました。

そのため、塩辛いものが食べづらい方でも、意外と食べやすくなっています。ただし、塩辛いネタが好きな方にしてみれば、少し物足りなく感じるかもしれません。

『牡蠣フライ』の画像と味

牡蠣フライ

舞茸の天ぷら茶塩は油っぽかったのですが、こちらの『牡蠣フライ』はサクサクとした食感になっていたので、食べやすい感じでした。さらに、タルタルソースは、適度な甘さになっていましたね。

『活け〆かんぱち』の画像と味

活け〆かんぱち

大きめなネタになっている『活け〆かんぱち』は、ほどよく脂がのっていて、美味しかったですね。そのため、間に挟まっている大葉のサッパリとした味と脂身がよくマッチしていました。

『こだわりトマトチーズ味噌ラーメン』の画像と味 

こだわりトマトチーズ味噌ラーメン

秋フェアではサイドメニューで『こだわりトマトチーズ味噌ラーメン』という変わったメニューもありました。これは女子が喜びそうなメニューですね。右上に少し白っぽいのが写っているのが分かるかと思いますが、これはチーズで餅のようにびよぉ〜んと伸びました。

トマトの酸味とチーズの甘みがよく合っていたので、トマトにラーメンという組み合わせに戸惑ってしまう方も食べてみるのも悪くありません。

『魚べい こだわり三昧(第一弾)』の画像と味

魚べい こだわり三昧(第一弾)

魚べい好きの方であれば、分かるかも思いますが、フェアが行われるたびに登場するのが、こちらの『魚べい こだわり三昧』です。左から、真はた・さんま・牡蠣となっています。

何やら贅沢な限りで、こだわり三昧よりも贅沢三昧という名前のほうがしっくりとくる感じですね。味のほうは、今まで紹介していた通りの味になっています。

『ロコモコ丼』の画像と味

ロコモコ丼

秋フェアのメニューの中でも、目が点になりそうだったのが『ロコモコ丼』です。はたしてロコモコ丼とは何だろうと思ったら、ハワイ料理のロコモコを丼にしたものでした。

ロコモコは、飯の上にハンバーグやパテ(肉や魚などをペースト状にしたもの)を乗せたものです。実際にロコモコ丼を食べてみたら、ボリュームのあるハンバーグの味や半熟卵の味が絶妙に合っていましたね。

特に、ハンバーグを半分ほど食べた状態で、半熟卵を崩してガツガツと食べていた時は、至福の時間でした。

『魚べい 亀貝店』の地図

私が食べにいったのは、今回も『魚べい 亀貝店』です。場所は、新潟県新潟市西区で、国道116号新潟西バイパスの亀貝インターチェンジの近くにあるのです。そのため、車で来た場合には分かりやすい所です。

そして、魚べいは全国チェーン店なので、北海道・宮城県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県などにあります(2018年9月時点)。

詳しい地図が知りたい方は、下にある『魚べい』のサイトに載っているので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

魚べい | 魚べい店舗案内 | 元気寿司グループ

『魚べい フェア』のまとめ

f:id:akira2013web:20180905210952j:plain

秋と言えば、さんまのイメージが強かったのですが、魚べいの秋フェアでは、さんまの他にも、牡蠣・かつお・まぐろ・舞茸などが多くありましたね。

旬のネタが多かったのですが、ロコモコ丼や、こだわりトマトチーズ味噌らーめんもあったので、男性だけではなく女性も食べてみて損はしないフェアになっていました。もしも、時間に余裕があれば食べてみて下さい。

ただし、秋フェアは期間限定なので、注意して下さい。そして魚べいの店舗によっては今回紹介したメニューがない可能性もあります(秋フェアは2018年9月4日から開始)。