生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

『三国志スリーキングダム 第1部 群雄割拠』のストーリーや名言

三国志スリーキングダムの『第一部 群雄割拠』 の第1〜18話では、壮大なストーリーや多くの名言が登場したので、詳しく紹介しましょう。興味のある方はご覧になってみて下さい(内部リンクをクリックしたら、ストーリーや、名言の意味を詳しく知る事ができます)。

『第1話 曹操、刀を献ず』

www.akira-blog.com董卓は、漢王朝の乱れに乗じて、都 洛陽に乗り込み、暴政を行なっていました。漢に忠誠を誓う王允は、自分ではどうする事もできず、無力感にさいなまれていたのです。そこへ、曹操という青年が王允の前に現れて、董卓を始末してみせると豪語。

王允は、曹操を見込んで、家宝である七星剣を与えます。曹操は董卓を暗殺しようとしますが、はたして暗殺は成功するのでしょうか?

第1話の名言:人中の呂布、馬中の赤兎

『第2話 曹操、亡命す』

www.akira-blog.com曹操は、董卓の暗殺に失敗をして逃亡してしまいます。董卓は、曹操と一緒に謀反を企んでいた者を探し出そうとして、曹操と親しかった王院が疑われてしまうのです。

ところが、王允の娘 貂蝉は、父によって曹操が屋敷から追い出されたと説明するので、董卓の部下 呂布はその言葉を信用します。

その頃、曹操は陳宮によって取り押さえられてしまいますが、陳宮は曹操の志の高さに惚れて一緒に行動しようとするのです。はたして、曹操と陳宮は、このまま逃げ切る事ができるのでしょうか?

第2話の名言:匹夫の勇

『第3話 曹操、善人を誤殺す』

www.akira-blog.com曹操と陳宮は、逃亡中に、曹操の身内である呂伯奢にかくまってもらいます。しかし、呂伯奢の家臣たちが豚を始末するために話し合っているのを聞いた曹操たちが、自分たちを始末するものと誤解してしまって、呂伯奢の家臣たちを始末してしまうのです。

曹操たちは、そのまま逃げようとしますが、運悪く呂伯奢と遭遇してしまいます。はたして曹操は、どうするのでしょうか?

 第3話の名言:我、人に背くとも、人、我に背かせじ

『第4話 関羽、華雄を斬る』

www.akira-blog.com曹操は逃げ切るためには、非情とも思える事をしてしまって、陳宮は曹操のもとを離れます。そして、多くの諸侯たちが董卓打倒のために立ち上がったので、そこへ曹操もかけつます。

しかし、董卓軍には華雄という猛将がいて、18鎮諸侯は苦戦します。そこへ劉備の義弟 関羽が一騎打ちを志願します。

多くの諸侯たちは、身分の低い劉備たちを軽んじますが、曹操だけは認めて一騎打ちをする事になりました。はたして、関羽は華雄を打ち取る事ができるのでしょうか? 

 第4話の名言:大山鳴動して鼠一匹

『第5話 三英傑、呂布と戦う』

www.akira-blog.com18鎮諸侯は、一致団結している訳ではなく、袁術は孫堅の勢力が伸びる事を恐れて、兵糧を送ろうとしませんでした。そのため、孫堅軍は董卓軍に敗北をして、呂布が襲いかかってきたのです。

劉備は、18鎮諸侯の団結力のなさを見損なって立ち去ろうとしますが、置き土産として呂布の首を献じる事を曹操に約束。こうして、劉備と義弟(関羽・張飛)たち3兄弟が、呂布に立ち向かう事になりますが、その結果はどうなるのでしょうか?

 第5話の名言:佚を以って労を待つ

『第6話 孫堅、玉璽を得る』

www.akira-blog.com董卓は、18鎮諸侯の勢いを考えて、洛陽から長安へ遷都します。その撤退中に、貂蝉が崖から落ちそうになるので、呂布が命がけで救出したのです。

その頃、孫堅は玉璽(ぎょくじ)を見つけて、これは絶好の好機と喜びます。この玉璽を持つ者は皇帝になる資格がある国宝と言えるほどのものでした。孫堅の長子 孫策は玉璽が手に入った事を祝福しますが、その弟の孫権は「吉と出るとは限りませんよ」と忠言するのです。

はたして、玉璽を手に入れた孫堅は、天下を取る事ができるのでしょうか?それとも孫権の言う通り破滅の道へ突き進むのか?

