生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

司馬懿が曹爽を欺いた手口!三国志スリーキングダム95話

曹叡は若くして亡くなりますが、未だに曹爽は健在でした。そこで司馬懿は、曹爽を欺くための芝居をします。その芝居とはどのようなものか?最終話(95話)となる内容と共に詳しく紹介しましょう(ネタバレ注意)。

『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』のキャスト

大きな野望を抱いていた司馬懿が決起しようとする『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』に登場した人物や声優さんたちは、以下の通りです。

  • 司馬懿(晋)/西晋王朝の礎を築こうとする英雄(声:佐々木勝彦)
  • 司馬師(晋)/司馬懿の健在ぶりに驚く子息(声:宮内敦士)
  • 司馬昭(晋)/司馬懿と共に洛陽宮へ向かう子息(声:乃村健次)
  • 司馬炎(晋)/司馬懿の孫にして西晋の初代皇帝(声:釘宮理恵)
  • 郭淮(晋)/司馬懿の命に従う将軍(声:河内浩)
  • 孫礼(晋)/司馬懿にもとへ駆けつける将軍(声:加藤亮夫)
  • 曹叡(魏)/曹爽に魏を託す魏帝(声:岸尾だいすけ)
  • 曹芳(魏)/魏の三代皇帝(声:戸田亜紀子)
  • 曹爽(魏)/司馬懿を警戒する重臣(声:桜木信介)
  • 静姝(魏)/曹一族に従う女性(声:魏涼子)

『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』のストーリー

曹叡は、司馬懿に何の実権もない官爵を与えたので、軍権がなくなった司馬懿は出世を諦めたのか?曹丕から遣わされた美女 静姝を妻にする事にしました。ところが、曹叡は重い病を患って、曹爽に「先帝がある女を司馬懿のもとにつかわして、その内情を探っている。ワシの亡き後は、その女を使うがよい」と言い残して、遂に薨去。

幼い曹芳が魏の三代皇帝になります。ところが、その静姝は司馬懿の子供を宿して産もうとしたら難産で母子ともに逝去。司馬懿は落ち込んでしまい中風を患います。曹爽はそれに安心をして天子や重臣と共に高平陵へ参拝に出かけました。しかし司馬懿の中風は演技で、郭淮や孫礼などを集めて、太后に曹爽討伐の詔を強引に出させます。

司馬懿は「勅命だ!曹爽を討つ」と叫んで近衛兵たちは「万歳!万歳!万歳!」と連呼して出撃していきます。司馬懿たちは、曹爽を討伐して西晋王朝の礎を築きます。司馬懿亡き後は、孫の司馬炎が三国を統一したのです。

『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』のまとめ

司馬一族が天下を統一しようとする『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

三国志の豆知識『その後の中国』

西暦251年、司馬炎の話を聞きながら司馬懿は病没、享年72歳。すでに司馬一族は魏の朝政を支配していて、12年後 司馬昭が蜀を滅ぼして劉禅は降伏します。その2年後、司馬炎は禅譲を迫り、晋(西晋)を建国しました。

呉は孫権の後継者争いで修復不可能なほどの打撃を受けていて、陸遜が憤死。それからも呉は国中が乱れてしまって、孫皓が呉の皇帝になっている時は呉が疲弊しきっていました。そこで晋は呉を侵略しようとしますが、陸遜の子息 陸抗は名将で、晋の進撃を防ぎます。

しかし、呉の大黒柱である陸抗は西暦274年に病没。西暦280年、司馬炎が呉の討伐を命じて、遂に呉を平定。中国の人口を10分の1まで激減させた大内戦を終わらしたのは、魏でもなければ呉でもなく、蜀でもない晋でした。

『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』の残念な所

司馬懿の妻は難産になりましたが、それは司馬懿が産婆を言いくるめて、血の止まらない物を密かに使わしたのが大きな原因でした。そして中風を患った振りをした事を告白するので、官僚はそれを厳しく批判します。

そのような事を言う司馬懿が涙を流しそうな顔で「静姝を愛していたのだ」と言うあたりは、愛と権力欲の狭間で苦しんでいたのかな?と思えて、悲しくなってしまうシーンでしたね。

司馬懿が亡くなった後は、幼い司馬炎が登場して少しナレーションが流れる程度で、その後の歴史が説明されるだけでした。95話という長いドラマでしたが、司馬懿が亡くなった後も細かく見たかったですね。

『第95話(最終話) 司馬氏、天下を統一す』の見所

最終話となる最大の見所はやはり司馬懿が立ち上がるシーンですね。司馬師は父が健在だった姿を見て「危篤だとばかり」と尋ねてみたら「十数年来の病だ!」と叫びます。そして司馬昭が「曹爽は文官武将と、曹一族も一緒に高平陵に出かけました」と報告したら「皆よく聞け、郭淮は南門へ、孫礼は東門へ命を待て」と厳命。

さらに司馬懿は司馬昭と共に兵5千を引き連れて洛陽宮の大通りを堂々と歩いていくシーンは、影に隠れ続けてきた男にようやく光が当たるところでまぶしかったですね。そして、司馬懿が部下たちに曹爽を押さえつけた状態で、足で曹爽を踏みつけてしまいます。それを見たら、曹爽は無様だなぁと思ってしまいました。

司馬懿は太后に無理やり曹爽討伐の勅命を出させたら、外に出て近衛兵たちに「太后のご下命だ、賊(曹爽)を討つ!」と言って上奏文を投げ捨てます。この時に近衛兵たちが「必勝!必勝!必勝!」と槍を何度も天に掲げるシーンは、歴史ドラマとはこうあるべきだなと思うほど感動的なシーンでした。