晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

陸遜が呉軍の惨敗を予想して嘆く!三国志スリーキングダム79話

三国志 天下三分

劉備は呉の和平案を拒絶するので、孫権は、夷陵城にこもった孫桓を助けるために援軍を出そうとします。しかし、援軍が出撃しようとしたら、川辺で陸遜が外で叫んでしまうので、その理由を詳しく紹介しましょう。

『第79話 黄忠、矢に当たる』のキャスト

陸遜が久しぶりに登場する『第79話 黄忠、矢に当たる』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/孫桓を救おうとする呉王(演:チャン・ボー)
  • 陸遜(呉)/呉軍の敗北を予想する元副都督(声:檀臣幸)
  • 諸葛瑾(呉)/孫権に投降を勧める文官(声:内田直哉)
  • 程普(呉)/蜀軍の動きを怪しむ老将(声:里卓哉)
  • 孫桓(呉)/夷陵の城へ向かう将軍(声:加藤亮夫)
  • 張昭(呉)/陸遜と対面する長老(声:小川真司)
  • 韓当(呉)/慎重に行動する将軍(声:鈴森勘司)
  • 周泰(呉)/血気にはやる将軍(声:大羽武士)
  • 劉備(蜀)/呉軍を誘う蜀漢の皇帝(演:ユー・ホーウェイ)
  • 馬良(蜀)/孫権を恐れる軍師(声:福田賢二)
  • 関興(蜀)/呉軍をあざ笑う将軍(声:相原嵩明)
  • 張苞(蜀)/戦場で奮戦する将軍(声:宮本崇弘)
  • 黄忠(蜀)/劉備に出陣を願い出る老将(演:ソン・チョンダオ)
  • 曹丕(魏)/孫権を呉王に封じる曹魏の皇帝(演:于浜)
  • 司馬懿(魏)/蜀軍の勝利を予想する軍師(演:ニー・ダーホン)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第79話 黄忠、矢に当たる』のストーリー

孫権は、呉軍が敗北を続けていたので、諸葛瑾を意見を求めたら「曹丕に投降してはいかがですか」と言われてしまいます。

その言葉を簡単に承諾できない孫権でしたが、張昭からも説得されたので、仕方なく曹丕に投降する事にしました。しかし、曹丕は孫権を呉王に任命するだめで援軍を送ろうともしません。

蜀と呉の戦は果てしなく続いていて、敗走していた呉の孫桓は「このままでは君主に合わせる顔がない」と言って、建業へ戻らず、夷陵の城で蜀軍を迎え撃つ事を決断します。

劉備は張苞に「建業まで落としづらい城はいくつもある。ここで城を落とさずに呉の援軍を誘うのだ」と言って、孫桓を囮にして挑発しようと考えます。

建業では、孫権が夷陵城が囲まれていると聞いて、韓当・周泰・潘璋・甘寧・凌統たちに10万の軍を与えて出撃させようとします。

これに陸遜は、外で「哀れな同士たちよ」と叫び、味方が大敗北する事を予感してしまうのです。はたして、このまま呉軍は敗北を続けてしまうのでしょうか?

『第79話 黄忠、矢に当たる』のまとめ

陸遜が、君主の孫権に謁見できなかった『第79話 黄忠、矢に当たる』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第79話 黄忠、矢に当たる』の残念な所

呉では、孫権が曹丕に投降する事にしますが、これは呉のファンにとっては屈辱的なものでしょう。実際に、孫権は相当悩んだ末の決断でしたし、魏の使者が呉を侮ったという記録が残るほどです。

しかし、これにより蜀に攻め込まれている間に、曹丕に攻撃される事は、名目上は防げる事になったので全く無駄ではない投降だったと言えるでしょう。

実際に、曹丕が攻め込んできたのは蜀との戦いが終わった直後でした。

『第79話 黄忠、矢に当たる』の見所

黄忠が、今までの恩義や、名君に出会えた事を打ち明けながら、囮に願い出る所は、蜀のファンには必見の所です。しかし、呉では再び陸遜が登場して、いよいよ呉の英雄が少しずつ、蜀との決戦の場に近づいていく事になります。

それは、敗北を重ねているのを見させられてきた、呉のファンにとっては大きな見所の一つでしょう。