晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

孔明が馬謖に命じた驚くべき内容(三国志スリーキングダム56話)

三国志 荊州

劉備がいない間に、関羽や張飛たちは諸葛亮が謀反を起こすのではないかと疑うようになって、兵士を突入させる恐れがありました。

しかし、諸葛亮は、黄忠たちに兵士を城内から出すように、馬謖に命じます。なぜ、諸葛亮は自分を守るべき兵を遠ざけてしまったのか?その理由を詳しく紹介しましょう。

『再び周瑜を怒らせる』のキャスト

荊州の危機が続いてしまう『再び周瑜を怒らせる』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/周瑜の体調を心配する呉侯(演:チャン・ボー)
  • 孫小妹(呉)/劉備を助ける妻(演:ルビー・リン)
  • 周瑜(呉)/諸葛亮に激怒する大都督(演:ビクター・ホァン)
  • 呂蒙(呉)/周瑜を諌める将軍(演:チャン・チョン)
  • 劉備(荊州)/荊州に帰還する皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(荊州)/関羽たちと対峙する軍師(演:ルー・イー)
  • 馬謖(荊州)/諸葛亮を補佐する文官(声:横島亘)
  • 関羽(荊州)/諸葛亮を脅す将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(荊州)/酒を飲み明かす将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(荊州)/劉備に従う将軍(演:聶遠)
  • 黄忠(荊州)/諸葛亮の命を受ける将軍(演:ソン・チョンダオ)
  • 魏延(荊州)/黄忠と共に行動する将軍(演:ソン・チョンダオ)
  • 孫乾(荊州)/周瑜をあざ笑う文官(声:林和良)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『再び周瑜を怒らせる』のストーリー

荊州では、諸葛亮が、劉備がいない間に関羽や張飛たちが、不満を募らせて武力で訴えてくる事を恐れていました。

そこで、馬謖に「荊州で騒乱が起きないように、私と同じ荊州出身の黄忠を城外へ出すように」と命令。

馬謖は「それでは先生を守る兵士がいなくなります」と憂いますが、諸葛亮は自分の命をかけてでも荊州で内紛が起きる事を避けたかったのです。

関羽や張飛たちは、義兄が留守の間に諸葛亮が荊州を乗っ取ろうとしていると勘違いをして諸葛亮のもとへ乗り込んできました。

そこへ馬謖が駆けつけてきて「お二人は先生を誤解されています、先生は衝突を避けるために、兵士を城外へ出したのです」と説得。関羽たちは、その言葉に驚く中で、ついに劉備が城へ帰還します。劉備は、自分が留守の間に、義弟たちが軍師に無礼な振る舞いを働いた事を叱責します。

関羽たちは諸葛亮にひざまづいて謝りますが、諸葛亮は「関羽の傲慢さでは城を任せられない」と嘆くばかりでした。

呉では、周瑜が荊州を占領しようとして、ある策を用いようとします。はたして周瑜は何を企んでいるのでしょうか?

『再び周瑜を怒らせる』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『再び周瑜を怒らせる』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

三国志の名言『呉下の阿蒙』

呂蒙が、すぐに荊州を攻め込むように進言したら、周瑜から『呉下の阿蒙』と指摘されてしまいます。これは、直訳したら『呉のお馬鹿な呂蒙』と言った所でしょう。この『阿』は、中国では名前に『ちゃん』を付けるようなもので、馬鹿な人間に付ける時に使います。日本でも他人を馬鹿にする時に『○○ちゃん』と言うのと一緒ですね。

しかし、呂蒙は、後に主君の孫権から「将軍なのだから、少しは学問にも励め」と勧められます。呂蒙は断ろうとしますが、主君から熱心に勧められたので、学問に励むようになって、猛将から知将へ変貌します。これが後に、荊州の支配権が孫家と劉家のどちらになるのか決定づけたと言っても過言ではありません。

諸葛亮は、部下の育て方や使い方が下手でしたが、孫権は部下の育て方や使い方が上手だったのが、この一件でもよく分かる所ですね(孫権の晩年は抜きにした話です)。そして『呉下の阿蒙』という言葉は、いつまでも成長しない者を指摘する際に、使われるようになったのです。

『再び周瑜を怒らせる』の残念な所

今回も、呉のファンにとっては、ストレスのたまる内容が続いてしまいます。実際に、周瑜はそれほど愚か者ではないのに、ここまで貶めるのかという内容で、呉のファンとしては激怒ものです。

そのような激怒したくなる内容になっていますが、呉の反撃が始まるまでのお楽しみと考えれば、見てみる価値はあるでしょう。

『再び周瑜を怒らせる』の見所

周瑜は怒りのあまり、血を吐いてしまって、呂蒙が必死に心を鎮めるように諌めます。少し猪武者な所がある呂蒙ですが、少しずつ知将へ変わりつつある所が見えたのは、第56話の大きな見所ですね。

そして、諸葛亮が、後の悲劇を予言したのも大きな見所です。実際に、関羽は傲慢で余計な敵を作りやすい気性だったので、荊州を守れるほどの器ではなかったのかもしれません。

逆に言えば、関羽がもう少し劉備以外の者にも、敬意を示せる所があれば、歴史は変わっていたでしょう。

これが、後に三国志スリーキングダムのストーリーを盛り上げてくれる所でもあるので、今後の孫劉の争いから、ますます目が離せなくなってきますね。

上の広告の商品は53〜63話まで収録