『幕末高校生』勝海舟によってダメ教師が成長する映画!

幕末高校生は、ダメ教師と問題のある3人の高校生たちが、幕末にタイムスリップしてしまいます。この映画ではダメ教師が勝海舟と出会う事によって、改心していく物語になっていて、これから教師になる方には是非見て欲しい映画になっているので詳しく紹介しましょう。

『幕末高校生』のキャスト

勝海舟と川辺

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/

映画『幕末高校生』は、2014年7月26日に日本で上映されました(上映時間は約107分)。

監督&脚本

映画『幕末高校生』を制作したのが、李闘士男監督になります。

  • 監督:李闘士男
  • 脚本:橋部敦子

登場人物&役者

映画『幕末高校生』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

川辺未香子(演:石原さとみ)

f:id:akira2013web:20181117230835j:plain

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/5/

(石原さとみさんは、画像の真ん中にいる女性)

川辺未香子は、多くの問題児を担当する女性教師でしたが、進路相談をする際に、良い加減な対応をしてしまいます。生徒たちは、その対応をよく見ていて、生徒から信頼されない教師と思われていたのです。

勝海舟(演:玉木宏)

f:id:akira2013web:20181117232832j:plain

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/4/

歴史上の偉人で、多くの武士たちに強い影響を及ぼしました。そのため、川辺から尊敬されていましたが、あまり勇敢ではない性格である事が発覚したら、川辺から軽蔑されてしまう時もありました。

 西郷隆盛(演:佐藤浩市)

f:id:akira2013web:20181117233110j:plain

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/7/

大久保利通や桂小五郎と並んで、維新三傑とまで呼ばれたのが、西郷隆盛でした。史実では、西郷隆盛と勝海舟の話し合いによって、江戸は戦火に巻き込まれる事はありませんでした。

その偉大なカリスマ性から、鶴ヶ城(会津若松城)を攻撃していたのが、西郷隆盛であれば、白虎隊の悲劇は起きなかったかもしれないと言われるほどです。

 柳田龍三(演:柄本明)

幕末高校生のオリジナルキャラクターが柳田です。この柳田は、徹底抗戦派で、戦わないで降伏しようとする勝海舟を敵視しています。

ちなみに、柳田を演じる柄本明さんは、この映画で自分の次男の柄本時生さんと共演を果たしています。

森野恵理(演:川口春奈)

容姿が綺麗という事もあって、現代の高瀬だけではなく、江戸時代の武士からも好かれる女子高生。しかし、その天真爛漫な性格が、高瀬を翻弄してしまって、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

沼田慎太郎(演:千葉雄大)

森野から好かれている男子生徒ですが、進路相談で親や担任に反目してしまう頑固な一面もあり。その頑固な性格は、江戸時代にタイムスリップしても変わる事はなく、最後の最後まで川辺を悩ませる存在。

高瀬雅也(演:柄本時生)

高瀬は、授業中にスマホを見てしまう生徒で、担任の川辺からは問題視されていました。そのような問題児だった高瀬が、見ていたサイトによって、何と川辺と高瀬たちは江戸時代末期の幕末へタイムスリップしてしまいます。

『幕末高校生』のストーリー

幕末高校生の登場人物

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/6/

川辺は、高校の教師を務めていましたが、その適当な仕事ぶりから、多くの生徒たちから軽蔑されていました。 そんなある日、高瀬がスマホで見ていたサイトが反応をして、川辺や3人の高校生たち(高瀬・森野・沼田)は幕末へタイムスリップしてしまいます。

川辺は、憧れの勝海舟に会えて舞い上がりますが、実際の勝海舟は西郷隆盛からの手紙を待つだけで、何もしない男だったのです。これに川辺はおおいに幻滅してしまいますが、生徒たちからも自分が幻滅されている事を知ってショックを受けます。

さらに、川辺たちがタイムスリップした事によって、歴史が変わろうとして江戸で戦が起きようとするのです。はたして勝海舟や川辺たちは江戸の町を救う事はできるのでしょうか?

『幕末高校生』の豆知識

捕まってしまう川辺たち

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/6/

教師や生徒たちがタイムスリップしてしまう映画『幕末高校生』に関連する豆知識を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

史実の勝海舟

勝海舟は幕臣でありながら、同じ幕臣の西郷隆盛に「幕府はもう信頼しないほうが良い」と忠告するような人物でした。さらに外国と付き合おうとする勝海舟の命を狙いにきた坂本龍馬を逆に説き伏せて、明治維新を成功させる立役者となるような人物だったのです。

そのような経緯もあって、西郷隆盛が江戸に迫る際に、勝海舟は西郷隆盛を説得して、江戸城総攻撃を中止させた上に徳川慶喜の命まで救う事に成功しました。

史実の西郷隆盛

西郷隆盛は、懐が深くて、情けを知る英雄という評価を受けています。しかし、その裏では江戸幕府を挑発して、幕府を徹底的に叩きのめして、日本を変えようとした一面もあります。

そのため、西郷隆盛は優しいだけではなく、情を捨てて国家を救おうとした所もあります。

『幕末高校生』の感想

天をのぞむ勝海舟

引用:https://eiga.com/movie/79315/gallery/2/

映画『幕末高校生』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。 

『幕末高校生』の残念な所

この映画では、驚くべき事に、柄本時生さんと川口春奈さんとのキスシーンがあります。こう言ってはなんですが、顔に差があるように感じてしまったので、多くの男性たちにしてみれば、なんで?と思いたくなるほどでしょう。

親子で共演というのは話題性もあって良いかもしれませんが、そこはもう少しキャストを考えたほうが良いように感じてしまいましたね。

『幕末高校生』の見所

沼田は獣医を目指していましたが、親は普通の医者になってほしいと考えていたので、三者面談では親子ゲンカをしてしまいます。しかし、川辺は親側についてしまって「普通に医者になったほうがいいよ」と言ってしまって、森野から「先生は親の味方なんですね」と軽蔑されてしまうのです。

川辺は、何も行動しようとしない勝海舟に「何もしようとしていないじゃないですか」と怒りますが、自分も同じような事を生徒たちから思われている事を知ってショックを受けるのです。

勝海舟は、ショックを受けた川辺を見て励まそうとして、二人はお互いに成長していくのです。川辺は現代に戻ったら、もっと生徒たちと向き合おうと決心をするので、生徒たちに手を焼いている先生には、この映画を是非見て欲しいですね。