晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

献帝の舟を沈めたのは意外な人物?三国志スリーキングダム76話

三国志 天下三分

献帝は曹丕に迫られて、ついに禅譲をします。そして、献帝は都を追われて舟に乗り込みますが、その舟には穴が開けられていて沈んでいくのです。所が、この舟を沈没させようとした人物は、意外な者だったので詳しく紹介しましょう。

『第76話 曹丕、漢を簒奪する』のキャスト

献帝が乗った舟が沈没していく『第76話 曹丕、漢を簒奪する』 に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 献帝(漢)/曹丕に禅譲する皇帝(演:ルオ・チン)
  • 曹皇后(漢)/最期まで献帝によりそう皇后(声:鍋田カホル)
  • 曹丕(魏)/魏を建国する新皇帝(演:于浜)
  • 司馬懿(魏)/献帝へ会いに行く軍師(演:ニー・ダーホン)
  • 司馬昭(魏)/司馬懿に同行する子息(声:乃村健次)
  • 劉備(蜀)/度重なる悲劇に嘆く漢中王(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(蜀)/漢中王を慰める軍師(演:ルー・イー)
  • 孫乾(蜀)/中原の悲報を伝える文官(声:林和良)
  • 李厳(蜀)/君主の劉備と話し合う将軍(声:加藤亮夫)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第76話 曹丕、漢を簒奪する』のストーリー

献帝は司馬懿の進言を受け入れて、詔を出した後に、受禅台で曹丕に禅譲します。それを受けて、曹丕は「都を洛陽に定めて、国号を大魏とする」と宣言。かくして、中原は『大漢』から『大魏』へ代わってしまったのです。

献帝は妻(曹操の娘)と共に舟へ乗り込みますが、献帝は自分の代で漢を終わらせた事に責任を感じて、自ら舟を沈めてしまいました。

蜀では、関羽が亡くなった事を嘆いていて、諸葛亮は関羽にも責任があったのですと静かにさとしていました。

そこへ孫乾が部屋へ入ってきて、膝をガックリと床について「我が君、軍師殿、曹丕が献帝に禅譲を迫り、献帝はがお乗りになった舟が沈みました……我が君!400年続いた漢王朝が潰えてしまったのです」と嘆きます。

劉備は「天よ!弟が逝った上に、天子まで災いにみまわれるとは」と自分の非力さを嘆いてしまいますが、劉備は立ち直る事ができるのでしょうか?

『第76話 曹丕、漢を簒奪する』のまとめ

漢室の復興を夢見た劉備にとって、地獄のような内容になっていた『第76話 曹丕、漢を簒奪する』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第76話 曹丕、漢を簒奪する』の残念な所

私は呉のファンであり、いつまでも荊州を返そうとしない劉備陣営はあまり快く思えなかったのですが、そんな私ですら第76話の劉備はあまりにも可哀想に見えてしまいましたね。

義弟が亡くなったばかりで、今まで生きていた心の支えとも言える漢王朝まで潰えたら、並みの人間であったら生きるのも嫌になるでしょう。この辺りは、蜀ファンや劉備ファンにとって、あまりにも辛すぎる内容なので、心して見たほうが良いでしょう。

『第76話 曹丕、漢を簒奪する』の見所

劉備が度重なる不幸に、うちひしがれてしまいますが、その演技力は圧倒されるものがありました。たとえ悲しい内容であっても、その演技力を見ていたら、蜀ファンや劉備ファンは見ておく価値はあるでしょう。

しかし、蜀や劉備の悲劇は第76話で終わりず、次々に悲劇が訪れてしまいます。