晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

曹操が于禁の先鋒となる!三国志スリーキングダム70話

f:id:akira2013web:20181205194954j:plain

曹丕は疑いを晴らす事はできましたが、魏軍は蜀軍に連戦連敗して、曹操は于禁を援軍として差し向けようとします。所が、ここで曹操が于禁の先鋒になろうとします。なぜ魏王にまでなった曹操が、先鋒になろうとしたのか、詳しく紹介しましょう。

『第70話 楊修の死』のキャスト

魏軍が蜀軍に苦戦してしまう『第70話 楊修の死』 に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 曹操(魏)/部下の先鋒になろうとする魏王(演:陳建斌)
  • 司馬懿(魏)/浅はかな将軍をあざ笑う軍師(演:ニー・ダーホン)
  • 許褚(魏)/劉備の書状を渡す将軍(演:郭濤)
  • 夏侯淵(魏)/定軍山で死闘を繰り広げる猛将(演:李奇龍)
  • 程昱(魏)/曹操に従う軍師(演:蒋昌義)
  • 楊修(魏)/問題のある性格が仇となった文官(声:鈴木正和)
  • 劉備(蜀)/漢中進行を決断する皇叔(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(蜀)/漢中の進行に不安を感じる軍師(演:ルー・イー)
  • 関羽(蜀)/弟の活躍に刺激されてしまう将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 張飛(蜀)/黄忠の功績をたたえる将軍(演:カン・カイ)
  • 黄忠(蜀)/漢中の砦を攻撃する将軍(演:ソン・チョンダオ)
  • 馬良(蜀)/関羽に自重するよう進言する軍師(声:福田賢二)
  • 馬謖(蜀)/勝利に浮かれる味方を危惧する文官(声:横島亘)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第70話 楊修の死』のストーリー

漢中の定軍山では、魏の猛将 夏侯淵が、蜀軍の猛攻をしのいでいましたが、ついに力が尽きて、2万あまりの兵が討ち死にして、夏侯淵も戦死してしまいました。

ついに曹操は40万の大軍で漢中に布陣して、劉備は35万の大軍で対峙する事になりました。諸葛亮は、縦横無尽に将軍や兵士たちを操り、魏軍の本陣が手薄になった所で、趙雲に突撃させました。

曹操は趙雲の突撃にあわててしまい、頭痛を起こして気を失ってしまい、司馬懿は将軍や軍師たちと相談して魏軍を撤退させたのです。

劉備は漢中を完全に掌握して、漢中王を名乗り、関羽も手柄が欲しくなってしまい魏に攻め入りました。

曹操は于禁を援軍として差し向けようとしても、誰も先鋒を勤めようとしないので「漢中の負け戦で戦うの嫌になたか?ならば私が先鋒となろう。情けない奴らだ」と吐き捨ててしまいました。

はたして、本当に王である曹操が戦法を務めてしまうのでしょうか?

『第70話 楊修の死』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第70話 楊修の死』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

三国志の名言①『鶏肋』

以前から、楊修は自分の知識をひけらかす所がありましたが、独断で軍を撤退したとあっては、さすがの曹操も楊修の処刑を決断します。鶏肋は旨味はなくても捨て難い、つまり漢中で戦う事に旨味はなくても、捨てるのは惜しい場所という事なのでしょう。

それからは、鶏肋という言葉は、あまり役に立たないが、捨てるには惜しいという意味として使われています。

三国志の名言②『背水の陣を敷く』

曹操が、徐晃を浅はかな将軍と激怒しますが、その理由は背水の陣を敷いた韓信の時代にまで話をさかのぼる必要があります。かつて漢の大将軍であった韓信は、楚軍に味方している趙軍に策がないと見るや、背水に陣を敷きます(自軍の背後に水(川)がある状況)。

このような陣を敷いたら、逃げ道がないので、それまでの兵法ではありえない戦い方でした。しかし、逃げ道がない絶体絶命の危機に陥らせて、兵士たちを死に物狂いで戦わせようとしたのです。実際に、趙軍が死に物狂いの漢軍を打ち破れないので、陣に戻ろうとしたら、漢軍の別働隊がすでに占拠していました。

しかし、徐晃が相手をするのは、諸葛亮のいる蜀軍。曹操は「諸葛亮に策がないと思っているのか」と激怒したワケです。ちなみに、それからは『背水の陣を敷く』という言葉は、絶体絶命の状況なので全力を尽くして打開するという意味として使われるようになりました。

『第70話 楊修の死』の残念な所

楊修の言葉を信じた将軍が、曹操が楊修を打ち首に命じた時に唖然とします。それに司馬懿は「良かったな」と声をかけるので「なぜですか?」と尋ねます。司馬懿は「まだ体に頭が乗っている。将軍たるもの王ではなく楊修の言葉を信じるとは、頭があっても無駄だ」と嫌味を言います。

これには「司馬懿よ!言い方がきつすぎるぞぉ」と突っ込みたくなりました。まぁ、この辺りは、楊修の残念すぎる性格が招いた事なので、仕方のない所ではありますけどね。

『第70話 楊修の死』の見所

関羽は、諸葛亮から荊州を守るようにと言われていたのに、義兄が漢中を取り漢中王にまでなって、もはや蜀が天下を取るのは時間の問題だと有頂天になりました。そのため、馬良が諫めようとしても、関羽は「呉のねずみなど恐るものではない」と言い切ってしまうのです。

今まで呉軍は臆病になって劉備を攻めなかった訳ではなく、劉備と戦っていたら、曹操を利するだけと思って大局を見ていただけでした。しかし、そんな呉に対して、関羽は「ねずみ」扱いして、張飛は「あんな奴ら」と見下すようになりました。

そのような呉の深謀遠慮を見抜けるのは、蜀では諸葛亮や馬良などごくわずかの者だったので、これが後に大きな悲劇を呼ぶ事になります。呉のファンにとっては「関羽よ、あとで後悔するなよ」と今からワクワクする所ではあるでしょう。

上の広告の商品は、第64〜73話まで収録