晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

曹操と臣下の間に溝ができる?三国志スリーキングダム62話

三国志 奸雄曹操は渭水の戦いで、西涼軍に苦戦します。しかし、曹操は強がりを言ったり、不思議な行動を取ったりすので、君臣の間で溝ができるような空気になってしまいます。そこで、曹操は一体何をしようとしたのか、紹介しましょう。

『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』のキャスト

曹操が不思議な行動を取ってしまう『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』 に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹操(魏)/馬超に苦戦する丞相曹操(演:陳建斌)
  • 曹洪(魏)/曹操に声をかけられる将軍曹洪(演:李泓瑞)
  • 曹仁(魏)/曹操に軍を任される将軍曹仁(演:洋光)
  • 徐晃(魏)/雪辱を晴らそうとする猛将(声:林和良)
  • 許褚(魏)/馬超と一騎打ちする将軍許褚(演:郭濤)
  • 于禁(魏)/馬超との一騎打ちで苦戦する将軍(声:大羽武士)
  • 張郃(魏)/馬超に応戦する将軍(声:横島亘)
  • 夏侯淵(魏)/曹操の行動が理解できない将軍(演:李奇龍)
  • 程昱(魏)/曹操に重大な事を言う軍師(演:蒋昌義)
  • 馬超(西涼)/西涼軍を指揮する将軍(演:チェン・イーリン)
  • 韓遂(西涼)/馬超と敵対する叔父(演:フー・シャー)
  • 龐徳(西涼)/馬超に従う将軍(声:佳月大人)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』のストーリー

魏軍と西涼軍は、渭水で対峙して、ついに渭水の戦いが始まります。

西涼軍は思いのほか手強くて、魏軍は苦戦してしまい、曹操は陣営まで戻ったら「曹洪、お前の言うとおりだった。西涼軍は手強いな」と笑い飛ばします。

そこで曹操は将軍や軍師を集めて軍議を開こうとしたら、兵士が「報告!西涼軍が増兵して、その数は3万」と報告。

曹操は机を叩き「それはよい!良かったではないか。西涼まで出向く手間がはぶけたのだ」と笑いますが、臣下たちは「ごもっともです……ははは」と空元気を出して、微妙な空気が流れてしまうのです。

曹操は「渭水を出て、北岸で陣を築いて迎撃に備える」と命を下します。そこへ再び兵士が「報告!韓遂が兵5万を引き連れて馬超と合流」と知らせてきたので、曹仁や程昱たちは絶句。しかし、曹操は「よい!よいではないか。敵を平らげて、北進する」と威勢の良い事を言ってしまうのです。

はたして、勝者はどちらになるのでしょうか?

『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』のまとめ

三国志スリーキングダムの『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』の残念な所

渭水の戦いでは、西涼軍の武が『馬超』なら、知は『韓遂』でした。この武と知は鳥の両翼のようなもので、この両翼があればこそ、魏軍を苦しめる事ができたのです。しかし、片方の翼が機能しなくなったら、戦さ場では圧倒的に不利となります。

かつて、関ヶ原の合戦で、西軍の石田三成が、鶴翼の陣を敷いて徳川家康と決戦に臨みました。西軍の多くは山に陣取った上に、東軍を包み込むような陣形で、圧倒的に東軍は不利でした。しかし、片方の翼とも言える毛利勢(吉川)・小早川勢は徳川家康の調略によって動かなかったのです。

このように、圧倒的有利に見えても、少しのほころびで圧倒的不利になってしまうのが戦の怖い所です。そのため、馬超にはもう少し、物事を深く考えて欲しかったですね。

『第62話 衣を脱ぎ馬超と戦う』の見所

曹操が威勢の良い事を言って、臣下たちが空元気を出す所は、最高に面白かったですね。「いやいや、絶対にそんな事を思っていないだろう」と突っ込みたくなりました。

しかし、臣下は主君に従わなくてはいけないので、納得できない言葉にも、笑って付き合わなくてはいけないので、大変な立場だなぁと同情してしまいました。

その他にも、馬超が曹操を追撃する所でも、曹操がごまかそうとして衣を脱いだり、髭を切ったりする所は「コメディーか?」と思えてきて面白かったです。

上の広告の商品は53〜63話まで収録