晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

曹植の七歩詩の内容を紹介!三国志スリーキングダム74話

三国志 天下三分

曹丕は、父親の葬儀にも顔を出さない曹植を許しておくものかと命を狙おうとします。そこで曹丕は、弟の命を奪う口実として「父王に、詩の才能をひけらかしていたが、その話が本当かどうか?七歩の間に名文を作ってみよ」と難癖をつけてきました。そこで、曹植はどのような詩を作ったのか詳しく紹介しましょう。

『第74話 七歩の詩』のキャスト

曹丕が弟を処罰していく『第74話 七歩の詩』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 献帝(漢)/自分の不幸を嘆く皇帝(演:ルオ・チン)
  • 曹丕(魏)/曹操のあとを継いだ魏王(演:于浜)
  • 曹彰(魏)/大軍で曹丕に迫る弟(演:陳楓)
  • 曹植(魏)/命をかけた詩を作る魏王の弟(演:李継春)
  • 卞氏(魏)/曹丕の母上(声:北條文栄)
  • 司馬懿(魏)/曹彰を説得する軍師(演:ニー・ダーホン)
  • 司馬昭(魏)/司馬懿の子息(声:乃村健次)
  • 静姝(魏)/曹丕が司馬懿に紹介する美女(演:リー・イーシャオ)
  • 許褚(魏)/曹植の館に赴く将軍(演:郭濤)
  • 華歆(魏)/曹植の危険性を訴える文官(演:張喜前)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第74話 七歩の詩』のストーリー

曹丕は魏王を名乗る事はできましたが、弟の曹彰や曹植たちが、父王(曹操)の葬儀に参列しなかった事を憂慮していました。そこへ曹彰が10万もの大軍を引き連れてきたという知らせが届きました。

曹丕の軍師 司馬懿が単身で曹彰の陣へ乗り込み「樊城の曹仁・洛陽の徐晃・合肥の張遼・将軍許褚などは先王の意思に賛同しましょう。これらの者は戦を重ねた猛者ぞろい。さしもの曹彰様も叶わないでしょう」とさとします。

これに曹彰は、司馬懿の勧めに耳をかたむけて、曹丕に従う事にしました。

 

次に、曹丕は曹植を呼びつけて「そなたは父王の葬儀に姿を見せなかった。その罪は重いぞ!そなたは父王存命中に、七歩で詩ができたと豪語していた。ここで7歩の間に詩を作ってみせよ。できたら命は助けるが、できなかったら父王を騙した罪に問う」と迫ります。

曹植は歩いていき七歩目になる寸前で「豆を煮るに、豆がらを燃やさば、豆は釜の中にありて泣く、本は同じ根より生ぜしに、相煎る事なんぞ、はなはだ急なる」と涙を流しながら謳い上げます。はたして曹丕の詩は自分の命を救う事ができるのでしょうか?

 

『第74話 七歩の詩』のまとめ

曹植が命をかけた詩を披露していく『第74話 七歩の詩』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『七歩詩』

曹丕は、自分の弟たちにコンプレックスを抱くような男でした。特に、自分よりも年が若いのに聡明だった曹沖・自分よりも勇猛だった曹彰・自分よりも詩の才能があった曹植などを妬んでいました。

そこで、魏王になった曹丕は「七歩の間に詩を作れ」と無理難題を迫ります。

しかも「自分たちは兄弟であるから、兄弟を題としたものを作れ、しかし兄弟という言葉を使ってはならん」という条件付きだったのです。

そこで曹植が披露した七歩詩が『豆を煮るに、豆がらを燃やさば、豆は釜の中にありて泣く、本は同じ根より生ぜしに、相煎る事なんぞ、はなはだ急なる』でした。

これは『豆を煮るために豆殻を燃やしたら、釜の中では豆が泣いているような音を立てている。元は同じ根から生じたのに、なぜ、ここまで痛ぶってしまうのか』という意味です。これは曹丕が弟をいたぶろうとするのを暗に責めているように聞こえますが、もとは同じ母親のお腹から、出てきた兄弟ではないかと訴えるような名文でした。

『第74話 七歩の詩』の残念な所

司馬懿のような年配の男が、静姝という美女を紹介された時に「ここまで美しい女性が、あんな年老いた男に紹介されるなんて、納得できん」と思ってしまいました。この静姝とは、三国志スリーキングダムのオリジナルキャラクターみたいですが、それでも年齢が釣り合わないので、その不自然さが羨まし……ではなく残念な所でしたね。

『第74話 七歩の詩』の見所

許褚が、曹植を連行しようとする所で、曹植は多くの部下たちから引き止められます。しかし、曹植は酒に酔っ払った状態で「今まで作り上げた詩は永遠に残る」と言い放ちます。それに許褚は『どうしようもない男だな』と思うような表情を浮かべます。

しかし、忠臣である許褚にしてみれば、曹植は曹操の息子である事に代わりはないので、ぐっと怒りをこらえますが、そこが少し面白かったですね。  

PS.下の『三国志スリーキングダム 全48巻セット』は、格安商品ですが、少し画像の粗い所や飛んでしまう所があるDVDもあるので注意して下さい。