晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

孔明が呉の討伐を反対した4つの理由!三国志スリーキングダム77話

三国志 天下三分

劉備は皇帝になる事を決断しますが、最初に出した詔は呉の討伐でした。しかし、諸葛亮(孔明)は劉備に「呉を討伐すべきではない4つの理由があります」と主張したのです。そこで、諸葛亮が主張する4つの理由とは何か?詳しく紹介しましょう。

『第77話 張飛、殺害される』のキャスト

劉備が呉の討伐を反対されてしまう『第77話 張飛、殺害される』 に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 劉備(蜀)/蜀漢を建国する皇帝(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(蜀)/呉の討伐を反対する軍師(演:ルー・イー)
  • 趙雲(蜀)/諸葛亮と共に劉備を諌める将軍(演:聶遠)
  • 張飛(蜀)/自暴自棄になる将軍(演:カン・カイ)
  • 李厳(蜀)/劉備に皇帝になる事を勧める将軍(声:加藤亮夫)
  • 范彊(蜀)/張飛から叱責される将軍(声:前野智昭)
  • 張達(蜀)/范彊と共に刑罰を受ける将軍(声:乃村健次)
  • 孫権(呉)/劉備の動向を気にする呉侯(演:チャン・ボー)
  • 諸葛瑾(呉)/劉備の詔の内容を報告する文官(声:内田直哉)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第77話 張飛、殺害される』のストーリー

劉備は、諸葛亮だけではなく李厳にまで皇帝になる事を勧められたので、ついに皇帝となり、西暦221年蜀漢が建国されました。

しかし皇帝になった劉備は「天子として、ここに初めての詔を出す、必ず呉を討たん」と宣言。

しかし諸葛亮が屋敷を訪れて、呉を討つべきではない4つの理由を述べます。

  1. 蜀漢の敵は呉ではなく曹賊の魏
  2. 呉は荊州を手中にしているので、戦になれば呉のほうが有利
  3. 蜀から呉まで2千里までの道のりで兵糧を運ぶ事が困難
  4. 蜀と呉が戦えば、魏が漁夫の利を得てしまう

全て的を得た言葉でしたが、はたして、劉備は呉の討伐を諦めるのでしょうか?

『第77話 張飛、殺害される』のまとめ

張飛が自暴自棄になってしまう『第77話 張飛、殺害される』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第77話 張飛、殺害される』の残念な所

劉備は、かつて黄巾の乱で苦しんでいた人民を救うために立ち上がった英雄でした。所が、弟の仇討ちを優先するあまり、李厳から「6割の税を集める事に丞相は反対されています。これを行えば民に大きな負担になりますから」と言われても「非常の時にはやむを得ない」と言ってしまうのです。

つまり、劉備は民の生活よりも、弟の仇討ちを優先した事になる訳です。さらに、張飛は劉備から忠告されていたにも関わらず、范彊や張達たちに恨まれる事をしてしまい「劉備の言葉をどのように聞いていたのだろうか」と思ってしまいました。

劉備は、諸葛亮を軍師として迎え入れてから、順調に領土を拡張できてきました。しかし、蜀は、呉と魏が手を組んでから坂道を転げ落ちるように失墜していくのです。

『第77話 張飛、殺害される』の見所

諸葛亮が、劉備に呉の討伐を反対する理由を4つもあげますが、この辺りはさすが名軍師と言われるだけの事はあるなぁと納得できます。

この時に、劉備が諸葛亮の進言を聞き入れて魏を討伐していたら、どのような歴史になっていたのか、興味深い所ではありますね。