生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

FFのBGMベスト20!圧倒させる曲から涙をさそうものまで紹介

ファンタジーな世界

日本のRPG『FF(ファイナルファンタジー)』には、様々な名曲と言えるBGMが登場してきました。その中には多くの方たちを感動させるBGMもあったので、その中から厳選して20曲まで素晴らしいと思えるものを紹介しましょう。

No.1:FF Ⅴ「ビッグブリッヂの死闘」

ビッグブリッヂの死闘

ビッグブリッヂの死闘

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FFシリーズのBGMで外せないものとして挙げる曲と言ったら、もう『ビックブリッヂの死闘』しかないでしょう!まずキャラクターのふざけた性格が面白かったですし、ストーリーとはあまり関係がないのに、結構強い。

それでいて、この迫力のあるサウンドはギャップがありながらもワクワクしたような感じで敵と戦える感じがして、好きですね。

そして、上の演奏は私のものではないのですが、あまりにも凄い演奏だったので紹介させていただきます。ビックブリッヂの死闘を見事に演奏しきっているので、本当に圧倒されるばかりです。

No.2:FF XⅢ「閃光」

閃光

閃光

  • 浜渦正志
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF XⅢでは、様々なフォーメーションを戦闘シーンで組む事ができて、閃光はその一種です(私の記憶が確かであれば)。

この閃光は、確か攻撃的なフォーメーションで、BGMでもそれを反映しているように敵を圧倒するような感じで好きですね。そして、主人公たちの悲壮感がただようような所も、閃光のBGMが好きになった理由です。

No.3:FF Ⅷ「Liberi Fatali」 

Liberi Fatali

Liberi Fatali

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Ⅷで、魔女が登場する時に流れるBGMで、何を歌っているのか分からないのですが、その怪しくも神秘的なBGMで好きになりました。

このFF Ⅷはファンタジー感があまりなくて、どちらかと言えば現代っぽさがあるのが残念でしたが、音楽に関していえば、FFシリーズの中でもトップクラスに位置するほど良かったですね。

No.4:FF Ⅶ「片翼の天使」

片翼の天使

片翼の天使

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FFシリーズで、圧倒的な高い人気を誇るキャラクター、それが『セフィロス』。そのセフィロスのテーマ曲になっているのが、この『片翼の天使』ですね。主人公が「セフィロス、信じていたのに」と言う所は名シーンでしたね。

セフィロスは邪悪な男でしたが、その格好良さをBGMとして表している片翼の天使は、FFシリーズの中でも名曲中の名曲です。ちなみに私はこの曲を聞いたら、セフィロス好きのしょこたんを思い出してしまいますね。

No.5:FF X-2「real Emotion」

real Emotion

real Emotion

  • 倖田來未
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

FF X-2は、最も失望させるような内容になっているゲームでした。FF Xで終わって、新しいものを始めてくれたら良かったのにと思ったものですが、その当時のスクゥエアは大変だったので、こういうゲームを作って仕方なかったのかなと思いました。

少し話は脱線しましたが、FF X-2の音楽は素晴らしいものがあって、この『real Emotion』はFF X-2で偽ユウナが歌うシーンで登場します。歌っている歌手は何と、あの倖田來未さんの出世曲なので、今から考えてみると驚きですよね。

ただし、倖田來未さんは、この曲で知名度が高くなったのですが、その後に再び売れなくなって、しばらくしてからエロかっこいいスタイルを確率して再びヒット曲を出すようになりました。

No.6:FF X「シーモアバトル」

シーモアバトル

シーモアバトル

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FFXで、ユウナを陥れようとするシーモアと戦う時のBGMです。シーモアは少しミステリアスな雰囲気を漂わせるキャラクターという事もあって、BGMは早いテンポになっていますが、少し哀愁が漂う不思議な音楽になっています。

No.7:FF Ⅲ「クリスタルルーム」

クリスタルルーム

クリスタルルーム

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FFと言えば、忘れてはいけないのが『クリスタル』ですよね。クリスタルによって、FFⅢでは、多くのジョブチェンジが可能になるので、それを知った時には今までにないRGPだなぁと感慨深くなったのも覚えています。 

No.8:FF XⅢ「サンレス水郷」 

サンレス水郷

サンレス水郷

  • 浜渦正志
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF XⅢで『サンレス水郷』という所を歩いている時に流れるBGMですが、あまりにも神秘的なバッグコーラスに惹かれましたね。

そして、BGMは少し悲しげな感じになっていて、このBGMを聴きながら、ライティングをしている事は何回もあるほど気に入っている局です。 

No.9:FF Ⅸ「Melodies of Life」

Melodies of Life (The Layers of Harmony)

Melodies of Life (The Layers of Harmony)

  • 白鳥英美子
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Ⅸのエンディングに流れたBGM(歌)で、透明感のある歌声が流れる曲になっています。

