晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

龐統から劉備へあてた遺書が涙を誘う!三国志スリーキングダム66話

三国志 奸雄

孫小妹は、阿斗までは連れていけませんでしたが、呉に戻ってしまいました。その頃、劉備は蜀を取るべきか苦悩していたので、龐統は、劉備の願いを叶えるために悲しい遺書を残す事になります。その遺書は涙を誘うほどの悲しい内容になっていたので、詳しく紹介しましょう。

『第66話 落鳳坡』のキャスト

『第66話 落鳳坡』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 劉備(荊州)/皇叔の願いが悲劇を呼ぶ(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(荊州)/龐統の身を案じる軍師(演:ルー・イー)
  • 龐統(荊州)/劉備あてに悲しい遺書を残す軍師(演:トー・シュトン)
  • 張飛(荊州)/馬超と一騎打ちを演じる将軍(演:カン・カイ)
  • 劉璋(蜀)/部下の裏切りに激怒する益州牧(演:リー・ユエミン)
  • 張任(蜀)/龐統を待ち構える将軍(声:鈴木正和)
  • 張魯(漢中)/劉璋の要請に応える漢中の統治者(声:福田賢二)
  • 馬超(漢中)/張魯に出陣を願い出る将軍(演:チェン・イーリン)
  • 馬岱(漢中)/馬超の弟(声:加藤亮夫)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第66話 落鳳坡』のストーリー

劉備は「蜀を取りたくても、蜀を取ったら大義に背き、民心も失う事になる。蜀を取り漢室を復興する事と、大義を守る事は両立せんのだ」と嘆きます。

それを聞いた龐統は、策を用いて劉備に無断で、張松が裏切っている事を劉璋に気づかせたのです。それに怒った劉璋が張松を打ち首にして、兵を差し向けて、蜀と荊州軍は戦う事になります。

龐統は劉備に違う道へ行かせて、自分は伏兵が潜んでいる可能性が高い落鳳坡に向かいます。予想通り、伏兵が潜んでいて、一斉射撃を浴び龐統は40本以上の矢を受けて戦死。

魏延は急いで、劉備の元へ行き「軍師殿が張任の伏兵によって戦死。これを、軍師殿が持っていた書状です」と遺書を渡します。

遺書には『張松を罠に陥れたのは私です。劉璋は恩を仇で返しました。伏兵を置き軍師を殺めたのです。これで、大義名分が立ちましょう。』と書いてありました。

劉備は「私は何と愚かなのだ。わが軍師を返してくれ」と涙を流しますが、はたして劉備は蜀を取る事ができるのでしょうか?

『第66話 落鳳坡』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第66話 落鳳坡』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

『第66話 落鳳坡』の残念な所

龐統は流れ矢で戦死した訳ですが、あまりにも美談にしているので、張任ファンにしてみれば、何だかなぁと思ってしまうかもしれません。実際に、NHKで放送されていた『人形劇 三国志』でも、龐統が主君の身代わりになるために戦死する内容になっていました。

この辺りは、三国志スリーキングダムが劉備びいきになっているので、仕方のない所かもしれませんね。

『第66話 落鳳坡』の見所

龐統を美談にしているとは言え、やはり龐統の遺書の内容には、呉のファンである私でさえも唸(うな)らされました。この美談をもとに考えたら、劉備は大義にこだわるあまり、大事な軍師を失った訳ですから、君主としてあるまじき行為をしてしまったと言えます。

しかし、そのような人物だからこそ、諸葛亮・龐統・法正・関羽・張飛・趙雲・黄忠などの英雄たちが付き従っていったのでしょう(他の武将もいますが、それは今後のネタバレになるので伏せます)。

上の広告の商品は、第64〜73話まで収録