校閲ガール 第4話 南沢奈央が記者になじられる?

電話に出る河野悦子

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/story04.html

河野は女優 杉本(演:南沢奈央)の自叙伝を校閲する事になりますが、その杉本に隠し子がいる事が記者にすっぱ抜かれてしまいます。自叙伝を読んで、杉本の生き方に感動した河野は、何とか杉本を守ろうとするので詳しく紹介しましょう。

『地味にスゴイ!校閲ガール 第4話』のキャスト

校閲ガールのキャスト

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/chart/index.html

日本テレビ系のTVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』は、2016年10月5日〜12月7日まで放送された番組です。

監督&脚本

『地味にスゴイ!校閲ガール』の原作者は、宮木あや子さんで、脚本は中谷まゆみさん・川崎いづみさんになります。

  • 原作 宮木あや子
  • 脚本:中谷まゆみ・川﨑いづみ

ドラマの主題歌

『地味にスゴイ!校閲ガール』の主題歌は以下の通りになっています。

  • オープニング:Chay「12月の雨」
  • エンディング:栞菜智世「Heaven's Door 〜陽のあたる場所〜」

登場人物&役者

TVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』の第4話に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 河野悦子(演:石原さとみ)/校閲部に所属された新人女性
  • 森尾登代子(演:本田翼)/折原をモデルとして発掘した女性
  • 今井セシル(演:足立梨花)/景凡社の受付の女性で、森尾の後輩
  • 折原幸人(演:菅田将暉)/河野がひとめぼれした男性
  • 貝塚八郎(演:青木崇高)/河野の天敵
  • 茸原渚音(演:岸谷五朗)/校閲部の部長
  • 青木祥平(演:松川尚瑠輝)/校閲部員
  • 正宗信喜(演:杉野遥亮)/印刷会社の営業
  • 坂下梢(演:麻生かほ里)/校閲部のおとなしい女性社員
  • 目黒真一郎(演:高橋修)/校閲部の男性社員
  • 米岡光男(演:和田正人)/校閲部の大人しい青年
  • 藤岩りおん(演:江口のりこ)/校閲部の女性社員
  • 亀井さやか(演:芳本美代子)/Lassy編集部の編集長
  • 波多野 望(演:伊勢佳世)/Lassy編集部の副編集長
  • 佐藤百合(演:曽田茉莉江)/景凡社の受付の女性
  • 杉本 あすか(演:南沢奈央)/自叙伝を出す女優
  • 山ノ内 隆(演:山中聡)/杉本を追い回す記者
  • 尾田大将(演:田口浩正)/おでんやの大将
  • 東山(演:ミスターちん)/おでんの常連客
  • 西田(演:長江英和)/おでんの常連客
  • 北川(演:店長松本)/おでんの常連客

『地味にスゴイ!校閲ガール 第4話』のストーリー

河野悦子と記者が対峙

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/story04.html

校閲部で、河野は女優 杉本の自叙伝を校閲する事になりますが、納得できない箇所がありました。納得できない手がかりを見つけるために、河野は杉本の自宅にまで足を運びます。そこで杉本を盗撮している者がいたので、河野は止めようとしたら、その者はゴシップ誌の記者 山ノ内でした。

仕事を邪魔された山ノ内は、河野と口論してしまいます。河野は、ますます杉本に入れ込んでいき、自叙伝を読んでいったら、彼女が貧しい少女時代に、女優を目指す事が唯一の支えだった事を知ります。

しかし、山ノ内が、杉本に隠し子がいた所を隠し撮りして、それは世間の知る所となります。杉本は記者会見する事になりますが、そこで山ノ内は激しく杉本をなじってしまうのです。河野は、会場の裏口から入って杉本を助けようとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『地味にスゴイ!校閲ガール 第4話』のまとめ

河野悦子が杉本に寄り添う

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/story04.html

TVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール 第4話』に関連する情報や、私の感想などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

校閲ガールの豆知識『芸能人のプライバシー権』

河野が、杉本が盗撮されている時に記者の行動を止めましたが、記者であれば芸能人を盗撮しても良いのかと言えば、それはグレーゾーンと言っても良い所なのです。なぜなら、芸能人にも『プライバシー権』はありますが、その一方で政治家や芸能人などの注目される人物を『知る権利』が国民にはあるからです。

そのため、注目される人のプライバシー権よりも知る権利のほうが優先される事があります。その一方で、自宅の中にいる所を盗撮された芸能人が訴えて勝訴になった事もあるので、どちらのほうが優先されるかは撮影した場所によっても変わってくる訳です(下のサイトで詳しい事が書かれています)。

www.mag2.com

『地味にスゴイ!校閲ガール 第4話』の残念な所

記者の山ノ内が、相当ひどい事を記者会見で質問していましたが「これほどの事を言う記者がいるのかな?」と思ってしまうほどでした。しかし、残念ながらいるのかもしれませんね。

記者の酷い質問をドラマで知らしめて、芸能人のプライバシー権について考えさせるという意味はよく理解できますが、もう少し山ノ内のゲスな所を控えても良かったのではないかなと思いました。

『地味にスゴイ!校閲ガール 第4話』の見所

河野は、記者会見を止められなくて自分の非力を嘆きますが、編集長から「また、何かやっただろう」と微笑むシーンは「この先どうなるのかな?」と期待がふくらむ所で、第4話の大きな見所になっていますね。

そして、河野と折原の仲が親密になっていったのに、いよいよ森尾が折原に急接近しようとするので、複雑な三角関係も目が離せない所です。

『地味にスゴイ!校閲ガール』を見れる『hulu』

TVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』の全10話は、動画配信『hulu』で見る事ができます。ただし時期が過ぎたら、地味にスゴイ!校閲ガールの配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。