晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

陸遜が孫権の親族を棒で叩く?三国志スリーキングダム80話

三国志 天下三分

黄忠の囮作戦によって、富池口(ふちこう)で呉軍は大敗します。孫権は、背に腹はかえられず、陸遜を大都督に任じます。

ところが、陸遜は夷陵で孫権の親族を棒叩きの刑に処してしまいます。なぜ、陸遜は主君の親族を棒で叩いてしまったのか?詳しく紹介しましょう。

『第80話 陸遜、大都督となる』のキャスト

呉の陸遜が再び蜀の前に立ちはだかろうとする『第80話 陸遜、大都督となる』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/陸遜を認める呉王(演:チャン・ボー)
  • 陸遜(呉)/新しき大都督になる人物(声:檀臣幸)
  • 諸葛瑾(呉)/韓当や周泰たちを助けようとする文官(声:内田直哉)
  • 程普(呉)/敵中突破する老将(声:里卓哉)
  • 張昭(呉)/陸遜を認めようとしない長老(声:小川真司)
  • 韓当(呉)/死を覚悟する将軍(声:鈴森勘司)
  • 周泰(呉)/自らの失態を謝罪する将軍(声:大羽武士)
  • 劉備(蜀)/陸遜を侮る蜀漢の皇帝(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(蜀)/陸遜を警戒する軍師(声:堀内賢雄)
  • 馬良(蜀)/劉備に陸遜の情報を伝える軍師(声:福田賢二)
  • 馬謖(蜀)/蜀軍の連勝に油断する文官(声:横島亘)
  • 関興(蜀)/劉備に悲報を告げられない将軍(声:相原嵩明)
  • 黄忠(蜀)/矢傷で重症に陥る老将(演:ソン・チョンダオ)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第80話 陸遜、大都督となる』のストーリー

呉の周泰が、蜀の黄忠の囮作戦に引っかかって突撃してしまって、韓当が周泰を追いかけようとしたら、やはり蜀軍の伏兵が登場しました。呉の両将は敵軍に完全に囲まれてしまって絶体絶命の危機に陥ってしまうのです。

そこへ程普が突撃してき、両将を助け出しますが、程普は戦死してしまいます。劉備は、程普を打ち取った事を喜びますが、黄忠が深手を負って戦士してしまうのです。

劉備は、5虎大将軍を3名も呉との戦いで失った事に、涙を流しながらも、必ず孫家に復讐してやると心に決めるのです。

江東では、追い詰められた孫権が、ついに陸遜を大都督に任命します。陸遜は大都督になり指揮を取ろうとしますが、孫権の親族である傳駿は陸遜を侮り軍議に遅れても謝りもしませんでした。

陸遜は、呉王の親族であろうとも意に介さず、傳駿を棒叩きに刑に処してしまうのです。

そんな陸遜ですが、諸将が決戦を望んでいたにも関わらず、全く陣から出ようとしなくて、時間を稼ごうとするだけでした。

はたして、陸遜は何を企んでいるのでしょうか?

『第80話 陸遜、大都督となる』のまとめ

陸遜が一方的に負けているように見えてしまう『第80話 陸遜、大都督となる』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第80話 陸遜、大都督となる』の残念な所

劉備も関羽と同じように、陸遜を青二才と侮ってしまいます。しかし、それを馬良が何も劉備に進言しないのは不自然にも思えました。陸遜によって荊州が落ちた事を知ったら、ますます劉備を怒らせる事になると恐れたとも受け取れますが、大いなる失態と言えるでしょう。

実際に、陸遜は守りを固めてしまって、蜀軍は被害を大きくしていき、劉備は焦っていく事になるのです。

蜀でも諸葛亮のように「孫権は戦が不得手でも、人を見る目は確かだ。今まで登用してきた周瑜・魯粛・呂蒙はいずれも逸材だった。

それが陸遜を大都督にしたのだから、警戒せねばなるまい」と憂慮する者はいましたが、そのような人物は蜀では少数だったのが、蜀の大いなる不幸でした。

『第80話 陸遜、大都督となる』の見所

孫権の晩年は褒められたものではありませんでしたが、この頃の孫権は多くの重臣たちが罷免を願い出ても、優秀な人材は何がなんでも重く用いる所がありました。なかには用いられなかった者もいますが、それはごく少数の者です。

実際に、劉備は「守ってばかりでは、呉の老臣たちが納得すまい」と侮りますが、孫権が陸遜の罷免を許しませんでした。恐らく、この辺りが蜀の失墜と呉が繁栄していくターニングポイントになる所でしょう。

いよいよ、夷陵で最も激しい、戦いの火蓋が切られる時が迫っており、それが第6部 天下三分の一番の見所となります。