晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

関羽の性格が蜀に災いを呼ぶ!三国志スリーキングダム71話

三国志 奸雄

龐徳が先鋒を願い出たので、曹操は于禁と龐徳を援軍として差し向けます。さらに曹操は、司馬懿の進言を受け入れて、孫権に共闘するように書状を送ります。

孫権の臣下たちは、曹操と共に関羽と戦う事について賛否両論に分かれますが、関羽が傲慢を態度を取ってしまって、蜀に大きな災いを呼ぶので詳しく紹介しましょう。

『第71話 骨を削り毒を除く』のキャスト

関羽の傲慢さが大きな災いを呼んでしまう『第71話 骨を削り毒を除く』 に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/関羽の傲慢さに激怒する呉侯(演:チャン・ボー)
  • 陸遜(呉)/関羽を試そうとする書生(声:檀臣幸)
  • 呂蒙(呉)/荊州の攻略を進言する大都督(演:チャン・チョン)
  • 諸葛瑾(呉)/使者として関羽の陣へ赴く文官(声:内田直哉)
  • 于禁(魏)/魏軍の援軍を指揮する将軍(声:大羽武士)
  • 龐徳(魏)/関羽との一騎打ちに挑む将軍(声:佳月大人)
  • 関羽(蜀)/傲慢な態度を取ってしまう将軍(演:ユー・ロングァン)
  • 関平(蜀)/関羽に従う子息(声:名村幸太朗)
  • 馬良(蜀)/関羽の失態に愕然とする軍師(声:福田賢二)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第71話 骨を削り毒を除く』のストーリー

孫権は「曹操から、共に関羽と戦おうと書状が送られてきた。どう思う?」と臣下たちに尋ねたら、陸遜は「主君の若君と関羽の娘で縁談を進めて、その後に荊州を返すように迫ってはどうでしょうか」と進言します。

それに孫権は「それも一計だな」と満足しますが、諸葛瑾が関羽に縁談の話を持ちかけたら「はっはっは、虎の子を犬の子などにやれるか」と大笑されてしまいました。

諸葛瑾が犬扱いしてきた事を報告したら、孫権は「ふん、自分が虎で、私は犬か?関羽の奴や断じて許さん」と激怒。

孫権は「呂蒙に伝えよ、今こそ荊州に兵を進めよ」と決断。しかし呂蒙は荊州の防御がが堅い事を知ったら、無名の陸遜を代わりに、陸口を守らせようとします。

関羽は聞いた事もない陸遜を代わりに抜擢する事を知って「ふははは。呂蒙が病を患い、青二才に大都督をさせているそうだ。思った通り呉は虫けらの集まりよ」と油断して荊州の兵を樊城に向かわせてしまいますが、荊州は大丈夫なのでしょうか?

『第71話 骨を削り毒を除く』のまとめ

動画配信U-NEXTで配信されている『第71話 骨を削り毒を除く』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい(本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください)。

『第71話 骨を削り毒を除く』の残念な所

諸葛亮は、荊州は魏と呉に挟まれている土地なので、関羽に「北は曹操を拒(防)ぎ、東は孫権と和す」と伝えていました。しかし、関羽は傲慢な性格から、その言葉を無視して、呉をたびたび挑発してしまいます。

これに孫権は激怒して、ついに荊州へ進軍するのです。もしも関羽が諸葛亮の言葉に従っていたら、荊州を失うという事はなかったのかもしれません。そうすれば、夷陵の戦いも起きていなかったので、歴史は変わっていたのかもしれないのです。

それを考えたら、蜀のファンにとっては関羽の傲慢な所は、残念で仕方のない所でしょう。

『第71話 骨を削り毒を除く』の見所

呉のファンにとっては、腹わたが煮えたぎる思いばかりでしたが、いよいよ呉が荊州へ進軍する時が来ました。思い返せば、赤壁で助けた恩を忘れて、周瑜と曹仁が戦っている間に荊州をかすめとって、趙雲は怒りに燃える周瑜を城から見下す事もありました。

さらには、関羽や張飛はたびたび呉を軽くみていました。そんな事が続けば連盟など破られるに決まっているので、呂蒙がどのような活躍をしてくのか、呉のファンにとっては大きな見所と言えるでしょう。

上の広告の商品は、第64〜73話まで収録