晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマのストーリーや見所などを紹介しているブログです

孫権が劉備の狙いに激怒?三国志スリーキングダム78話

三国志 天下三分

劉備は、張飛を殺害した部下が呉に逃亡してしまい、ついに呉を討伐する事を決断。しかし、孫権は劉備の狙いが仇討ちではない事に気づいて激怒します。はたして劉備の狙いは何か?詳しく紹介しましょう。

『第78話 劉備、呉を伐つ』のキャスト

劉備が呉の討伐を反対されてしまう『第78話 劉備、呉を伐つ』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 劉備(蜀)/仇討ちに燃える蜀漢の皇帝(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(蜀)/劉備を諌める事を諦める軍師(演:ルー・イー)
  • 趙雲(蜀)/張飛の葬儀で観念する将軍(演:聶遠)
  • 秦宓(蜀)/命がけで劉備を諌める文官(声:永田昌康)
  • 魏延(蜀)/劉備の考えに心配する将軍(演:ワン・シンジュン)
  • 孫権(呉)/劉備の狙いに激怒する呉侯(演:チャン・ボー)
  • 孫小妹(呉)/和睦のために使われる孫権の妹(演:ルビー・リン)
  • 呉国太(呉)/孫権や孫小妹たちの母親(声:久保田民絵)
  • 諸葛均(呉)/劉備に和睦を申し出る文官(声:内田直哉)
  • 程普(呉)/出陣を願い出る老将(声:里卓哉)
  • 孫桓(呉)/秭帰を守る将軍(声:加藤亮夫)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第78話 劉備、呉を伐つ』のストーリー

劉備は、張飛まで殺害された事に怒り狂い、呉と討伐しようとします。しかし、秦宓は「呉の地盤は強固、かつて曹操の大軍83万を退けました。避けるべきは曹操と同じ轍(てつ)を踏まない事です」と命がけで進言。

それでも、二人の義弟を失った劉備は全く意に介さず東征を開始します。

劉備軍は、呉の秭帰城に襲いかかり、1日も経たずに城門を突破します。城兵たちは孫桓に撤退を進言しますが「君主より1月は持ちこたえよと言われているのだ」と戦うようにわめいてしまうのです。

しかし、城兵たちに強引に外へ連れて行かれて、秭帰は落城しました。

孫権は1日も経たないで落城した事に激怒しますが、そこへ新しい報告が届いて、劉備が呉の領内で略奪する事を禁じ、呉の法令を廃止して、蜀の法令を適用するように命じた事が知らされます。

それに孫権は「劉備は仇討ちなどではなく、呉を自分の領土をみなして天下を統一しようとしているのだ」と叫びます。

孫権は妹の孫小妹に頭を下げて、和睦のために再び劉備のもとへ嫁ぐように頼み込みますが、はたして劉備は納得するのでしょうか?

 

『第78話 劉備、呉を伐つ』のまとめ

劉備が率いる蜀軍が怒涛の進撃を観せて、呉の建業は大騒ぎになってしまう『第78話 劉備、呉を伐つ』を見た感想を紹介します。

『第78話 劉備、呉を伐つ』の残念な所

劉備は、三国志演義では仁愛ある君主という事で通っていましたが、弟の仇討ちのために、忠臣さえも斬り捨てようとします。その姿は、少し痛々しくも見えます。まるで破滅がゆっくりと近づいているように見えて、それは蜀のファンや劉備のファンには、見るのも辛く感じる所でしょう。

『第78話 劉備、呉を伐つ』の見所

孫桓が、1日も城を守れず、呉の建業が大騒ぎになってしまう所は、呉のファンにとっては辛い所です。しかし『窮鼠猫を噛む』ということわざがあるように、蜀の大勝は危険をはらんでいました。

呉の追い詰められた先に待っているものが、後に呉の大黒柱となる英雄の出現です。この事から、何事にも勝ち過ぎるのはよくない事が分かりますね。日本の名将として知られる武田信玄もよく「勝ちすぎたら、おごりが生じて、敵に恨みが残る。勝ちは五分の勝ちで良し」と言っていました。

これから、呉がどのように反撃をしていくのか、大きな見所ですが、それはしばらく先の話です。