晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

龐統が周瑜を罵った理由!三国志スリーキングダム58話

三国志 奸雄

呉では、周瑜の葬儀が行われますが、そこで見てくれの悪い龐統という者が現れます。龐統は葬儀中にも関わらず、周瑜を罵ってしまうのです。なぜ、龐統という男は周瑜を罵ったのか、詳しく解説しましょう。

『第58話 諸葛亮、喪に服す』のキャスト

周瑜の葬儀が行われる『第58話 諸葛亮、喪に服す』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/魯粛を大都督に任命しようとする呉侯(演:チャン・ボー)
  • 呉国太(呉)/龐統の無礼に激怒する孫権の義母(声:久保田民絵)
  • 呂蒙(呉)/諸葛亮に敵意を抱く将軍(演:チャン・チョン)
  • 魯粛(呉)/呉の新しき大都督(演:フォ・チン)
  • 劉備(荊州)/龐統の才覚を疑う皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(荊州)/しらじらしい演技をする軍師(演:ルー・イー)
  • 孫乾(荊州)/耒陽へ赴く文官(声:林和良)
  • 張飛(荊州)/龐統の働きぶりを監視する将軍(演:カン・カイ)
  • 龐統(荊州)/鳳雛と恐れられる才人(演:トー・シュトン)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第58話 諸葛亮、喪に服す』のストーリー

呉では魯粛が新しい大都督になって、周瑜の葬儀を行おうとしたら、敵である諸葛亮がすすり泣いてしまうのです。それを近くにいた魯粛や呂蒙は、しらじらしい演技をしおってと言わんばかりの表情を浮かべて、諸葛亮を見下します。

魯粛は諸葛亮を見送ろうとしたら、そこに見てくれの悪い龐統が現れて「周瑜が何だ?赤壁の功績があるというが、戦に負けてばかりではないか」と罵ってきたのです。 

しかし魯粛は、龐統の才覚を見抜いて屋敷へ連れていき、孫権に引き合わせようとします。そこへ呉国太が、周瑜を侮辱した者は許せいないと口を挟んできたのです。

呉国太に反対されたら、孫権は龐統を重用する事はできなくなりました。

魯粛は、事情を龐統に説明したら「わしが葬儀であのような事をしたのは、孫権の度量を試すためだ」と言って、荊州へ立ち去っていくのです。

龐統は、劉備の元へ赴きますが、見てくれが悪かったのであまり重用されませんでした。はたして、龐統は荊州でも重用される事はないのでしょうか?

『第58話 諸葛亮、喪に服す』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第58話 諸葛亮、喪に服す』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

三国志の名言『臥竜鳳雛』

三国時代では、諸葛亮と並び立つ者として評価されたのが『龐統』でした。諸葛亮が『臥竜(がりょう)』で竜が横たわっていている人物で、龐統は『鳳雛(ほうすう)』で鳳凰の雛という評価を受けていたのです。

どちらとも、いつかは頭角を現す人物という評価を受けていましたが、臥竜である諸葛亮が活躍を続けていたのに対して、鳳雛である龐統はそれほど活躍をしないで呆気(あっけ)なく命を落とす事になってしまうのです。

『第58話 諸葛亮、喪に服す』の残念な所

龐統は、傲慢な性格をして「俺は鳳凰だぞ?」と喚き散らすような男でした。しかも見てくれは最悪とも呼べるもので、あまり感心できるような英雄ではありません。この傲慢な所が災いして、三国志演義では諸葛亮に対抗心を燃やして、命を縮める事になった訳です。

蜀のファンにしてみれば、龐統または法正が長生きしていれば、劉備が天下を取っていたかもしれないのにと嘆きたくなる所でしょう。実際に、劉備が呉と決戦に及んで大敗北を喫した時に、諸葛亮は「法正が生きていれば、このような事にはならなかった」と嘆いたほどです。

『第58話 諸葛亮、喪に服す』の見所

呉が、またしても諸葛亮に煮え湯を飲まされた訳ですが、いよいよ三国志スリーキングダムは、第58話から『第5部 奸雄終命』に入っていき、いよいよ曹操や関羽が亡くなる所までいきます。

そして第58話は、劉備がいよいよ西蜀攻略の足がかりとなる逸材 龐統を手に入れようとする所なので、蜀のファンにしてみれば見所の多い内容になっています。

上の広告の商品は53〜63話まで収録