晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

劉璋の最後は潔かった?三国志スリーキングダム67話

三国志 奸雄

劉璋は荊州軍の快進撃に恐れをなして、20県を割譲する代わりに漢中の張魯に、援軍を頼みます。しかし、諸葛亮の策によって劉璋はついに成都を開け渡そうとしますが、その引き際は意外にも潔いものだったので、詳しく紹介しましょう。

『第67話 劉備、益州を領す』のキャスト

劉備が益州(蜀)を取ろうとする『第67話 劉備、益州を領す』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 劉備(荊州)/張飛と馬超を案じる皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(荊州)/馬超を説得する軍師(演:ルー・イー)
  • 張飛(荊州)/深夜まで馬超と一騎打ちを演じる将軍(演:カン・カイ)
  • 簡雍(荊州)/諸葛亮の策を実行する文官(声:岡哲也)
  • 劉璋(蜀)/最後に君主として振る舞う益州牧(演:リー・ユエミン)
  • 張魯(漢中)/漢中の統治者(声:福田賢二)
  • 楊松(漢中)/賄賂に弱い奸臣(声:鈴木正和)
  • 馬超(漢中)/諸葛亮の策に進退極まる将軍(演:チェン・イーリン)
  • 馬岱(漢中)/深手を負う馬超の弟(声:加藤亮夫)
  • 孫権(呉)/劉備を警戒する呉侯(演:チャン・ボー)
  • 魯粛(呉)/荊州返還を憂う文官(演:フォ・チン)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第67話 劉備、益州を領す』のストーリー

葭萌関では、馬超と張飛が激しい一騎打ちが行われますが、なかなか決着が付かないので、諸葛亮が策を用いて、馬超を寝返らせる事に成功します。

張魯が、諸葛亮の策により蜀から手を引いてしまったので、もはや荊州軍の進撃を食い止められる軍はいなくなってしまいました。

蜀では、次々に家臣たちが劉璋を見限っていきますが、黄権だけは見放そうせず西門から撤退するように進言します。

しかし、劉璋は「ここで戦えば、多くの家族が戦火に巻き込まれる」と、民にこれ以上、無理はさせられないと投降する事を決断。

西暦214年成都陥落!劉備はついに荊州に続いて蜀も占領。これにより、諸葛亮が進言した『天下三分の計』は、あと一歩という所まできました。

所が、呉では密かに荊州を返してもらおうと、動き出していたのです。はたして荊州の行方はどうなってしまうのでしょうか?

『第67話 劉備、益州を領す』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第67話 劉備、益州を領す』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

三国志の名言『黄権が蜀を治めるは、張昭が呉を治めるのと同じ』

劉備が、黄権と会った時に『黄権が蜀を治めるは、張昭が呉を治めるのと同じ』と言います。これは劉備が、黄権が蜀の内政にとってかけがえのない人物であり、張昭と認めていた事がよく分かる言葉ですね。

『第67話 劉備、益州を領す』の残念な所

三国志スリーキングダムは劉備びいきなので、劉璋が降伏した時の内容が大きく省かれています。実は、劉璋は「自分の命とひきかえに、人民の命を助けてくれるように」と劉備に降伏の条件を伝えます。

劉備は、その潔い条件を受け入れて、成都の人民、ならびに劉璋の命も取らなかったのです。さらに、劉璋はこれ以上、民を苦しめたくないからと言って、降伏する事を家臣に言ったら、家臣たちは涙を流していたと言うのです。三国志スリーキングダムが、益州牧としての劉璋の最後を省いたのは、やはり残念でしたね。

『第67話 劉備、益州を領す』の見所

劉備が念願の蜀を手に入れるのは、第67話の大きな見所です。これによって、劉備はようやく魏や呉に対抗できるほどの国力を持った事を意味します(魏の優位が圧倒的なのは変わりません)。

しかし、劉備が順調に勢力を拡大している事は、魏や呉を大きく刺激する事になるので、劉備と蜀の破滅が、ゆっくりと近づいていたのです。

上の広告の商品は、第64〜73話まで収録