晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

曹操が司馬懿に無理難題を言い放つ!三国志スリーキングダム60話

三国志 奸雄司馬懿は、かねてから曹操と約束していた事を果たそうとします。しかし、その時に曹操は信じられないほどの無理難題を司馬懿に言い放ってしまうのです。

そこで、曹操はどのような無理難題を突きつけたのか紹介しましょう。

『第60話 馬騰、都に入る』のキャスト

曹操の傲慢さが炸裂してしまう『第60話 馬騰、都に入る』 に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹操(魏)/無理難題な事を要求する丞相(演:陳建斌)
  • 曹丕(魏)/楊修を褒める曹操の子息(演:于浜)
  • 曹彰(魏)/馬騰の陣を調べる曹丕の弟(演:陳楓)
  • 司馬懿(魏)/曹操と衝突する文官(演:ニー・ダーホン)
  • 荀彧(魏)/司馬懿の動向を憂う軍師(演:李建新)
  • 楊修(魏)/曹操の考えを看破する文官(声:鈴木正和)
  • 黄奎(魏)/馬騰と共謀する文官(声:横島亘)
  • 馬騰(西涼)/西涼軍を指揮する猛将(声:佳月大人)
  • 韓遂(西涼)/馬騰の義弟(演:フー・シャー)
  • 馬超(西涼)/馬騰の子息(演:チェン・イーリン)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第60話 馬騰、都に入る』のストーリー

司馬懿は、曹操から「自分の息子たちの中から一人だけ選んで、師父になれ」と言われていました。

そこで、司馬懿は曹沖がなくなってから3年も経ったので「曹丕様の師父になります」と言いますが、それに曹操は無理難題な理屈を述べるのです。

司馬懿が曹丕の師父になりたいと聞いた曹操は「そなたは曹植につけ、優秀で前途有望だ」と要求。司馬懿は「3年前に、丞相はご子息から選ぶ事を承知されました」と答えます。

曹操は「私が前言をくつがえしても問題はない、違うか?皇帝の臣下の最上位、丞相だからだ。ワシの言葉が法であり、天下を掌握する。そうであろう?」と迫ります。

そして、曹操は「ゆえにワシは約束を反故しても構わんが、そなたらはいかん」と言い放ち、司馬懿を追放してしまいます。

魏で大きな動きが起きている間に、西涼の馬騰が上洛する振りをして、曹操の命を狙おうとします。はたして、曹操はどうなってしまうのでしょうか?

『第60話 馬騰、都に入る』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第60話 馬騰、都に入る』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

三国志の名言『狼をもって犬を討つの計』

荀彧は、曹操に『狼を以て犬を討つの計』を進言します。これは狼(馬騰)に犬(孫権)を討たせて、漁夫の利を得ようとするものでした。しかし、曹操は「それに少し手を加えたい」と言って、馬騰を招いた所で始末しようとするのです。

冷静に考えて、馬騰が宿敵の曹操のために、孫権と血みどろの戦いをする訳はないので、この曹操の謀略は見事と言えます。

『第60話 馬騰、都に入る』の残念な所

荀彧が、孫権を犬として例えた所は、呉のファンの私としては、少しカチンとはきましたね。その犬に赤壁で大敗したのはどこの国だ?と突っ込みたい所ではありました。

それにしても、今回も楊修が危ない事をしていて、関係のない私でさえ「もう辞めたほうがいいぞぉ」と助言したいぐらいでしたね。

『第60話 馬騰、都に入る』の見所

今回も、曹操の傍若無人さが炸裂する内容になっていましたね。それに臣下である司馬懿は従うしかありません。それにしても、荀彧がお菓子を食べたあとに「それは馬騰が送ったものだ」と脅かす所は、少し面白かったです。

馬騰が送ったという事は、毒が入っていた可能性はゼロではありません。それを承知で、楊修に食べさせようとしていたという事は、すでに楊修を始末しようと考えていたのかもしれませんね。

上の広告の商品は53〜63話まで収録