第6話の名言:悪事は必ず人の知る所

『第7話 孫堅の死』

www.akira-blog.com孫堅は、帰国しようとしたら、その前方には劉表が待ち構えていました。劉表は手出しをしないので、そのまま通るようにと言うので、孫堅はその言葉を信じます。

しかし、劉表は孫堅の勢力が伸びる事を恐れていて、密かに伏兵を配置していたのです。そして不意をつかれた孫堅の体には無数の矢が突き刺さって戦死。孫堅の遺体は劉表軍に奪われてしまうのです。

孫策は、このままでは本国へ帰れないと意気消沈しますが、そこへ孫権が「私が父上の遺体を取り返してみせます」と言って、劉表のもとへ乗り込みます。はたして、孫権は父の遺体を取り戻す事ができるのでしょうか?

 第7話の名言:大所高所

『第8話 王允の離間の計』

www.akira-blog.com王允は、呂布が自分の娘 貂蝉に恋い焦がれている事を知って、連環の計を思いつきます。この策を実行すれば、強大な力を持つ董卓でも討てると思ったのです。

しかし、連環の計を成し遂げるのは、簡単な事ではありませんでした。はたして、王允は董卓を倒す事はできるのでしょうか?

第8話の名言:連環の計

『第9話 鳳儀亭の貂蟬』

www.akira-blog.com

王允は、呂布と貂蝉の婚姻を認めていましたが、董卓が貂蝉を奪うような形になってしまって、呂布と董卓の間には大きな亀裂が走るようになりました。

それに危機感を抱いたのが、董卓の軍師 李儒です。李儒は、このままでは呂布が何をするか分からないとすぐに察知します。そこで李儒は、董卓に対して、貂蝉を呂布に返すようにと進言しますが、董卓はどうするのでしょうか?

 第9話の名言:なし

『第10話 董卓の死』

www.akira-blog.com王允の思った通りに、連環の計が上手くいっていたら、そこへ友人の陳宮が訪れます。陳宮は董卓を倒すためには呂布が必要と力説して、王允もそれにうなずきます。そして、王允は董卓に対して、皇帝になれるよう準備を進めますと約束して、宮殿に誘い込むのです。

しかし、そこには多くの兵士たちが待ち構えていて、呂布に董卓を討たせるのです。王允は「蒼天よ!先帝よ!漢は救われましたぞ!」と感激しますが、このまま漢王朝を中興させる事はできるのでしょうか?

第10話の名言: 蒼天すでに死す 黄天まさに立つべし

『第11話 劉備、徐州を救う』

www.akira-blog.com陶謙は、曹操と親しくなりたくて、曹操の父親 曹嵩を手厚くもてなそうとします。しかし、護衛につけた張闓が財宝に目がくらんで、曹嵩の命を奪ってしまうのです。

これに激怒した曹操は、陶謙に復讐しようとします。しかし、曹操の軍師 荀彧は、主君が本当に復讐するためだけに嘆いている訳ではない事を見抜きます。はたして、曹操の本心とは何なのでしょうか?

 第11話の名言:報仇雪恨

『第12話 呂布、小沛に留まる』

www.akira-blog.com曹操は、徐州の陶謙を討伐しようとしますが、そこに劉備たちが陶謙を助けるために援軍として参戦してきました。その間に、呂布が曹操の本拠地である兗州へ攻撃をしかけてきたのです。曹操は、やむを得ず、陶謙と和睦して兗州へ退却していきます。

陶謙は劉備の人柄や才能を見込んで、徐州を託して病没。そこへ曹操との戦いに敗れた呂布が落ち延びてきたので、劉備はかくまおうとします。曹操は、劉備たちを討伐しようとしますが、なぜか荀彧が止めようとします。はたして荀彧は、何を企んでいるのでしょうか?

