アメリカンポリス24時(3)ベッキーや袴田吉彦が不倫ネタで苦しむ?

不倫の雰囲気

DVD『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』のDisc3では、特別ゲストとして、ベッキーさんや袴田吉彦さんたちが登場します。ところが、二人とも不倫をした事もあって、不倫ネタで苦しめられるので詳しく紹介しましょう。

『アメリカンポリス24時(3)』の罰ゲーム

ガキのメンバーたちが、映画『ポリスストーリー』の撮影を見学するために一時的に外出します。ところが、部屋に戻ったら、机の引き出しの中身がリセットされていたので、再び引き出しネタで苦しめられる事になります。

田中直樹とベッキーがお見合い

田中直樹さんが机の引き出しを調べたら、おまめ結婚相談所が用意してくれた、再婚相手のプロフィールが入っている封筒があったのです。そこへ、おまめ結婚相談所の横澤夏子さんがやってきて、何と再婚相手としてベッキーさんを紹介してきました。ベッキーさんは、インスタが趣味と言って多くの画像を見せてきたのです。

その画像には、なぜか田中直樹さんの母親やタイキックまでいたのです。さらに、それぞれの画像の帽子や壁にはイニシャルの文字があって、それを並べたら、T・A・N・A・K・A・T・H・A・I・K・I・C・K(田中タイキック)と繋がったのです。これには、ベッキーさんは無表情になって、ガキのメンバーたちは笑ってしまいます。

田中直樹さんは哀れにも「もう嫌だぁ〜」と言いながらタイキックを浴びてしまうのです。ところが、横澤夏子さんがベッキーさんに「モヤモヤしているなぁ〜てないですか?」と言ってきて、何と画像にあるコーヒーカップには『Becky THAI KICK』とあって、何とベッキーさんまでタイキックを浴びてしまったのです。

恐怖のアイム方正が覚醒

方正さんが引き出しネタで、顔にパイをぶつけられてしまって恒例のお色直しをする事になりました。今回も方正さんが、ガキデカになって服をあまり着る事が許されなくなってしまったのです。これには、浜ちゃんや松っちゃんはたまらず笑ってしまうのです。

そんな時に、部屋に設置されたカゴの中のチャッキー人形が「おいオマエたち、この狭いオリから出してくれ!この世に蘇った呪いの人形アイム方正、今から地獄を見せてやる!アハハハハ」と笑い出したのです。そうしたら、方正さんが笑ってもいないのに、お仕置きを受けてしまうのです。これに方正さんは「笑ってないけど」と困惑。

さらにアイム方正が再び「アハハハ」と笑って、田中さんたちが「あっ、こっち(アイム方正)が笑っています」と指摘して、方正さんは焦り出します。しかしオリには鍵がかけられていて、その鍵を開けるまで、何度も人形が笑い出してしまって、方正さんは「何笑うてんねん」と憤慨(ふんがい)してしまうのです。

袴田吉彦の恥ずかしい不倫

藤原さんが部屋に入ってきて、メンバーたちに取り調べを勉強してもらおうと思って、取り調べ室が見える部屋へ案内していきます。その取り調べ質では、鬼刑事のケンドーコバヤシさんが、容疑者の袴田吉彦さんを取り調べようとします。

ケンドーコバヤシさんは「オマエ、何したか分かってんのか?」「不倫です」「ただの不倫じゃないだろ、ちゃんと言え!」と詰め寄ったら、観念した袴田吉彦さんは冷静な表情で「アパ不倫です」と白状して、ガキのメンバー全員が爆笑してしまうのです。

ケンドーコバヤシさんは「深酒して眠くなると女性に頼みごとをするらしいな?どんな頼みだ」と迫ったら「アパ、予約して」と答えてしまうのです。これにガキのメンバーたちは、何だそれはと思って再び笑ってしまい、お仕置きを受けてしまいます。

『アメリカンポリス24時(3)』のまとめ

今回のアメリカンポリス24時では、世情を反映してか?不倫ネタが多くなっていて、Disc3枚目でも不倫ネタが多く登場しました。そのような内容になっていたDisc3を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『アメリカンポリス24時(3)』の残念な所

ベッキーさんは、既婚者の男性と不倫をした事によって、女性キックボクサーからキックを浴びてしまって「やばい、これ」と言いながら床に崩れてしまいます。製作者側としては、女性キックボクサーを採用して、女性のベッキーさんに配慮をしました。

しかし、世間では不倫をした女性にだけ罰を与えて不快という声もあって、製作者の努力があまり理解されませんでした。さすがに、そこまで言ってしまってはバラエティー番組は何もできなくなるので、いよいよ難しい時代と言わざるを得ません。

やはり、相手の方も呼んで一緒にタイキックまでしないといけない時代になったのかなと思ってしまいましたね。

『アメリカンポリス24時(3)』の見所

今回は、不倫ネタで、ベッキーさんや袴田吉彦さんが登場しましたが、特に面白かったのは「アパ不倫」でしたね。袴田吉彦さんが、生気のないような沈んだ表情で「アパ不倫です」や「アパ、予約して」と言う所は、申し訳ないのですが最高に面白かったです。

やはり、袴田吉彦さんは大物俳優さんなので、どのような表情をしたら、面白いのか分かっているのでしょう。今後も、笑ってはいけないシリーズには、このような大物ゲストに登場して欲しいですね。