諸葛亮に侮辱された天が激怒?三国志スリーキングダム93話

三国志 危急存亡

司馬懿は兵糧を奪われてしまって、曹叡から厳しく叱責されます。そこで司馬懿は諸葛亮に決戦を挑みますが、諸葛亮の罠にはまってしまうのです。諸葛亮はあまりの嬉しさに天を侮ったら、その天が激怒してしまうので詳しく紹介しましょう。

『第93話 上方谷の火、消える』のキャスト

諸葛亮が天を侮ってしまう『第93話 上方谷の火、消える』に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 諸葛亮(蜀)/天に向かって勝ち誇る丞相(声:堀内賢雄)
  • 姜維(蜀)/魏軍の猛攻に焦る将軍(声:綱島郷太郎)
  • 王平(蜀)/兵糧を盗み出す将軍(声:矢崎文也)
  • 魏延(蜀)/本陣の救援に向かう将軍(声:大塚芳忠)
  • 楊儀(蜀)/諸葛亮に同行する参軍(声:牛山茂)
  • 司馬懿(魏)/上方谷に突撃する大都督(声:佐々木勝彦)
  • 司馬昭(魏)/父のもとで奮戦する武将(声:乃村健次)
  • 郭淮(魏)/司馬懿に出撃を願う将軍(声:河内浩)
  • 孫礼(魏)/兵糧を奪われて悔しがる将軍(声:加藤亮夫)

『第93話 上方谷の火、消える』のストーリー

諸葛亮は、兵糧が尽きようとしたので、王平に魏軍になり済ませて、魏軍の兵糧30万石を盗ませます。この失態に曹叡は勅使を送って、司馬懿に1ヶ月以内に勝たねば罰すると叱責します。

司馬懿は、蜀軍をつぶさに調べて、兵糧が上方谷にある事を見抜いて、本陣を攻めると見せかけて上方谷へ突撃。魏延が上方谷から本陣に救援に向かっていた事もあって、司馬懿は兵糧を取り戻して満悦感に浸りますが、何やら臭い匂いを感じました。

その時です、蜀軍の火攻めで、上方谷の陣が一気に燃え広がっていきました。陣の入り口は蜀軍に封鎖されて、司馬懿は絶対絶命に陥ります。諸葛亮は「天と言えども、もはや司馬懿を助ける事はできまい」と勝ち誇ったら、天が激怒したのか?突如として大雨が降り続いてしまったのです。はたして司馬懿をしとめる事はできるのでしょうか?

『第93話 上方谷の火、消える』のまとめ

諸葛亮の策がようやく実るかと思われた『第93話 上方谷の火、消える』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『第93話 上方谷の火、消える』の残念な所

諸葛亮は、ようやく司馬懿をしとめられると思ったのに、無情にも大雨が降り続いてしまいます。それには、さっきまで大喜びだった諸葛亮も、思わず口をつぐんで青ざめた顔になってしまいました。

これは、天に向かって大口を叩いてはいけないという戒めなのかともかくとして、あまりにも諸葛亮が不憫(ふびん)に見えてしまいましたね。

『第93話 上方谷の火、消える』の見所

兵糧を取り戻して勝ち誇った司馬懿は臭い匂いを感じて、米を口に入れたら油がしみている事に気付きます。その時に部下から「蔵には炭しかありません」と知らされて「全軍撤退!」と言った瞬間に大爆発が起きるのは、最高のタイミングで、ストーリーとして盛り上がる瞬間でした。

そして司馬懿が、炎に包まれて逃げられなくなっていく時に、諸葛亮は「夷陵の火より燃えておる」と満悦感にひたります。呉のファンである自分にしてみたら「やはり夷陵をまだ根に持っていたか」と思ってしまいましたね。

陸遜推しの私としては「いやいや、それほどでもないよぉ」と謙遜したくなってしまうほど嬉しいシーンではありました。