AKIRAブログがグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽を紹介

現在は購入できない広告リンクがあるので、少しずつ調整している次第です

指原莉乃は女優として演技力は高い?(さしごはん #46)

桜鯛の画像

九州放送の『指原莉乃のさしごはん』の第46回目は『桜鯛のポワレ オレンジソース』でした。所が、料理が始まる前に指原莉乃さんが映画に出演する話になって、最後のほうでは女優としての演技力を披露する事になったので、詳しく紹介しましょう。

『指原莉乃のさしごはん #46』のキャスト

指原莉乃のさしごはんの第46回目に登場するキャストを紹介します。

  • 指原莉乃/自分の出演作を紹介するアイドル
  • 石井裕二/映画について聞く男性
  • 高松幸治/指原莉乃と一緒に演技を行う料理長

『指原莉乃のさしごはん #46』の内容

石井裕二さんとコージ先生たちは、指原莉乃さんが映画に出演する事について話し合っていました。そして、石井裕二さんは「映画主演女優の指原莉乃さんです」と紹介して、そこへ指原莉乃さんが女優のオーラを漂わせながら登場してきたのです。

指原莉乃の出演作を紹介(起)

指原莉乃さんは、髪をなびかせて「おはようございます」と言ってきたので、石井裕二さんは「すっかり女優気分ですねぇ、薔薇色のブーコ、主演らしいですね?」と笑ってしまいます。 それに指原莉乃さんは「そうです、笑いの絶えない時間になって、見たらハッピーになる」と自分の出演作品の映画『薔薇色のブーコ』を紹介するのです。

石井裕二さんは「これだけ3人でやってきたのに、我々に何も教えてくれない」と映画に出演する事を黙ってきた事を指摘したら「たかなみさん(高橋みなみさん)に言わない事を、(二人に)言う事あってあります?」と笑ってしまいます。そして、コージ先生から「桜鯛のポワレ オレンジソース」とお題を発表。

まず、4人前の食材(桜鯛800g・オレンジ絞り汁100cc 2個分・ニンニク1/2片・タマネギ1個・白ワイン100cc・バター少々)・(ジャガイモ・塩・白コショウ・オリーブオイル・プチトマト・ベビーリーフ・クレソン 全て適量)を用意。そして、鯛の皮目に切れ目を入れて、適当な大きさに切っていきます。

指原莉乃がスベる?(承)

鯛に、塩と白コショウをふりかけて、熱していないフライパンにオリーブオイルを入れていき、鯛の皮目を下にして強火にかけます。それに指原莉乃さんは「まず(フライパンを)あっためないんですね?」と疑問を持ったら、コージ先生は「うん、まずは冷たいまま」と答えるのです。

それに、指原莉乃さんは下唇をつきだして、両手を頬の近くにそえて『Why(なぜ)?』というポーズを取ってしまいます。 しかし、何も笑いが起きなくて、指原莉乃さんは「何でだろう?」と笑ってごまかして、豪快にスベッてしまうのです。コージ先生は「暖かくしてから鯛を入れると、急激に身が縮むので」と説明。

実際に、コージ先生の言う通りで、冷たい状態から鯛を入れて、火をかけたら、ゆっくりと身が縮んでいきました。皮が縮んできたら、弱火にして上から押さえて伸ばします。その後に布をまいたフタをして、5分間、弱火で皮目を焼いて、上の身は蒸し焼きにします。

コージ先生の細かい手直し(転)

さらに、石井裕二さんはオレンジを絞って、指原莉乃さんはタマネギをみじん切りにしていくのです。 全ての人が料理をするので、会話が途切れてしまって、指原莉乃さんは「こんな静かになる事ってあります?」と聞いて笑いが起きてしまいます。皮が焼かれた鯛を移した後に、オレンジソースを作っていきます。

その調理法は、タマネギとニンニクをフライパンで軽く炒めて、オレンジの絞り汁・白ワイン・塩・白コショウを加えて煮込んでいきます。ここで、コージ先生から「盛り付けいきましょう」と言われて、いよいよ指原莉乃さんの苦手な盛り付けタイムがスタート。石井裕二さんは「女優として感性を磨いてきましたからね」と期待します。

しかし、コージ先生は容赦なく手直ししていくので、石井裕二さんからは「細か!」と突っ込まれてしまうのです。そして、立体感のない盛り付けという事で、コージ先生が事前にある物を用意していました。それはジャガイモを薄く切って、弱火でオリーブオイルを使って焼いて完成させたものです。

指原莉乃の演技力(結)

コージ先生が事前に作っていたものも盛り付けて、桜鯛のポワレ オレンジソースが完成しました。指原莉乃さんは、鯛とジャガイモを両方崩して、一緒に食べてみたら「美味(うま)!身はふわっとしているのに皮はパリッとしていて、酸味のあるソース、タマネギのシャキシャキ感、さらにジャガイモのカリカリ感が全て違う」と大満足。

その見事な感想に、石井裕二さんは「伝わってきましたね」と言ったら、コージ先生も「さすが女優ですね」と褒めたら、指原莉乃さんは「1回女優経験してきているので」とドヤ顔になります。そこで、石井裕二さんは、指原莉乃さんに女優としての演技力を披露してもらおうとお願いするのです。

指原莉乃さんは、コージ先生の弟子役として遅刻をした事に謝る演技をしますが、途中で「(遅刻した理由)寝てました」と笑ってしまうのです。これに石井裕二さんは「途中で、こういうコーナーを入れていきませんか?」と提案しますが、コージ先生に「何のコーナーか訳分かんないですよ」と笑いながら突っ込まれてしまうのです。

『指原莉乃のさしごはん #46』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『指原莉乃のさしごはん』の#46では、指原莉乃さんの出演作『薔薇色のブー子』の話が出てきたので、その作品や、#46の感想を紹介します(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

指原莉乃主演の映画『薔薇色のブー子』

幸子(ブー子)を演じるのが、指原莉乃さんで、このブーコは人生がどん底な状態でした。そんなブーコには、信じられない不幸が次々に襲いかかっていくのです。監督は、あの福田雄一氏で、指原莉乃さんとは『指原の乱』で共演をしていた中です。

さらに、同じAKB48グループの元メンバー小嶋陽菜さんや、指原莉乃さんとは仲のいい鈴木福くんも登場します。かなりバカっぽく見える内容にいなっていますが、バラエティー色の強い映画なので、バラエティーが好きな方や、指原莉乃さんが好きな方であれば見ておく価値はあるでしょう。

『指原莉乃のさしごはん #46』の感想

指原莉乃さんは、女優としての演技力を見せようとしますが、途中で笑ってしまいましたね。この辺りは、まだ女優としての経験が短かったので、仕方のない所かもしれません。実際に、指原の乱でも映画を制作しようとしましたが、その時は山崎貴監督のスケジュールが合わなくて断念するという事がありました。

しかし、AKB48を卒業する時がきたら、バラエティーへ一直線に行くのか?女優の仕事も受けていくのか?少し興味がわく所ですね。

『指原莉乃のさしごはん』と『薔薇色のブー子』を見れる物

動画配信『U-NEXT』では『指原莉乃のさしごはん』と『薔薇色のブー子』の両方を見る事ができます。

月額料金は税抜価格1,990円になっていますが、始めての方は31日間は無料となります(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。