晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

『劇場霊からの招待状6話』AKB48の小栗有以と中野郁海が共演

TBSのホラードラマ『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』では、AKB48の中野郁海さんと小栗有以さんがW共演しました。

第6話では、ある家族が廃墟を訪れる事によって、包帯女に、次々に襲われていく事になるので、詳しく紹介しましょう。

『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』のキャスト

ホラードラマ『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』に登場した人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 岸本舞/好奇心旺盛な女子中学生(演:小栗有以)
  • 三ノ宮忍/舞の従兄弟(演:中野郁海)
  • 岸本祐美/舞の母親(演: 八木さおり)
  • 岸本俊介/舞の父親(演:吉家章人)
  • 錦野豪太/劇場霊の案内人(演:小市慢太郎)

『劇場霊からの招待状』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、劇場霊からの招待状の第1〜10話の動画・ストーリー・見所などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』のストーリー

4人組の若者が、カメラを構えて、いわくつきの廃墟に入って行って「ごめんくさぁい、包帯女さんいますかぁ」と呼びかけながら階段を登っていくと『ドン!ドン!ドン!』と音が聞こえてきました。

そして一人が音のする部屋に入ろうとした、誰かの手に引きずり込まれたので、残りのメンバーたちは車まで逃げますが、顔を包帯で巻いている女が迫ってきた所で「ぎゃあああー!」と悲鳴をあげた所で、映像が途切れてしまうのです。

それから岸本一家は、車のエンジントラブルが原因で、ある廃墟に入っていきます。そうしたら父親が、別行動で部屋に入って行った時に、鏡から伸びてきた手で引きずり込まれてしまったのです。

さらに、母親が一人で歩いていたら、小さな女の子が「お母さん、迎えにきてくれたの」と笑って、駆け寄ってきますが、抱きつこうとした時に体が大きい包帯女に変わって、母親まで襲われてしまうのです。

両親が戻ってこない中で、ついに夜になってしまて、今まで電気が付いていたのに突然消えてしまいます。舞たちはパニックに陥りますが、助かる事はできるのでしょうか?

『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』の感想

動画配信huluで見た『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』の感想や関連情報などを紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトにてご確認ください)。

『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』の残念な所

正直な話、この第6話は今まで見てきたホラードラマの中で、最も怖い内容になっています。これを見ていたら、3〜4回は心臓が一瞬だけ止まりました。ここまで怖くする必要があるのかと訴えたいぐらい怖かったです。まぁ、廃墟なんか行くなっていう話なんでしょうね。

ただし、包帯女が目前に迫ってきたら、少しリアリティーに欠けて、幽霊ではなく生きている人間のように見えるので、その辺りは残念な所でした。ただし、忍の話によれば、包帯女は生きているのか死んでいるのかハッキリとしないので、このような演出になっても仕方なかったのかなと思いました。

『劇場霊からの招待状 第6話 廃墟』の見所

第6話を見ていて、心臓が止まってしまうのは、よくある演出と言えば、それまでなんですが、突然父親がバーンと現れたりする所ですね。あれは心臓の弱い方が見たら、相当な負担になるので注意したほうが良いです。

そして、包帯女が遠くにいる時は、本当の幽霊のように見えるので、その辺りはリアリティーがあって良かったですね。さらに、懐中電灯でわずかな光を照らしながら進んでいくので、本当に廃墟を探検している番組のように見えて良かったです。

そのため、ホラードラマには見えない状況なのに、そこで包帯女が現れるので、すごく怖くて満足のいく内容でした。

『劇場霊からの招待状』を見れる動画配信『Hulu』

ドラマ『劇場霊からの招待状 第1〜10話』は、動画配信『Hulu』で観る事ができます。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めて入会する場合には2週間まで無料になっているので、その間に『劇場霊からの招待状』を視聴する事も可能です。