晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

孫権が陸遜に与えた褒美が罷免?三国志スリーキングダム81話

三国志 天下三分

呉の老臣たちは、連敗が続いている陸遜を罷免させようとします。そして、孫権が陸遜の陣営へ訪れて「褒美をとらせる」と言っておきながら、そこに出されたのは陸遜を罷免するように願い出た書簡だったのです。

はたして陸遜は本当に罷免されるのか、詳しく紹介しましょう。

『第81話 夷陵の戦い』のキャスト

陸遜が罷免の危機に陥ってしまう『第81話 夷陵の戦い』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

  • 孫権(呉)/意外な褒美を与える呉王(演:チャン・ボー)
  • 陸遜(呉)/孫権に忠義を尽くす大都督(声:檀臣幸)
  • 諸葛瑾(呉)/孫権に同行する文官(声:内田直哉)
  • 張昭(呉)/陸遜を罷免させようとする長老(声:小川真司)
  • 韓当(呉)/傳駿を擁護する将軍(声:鈴森勘司)
  • 周泰(呉)/蜀軍を追撃するように進言する将軍(声:大羽武士)
  • 劉備(蜀)/呉軍を挑発する蜀漢の皇帝(演:ユー・ホーウェイ)
  • 諸葛亮(蜀)/夷陵の陣形を知って激怒する軍師(演:ルー・イー)
  • 馬良(蜀)/諸葛亮に夷陵の地図を見せる文官(声:福田賢二)
  • 馬謖(蜀)/劉備の言動に絶句する文官(声:横島亘)
  • 張苞(蜀)/呉軍の防戦に弱腰になる将軍(声:宮本崇弘)
  • 関興(蜀)/義兄の張苞をかばう将軍(声:相原嵩明)
  • 曹丕(魏)/司馬懿の予想が外れて叱責する皇帝(演:于浜)
  • 司馬懿(魏)/予想が外れて呉が勝つ事を進言する軍師(演:ニー・ダーホン)
  • 司馬昭(魏)/父が皇帝に叱責されて心配する子息(声:乃村健次)
  • 静姝(魏)/司馬親子の話を盗み聞きする女性(演:リー・イーシャオ)

『三国志スリーキングダム』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、三国志スリーキングダムの今までのストーリー・見所・名言などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『第81話 夷陵の戦い』のストーリー

劉備は呉軍を攻めあぐねたので、敵を挑発して、おびきよせようとします。それに呉軍の傳駿は激怒して、砦から出撃してしまいます。

しかし、その隙を狙って、蜀軍に砦を奪われてしまったので、陸遜は呉王の親戚である傳駿を処罰してしまうのです。

傳駿が処刑された後に、孫権が陸遜の陣を訪れます。陸遜は処罰されるのを覚悟しますが、孫権は陸遜が傳駿を処罰したのは正しかったと認めた上に、陸遜を罷免するように上奏した書簡を燃やし始めたのです。

それを見た陸遜は感激して「我が君には、勝利の炎を捧げます」と誓います。

蜀軍では、酷暑が続き疫病が流行したので、劉備は全軍を涼しい森林へ移していました。陸遜は部下からの報告でそれを知って、感極まった表情で「そうか……蜀軍はこれで必ずや負ける」と、呉の勝利を確信!

その頃、馬良は蜀軍の陣を図面にして、諸葛亮へ見せに行ったら「誰だ!このような作戦を立てたのは」と激怒します。はたして、夷陵で勝つのは、どちらなのでしょうか?

『第81話 夷陵の戦い』のまとめ

陸遜がついに、劉備および蜀軍70万を殲滅(せんめつ)しようとする『第81話 夷陵の戦い』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の名言『驕兵の計』

蜀で諸葛亮が劉備が負ける事を予想していた頃、魏でも司馬懿が「劉備は負けます」と予想していました。曹丕は「そなたは劉備が勝つと予想していたな?」と叱責しますが、司馬懿は「お許しください、これは驕兵の計。陸遜にかような計略があるとは知りませんでした」と頭を下げます。

司馬懿が言う驕兵の計とは、自軍が弱いようによそおって、相手を油断させる計略です。実際に陸遜は、劉備に砦を攻めさせてはその都度、撤退していました。そのため、劉備が増長してしまったのも、無理もない話でした。

しかし、攻め続ける事によって、劉備は強引に船を進めて奥深くまで攻め込んでしまった上に、陣形が長く伸びきってしまったのです。これには陸路は呉軍の守りが固い事や糧道を確保するなどの狙いが関係しているとは言え、やはり陸遜の才覚が上だったという事でしょう。

『第81話 夷陵の戦い』の残念な所

劉備は諸葛亮を三顧の礼で迎えるまでは連戦連敗するような君主でした。それが、諸葛亮のお陰で連戦連勝するようになってから、おごりが見え始めました。そのため、諸葛亮が陸遜を警戒するようにと書状を送られても、劉備が油断してしまう所は、蜀のファンにとっては非常に残念な所でしょう。

『第81話 夷陵の戦い』の見所

諸葛亮は、今まで呉を翻弄してきて、呉のファンにとっては歯ぎしりするような思いばかりでした。ところが、今回の諸葛亮は陣形の地図を見て「そういう事か、陸遜がなぜ出てこないか分かったぞ、これを狙っていたのだ」と嘆いてしまうのです。

陸遜が時間稼ぎをしていたのは、そのうち酷暑が続き、蜀軍が林のほうへ移動して、火攻めをできる時期を待っていたからです。

今まで、諸葛亮は呉を手玉にとってきたので、ここまで諸葛亮を悔しがらせるシーンは、呉のファンにとっては大きな見所の一つでしょう(ちなみに私は呉のファンで、陸遜推しです)。

諸葛亮は、この後に馬良をすぐに劉備の陣営まで戻って、陣形を変えるように指示します。そして諸葛亮は「陛下(劉備)、どうか、この難を逃れますよう」と無事を祈るばかりでした。

実際に、蜀軍70万の兵士たちは、諸葛亮たちが20年もの歳月をかけて鍛え上げた精鋭でした。それが炎に包まれたら、蜀漢の天下取りは不可能に近いです。