この透き通る歌声が流れている時に、お姫様が長い髪を切って、一大決心をする所や、主人公がお姫様と一緒に脱走するシーンが流れる所は、感動的でしたね。

No.10:FF XⅡ「勝利のファンファーレ」

勝利のファンファーレ ~FFXIIバージョン~

勝利のファンファーレ ~FFXIIバージョン~

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FFファンの方であれば、説明する必要がないかと思いますが、戦闘に勝った時に流れるBGMですね。BGMとしては短いものになっていますが、やはり、このBGMは高揚感があるので、今聞いても感動してしまいます。

No.11:FF Ⅷ「The Man with the Machine Gun」

The Man with the Machine Gun

The Man with the Machine Gun

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Ⅷの戦闘シーンに流れるBGMが、この『The Man with the Machine Gun』です。どこで流れたかどうかは、詳しく覚えていないのですが、急いで先へ進まなくてはいけないと思わせるBGMで、好きな曲でしたね。

No.12:FF Ⅸ「いつか帰るところ」 

いつか帰るところ

いつか帰るところ

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

私が一番好きなFFが、実はFF Ⅸになります。一番昔のFFっぽいファンタジー感がして、適度なリアルさが良かったですね。それでいて二頭身に近いキャラクターがCGとして出るので最高でした。

そのゲームのオープニングのほうがで流れる曲が、この哀愁漂う『いつか帰るところ』ですね。これから遊ぶ方にネタをバラすわけにはいかないのであまり良いませんが、お姫様の生い立ちを表すかのような悲しさと、大いなる旅に出かけていく事を感じ取れそうな曲になっています。

No.13:FF Ⅶ「エアリスのテーマ」

エアリスのテーマ

エアリスのテーマ

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

星を救うために命を捧げる事になってしまったのが、エアリスです。このエアリスは星を救えるかと思ったのに、セフィロスの急襲によって命を落とす事になりますが、その時に流れたのが『エアリスのテーマ』です。

主人公が、エアリスが亡くなってしまう事に悲しむ感情を、見事にBGMで表した曲になっていて、今聞いても感動しそうになりますね。

No.14:FF Ⅸ「バトル1」

バトル1

バトル1

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Ⅸの戦闘シーンのBGMが、この『バトル1』です。音楽が一気に流れる感じではなくて、これから魔法を使うべきか、直接攻撃すべきか催促するかのようなBGMに聞こえていて、結構ハマってしまうBGMでした。

No.15:FF Ⅸ「盗めぬ二人のこころ」

盗めぬ二人のこころ

盗めぬ二人のこころ

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Ⅸのエンディングに登場するBGMが『盗めぬ二人のこころ』ですね。今まで身分違いの恋をして苦しんでいた主人公が、演劇にその思いを乗せて告白しようとするシーンで流れた事もあって、感動的なBGMでした。

実際に、このBGMは主人公が、これから勇気ある行動に出ようとするのを表すような感じで、良かったですね。

No.16:FF Ⅸ「最後の戦い」

最後の闘い

最後の闘い

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FFシリーズのラスボスのBGMの中では、最も好きなのが、FF Ⅸの『最後の戦い』ですね。ラスボスが、この世を無に変えようとする時に、流れてくる曲という事もあって、一刻も早く、このボスを倒さなくてはいけないと感じさせるBGMになっていて、今でも気に入っている曲です。

No.17:FF X「素敵だね」

素敵だね

素敵だね

  • RIKKI
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Xで、流れるBGM(歌)で『素敵だね』があります。主人公と恋人の悲しい関係を表すような歌になっていて、この歌を聴いたら「あぁ、FFXだなぁ」とすぐに思い出してしまいます。

No.18:FF X「ザナルカンドにて」

ザナルカンドにて

ザナルカンドにて

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Xのオープニングに登場するBGMが『ザナルカンドにて』です。このシーンとBGMで、いかにも悲しそうなストーリーが始まるなぁと直感的に思ったものです。

その予想は見事に的中して、FFシリーズの中でもベスト3に入るぐらい悲しいストーリーでしたね。

No.19:FF Ⅷ「Force Your Way」

Force Your Way

Force Your Way

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

FF Ⅷの戦闘で流れるBGM『Force Your Way』は、少し緩やかなテンポになっていますが、少し恐怖をあおるような曲になっていて、結構ハマった曲ですね。

No.20:FF Ⅳ「チョコボ」

チョコボ

チョコボ

  • 植松伸夫
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

テンポの遅い曲があまり好きになれない私でも、この『チョコボ』は、やはりFFファンとしては外せない曲ですね。それでも、20位にしたのはやはりテンポが遅すぎるからです。

それでも、レベル上げに疲れている時に、チョコボに乗って、この曲を聴いたら少し穏やかな気分になれるので、やはり割と好きな曲です。

FFのBGMベスト20のまとめ

ファンタジーな世界2

今回は、AKIRA BLOGとしては初めてゲームのBGM特集の記事を掲載してみました。やはり、ゲームと言えば、一番好きなFFで行こうと思った訳ですが、名曲ぞろいで20曲でも、まだ掲載したい曲もあったので、選曲に悩まされましたね。

こうして振り返ってみると、FFのBGMは勢いのある曲が多いように思えるのですが、意外にも悲しい曲も多くあって、面白みがありますね。