 第12話の名言:両雄、並び立たず

『第13話 曹操、皇帝を傀儡とす』

www.akira-blog.com董卓亡き後、都は利確と郭汜が覇権争いを続けていて、献帝は長安から洛陽へ逃亡します。しかし、このままでは利確と郭汜が追撃してくるのは目に見えていたので、諸侯に助けを求めます。

それにいち早く、駆けつけたのが曹操でした。しかし、曹操は献帝を迎えたら、洛陽から自分の本拠地である許昌へ移るように進言します。献帝は、曹操が忠臣の振りをして自分を利用しようとしている事を知って愕然とするのです。はたして、献帝はどうなってしまうのでしょうか?

 第13話の名言:駆虎呑狼の計

『第14話 呂布の裏切り』

www.akira-blog.com荀彧の策略で、徐州にいた劉備と呂布は仲違いをしてしまいます。それどころか、劉備は徐州の城を呂布に奪い取られてしまった上に、袁術軍が迫っていました。

そこで、劉備は恥をしのんで、呂布に助けを求めます。はたして、徐州の城を盗み取った呂布が、劉備を助けるのでしょうか?

 第14話の名言:大事の前の小事

『第15話 轅門に戟を射る』

www.akira-blog.com呂布は、意外にも劉備と袁術に和睦するようにと調停します。それによって、徐州の争いは一時収まりますが、何と孫策が袁術に玉璽を差し出したのです。

孫策は、父が亡くなった後に袁術に身を寄せていましたが、周瑜の助言で、孫策は玉璽と引き換えに袁術から離れるようとしたのです。はたして、袁術は孫策が離れていく事を認めるのでしょうか?

第15話の名言:杞憂 

『第16話 呂布、徐州牧となる』

www.akira-blog.com玉璽を手に入れた袁術は、勝手に皇帝となる事を宣言します。これに曹操は、多くの諸侯に袁術を討伐するように呼びかけて、劉備がかけつけてきました。

まさか劉備が来るとは思っていなかったので、曹操は、3人の軍師 荀彧・郭嘉・程昱たちに、劉備をどうすれば良いのか尋ねます。はたして、軍師たちは何と答えたのでしょうか?

 第16話の名言:法は尊きに加えず

『第17話 劉備、兄弟と離れる』

www.akira-blog.com曹操は、袁術を討伐した後に、今度は徐州に狙いを定めます。まずは、呂布と陳宮に離間の計をしかけて、二人の仲は少しずつ険悪なものとなっていきました。

さらに、曹操は劉備と呂布がお互いに戦わせるようにしむけて、劉備は呂布と激しく戦い合う事になってしまうのです。はたして劉備たちは、この危機を乗り越える事ができるのでしょうか?

 第17話の名言:離間の計

『第18話 呂布の死』

www.akira-blog.com曹操軍は、下邳城に迫り、水攻めを敢行します。この水攻めで城は完全に水浸しになってしまって、呂布は眠っている時に、部下たちによってヒモで縛り付けられてしまって、曹操へ引き渡されます。

呂布は処刑される事になり歩いていきますが、途中で愛する貂蝉が出迎えて、共に死のうとしてしまいます。さらに、陳宮は曹操に降るように勧められてもがんと聞こうとしません。はたして、陳宮はこのまま処刑されてしまうのでしょうか?

 第18話の名言:掎角の勢

『三国志スリーキングダム 第1部 群雄割拠』のまとめ

三国志スリーキングダムの『第1部 群雄割拠』では、曹操が董卓・袁術・劉備・呂布とめまぐるしく戦い続けていきます。

劉備が全く勢力を伸ばせていない間に、曹操は献帝を手中に納めた上に、着実に勢力を伸ばしていきました。これが、後に諸葛亮をおおいに苦しめる『魏』という大国を誕生させるキッカケとなるのです。

三国志 Three Kingdoms 前篇 DVD-BOX (限定2万セット)