晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

呉が阿斗を騙し盗ろうとした手口!三国志スリーキングダム65話

三国志 奸雄

呉では、劉備が荊州を留守にしている間に、孫小妹と共に阿斗を騙し盗ろうとします。その手口は巧妙で、あの諸葛亮をも焦られてしまうのです。そこで、呉がどのような手口で阿斗を騙し盗ろうとしたのか紹介しましょう。

『第65話 江を遮り阿斗を奪う』のキャスト

呉が劉備の後継者 阿斗を騙し盗ろうとする『江を遮り阿斗を奪う』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 劉備(荊州)/劉璋と漢室中興を誓う皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(荊州)/荊州の異変に焦る軍師(演:ルー・イー)
  • 龐統(荊州)/劉璋を始末しようとする軍師(演:トー・シュトン)
  • 張飛(荊州)/阿斗を奪還しようとする将軍(演:カン・カイ)
  • 趙雲(荊州)/張飛と共に奮戦する将軍(演:聶遠)
  • 劉璋(蜀)/劉備と部下の板挟みになる益州牧(演:リー・ユエミン)
  • 法正(蜀)/悪知恵を働かせる文官(演:チャン・シンホア)
  • 張任(蜀)/劉璋を守る将軍(声:鈴木正和)
  • 孫権(呉)/呂蒙を抜擢する呉侯(演:チャン・ボー)
  • 孫小妹(呉)/母の危篤を知る劉備の妻(演:ルビー・リン)
  • 魯粛(呉)/呉の将来を憂う大都督(演:フォ・チン)
  • 呂蒙(呉)/冷静沈着な将軍(演:チャン・チョン)
  • 張昭(呉)/魯粛と共に行動する文官(声:岩崎ひろし)
  • 周善(呉)/阿斗を騙し盗ろうとする者(声:加藤亮夫)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第65話 江を遮り阿斗を奪う』のストーリー

劉璋は、劉備と対面しますが、仁義を大事にする態度にいたく感服しました。成都に戻ってからも劉備の仁義にいたく感謝しますが、張任からは「劉備はともかく、配下の者どもは油断できません」と進言。

そこへ張魯が蜀へ攻め込んできたという知らせが届いたので、劉備に助けを求める事にしました。

所が、その頃、呉では呂蒙が副都督になり、いよいよ孫権は荊州奪還のための大戦に備え始めました。

そして周善が密かに、荊州へ潜り込んで孫小妹に拝謁して「母君の呉国太様が危篤(きとく)に陥っています、早く江東にお戻りください」と嘆願します。

孫小妹は「母上がそんな容体になっていたとは、分かった諸葛亮に伝えてから行く」と答えます。

しかし周善は「なりません!諸葛亮は母君から送られた手紙を3通も握りつぶした狡猾な男。あの者は孫小妹様を人質にしようとしているのです」と言い始めます。

はたして、孫小妹はこのまま阿斗と一緒に呉へ戻ってしまうのでしょうか?

『第65話 江を遮り阿斗を奪う』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第65話 江を遮り阿斗を奪う』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

三国志の名言『鴻門の会』

劉備が、荊州と蜀の将兵たちに「これは鴻門の会ではないぞ!」と一喝しますが、この鴻門の会とは、劉備の先祖である劉邦が、項羽と会見した事を指します。当時は、項羽が絶対的な力を誇っていて、野心があると疑われた劉邦が弁明に行く時でした。

劉邦には張良という優れた軍師がいましたが、項羽にも范増という名軍師がいたのです。范増は「ここで劉邦を殺して憂いを断つのです」と進言。そして范増は項荘に剣舞をさせて劉邦を殺させようとします。それに異変を感じた張良が漢軍の豪傑である樊噲に危機を知らせて、劉邦を守ったのです。

それからも、劉邦側は項羽に貢物を差し出してへりくだった態度を続けたので、項羽は劉邦の処刑を取りやめます。范増は「これで天下は劉邦のものになる」と天を仰ぎますが、その予言は見事に的中して、のちに劉邦は項羽を殺して漢王朝400年の礎を築くのです。

『第65話 江を遮り阿斗を奪う』の残念な所

劉備は仁義を重んじる男で、何回も領土を取れる機会を逃してしまいます。それに引き換え、劉邦は項羽と和平を結んだ後に、張良たちから「今こそ項羽を殺す絶好の機会」と進言されたら和平を破って楚軍に攻め寄せます。

途中で苦戦はしましたが、見事に劉邦は楚軍を打ち破って天下を統一するのです。この辺りが、劉備が劉邦に劣っている所だったのでしょう。それを思うと、劉備が劉邦のように、天下を取るためであれば周りから何を言われても、臣下の忠言を聞き入れていたら天下が取れたかもしれないというのは残念ですね。

『第65話 江を遮り阿斗を奪う』の見所

諸葛亮にやられっぱなしだった呉が、ようやく諸葛亮に目にものを見せられたのは、呉のファンにとっては大きな見所でしょう。確かに阿斗を奪還したのは不幸中の幸い……だったかどうかはともかくとして、孫小妹が呉に戻られたのは痛恨の極みだったでしょう。

これによって、呉はいつでも荊州を攻められる準備を整えた訳ですから、諸葛亮は魏だけではなく呉にも注意しながら、天下の統一を目指す事になりました。

上の広告の商品は、第64〜73話まで収録