晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(特に歴史やホラーに力を入れています)

校閲ガール 第5話 本田翼の努力が粉砕される?

オシャレな河野悦子

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/story/story05.html

森尾(演:本田翼)は、名スタイリストの要望に応えようと努力しますが、冷たい言葉を投げかけられてしまいます。このままでは、森尾の努力が粉砕されてしまうので、思わず河野は口を挟もうとするので、詳しく紹介しましょう。

『地味にスゴイ!校閲ガール』のキャスト

校閲ガールのキャスト

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/chart/index.html

日本テレビ系のTVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』は、2016年10月5日〜12月7日まで放送された番組です。

監督&脚本

『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』の原作者は、宮木あや子さんで、脚本は中谷まゆみさん・川崎いづみさんになります。

  • 原作 宮木あや子
  • 脚本:中谷まゆみ・川﨑いづみ

ドラマの主題歌

『地味にスゴイ!校閲ガール』の主題歌は以下の通りになっています。

  • オープニング:Chay「12月の雨」
  • エンディング:栞菜智世「Heaven's Door 〜陽のあたる場所〜」

登場人物&役者

TVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 河野悦子(演:石原さとみ)/校閲部に所属された新人女性
  • 森尾登代子(演:本田翼)/折原をモデルとして発掘した女性
  • 今井セシル(演:足立梨花)/景凡社の受付の女性で、森尾の後輩
  • 折原幸人(演:菅田将暉)/河野がひとめぼれした男性
  • 貝塚八郎(演:青木崇高)/校閲部の編集長
  • 茸原渚音(演:岸谷五朗)/校閲部の部長
  • 青木祥平(演:松川尚瑠輝)/校閲部員
  • 正宗信喜(演:杉野遥亮)/印刷会社の営業
  • 坂下梢(演:麻生かほ里)/校閲部のおとなしい女性社員
  • 目黒真一郎(演:高橋修)/校閲部の男性社員
  • 米岡光男(演:和田正人)/校閲部の大人しい青年
  • 藤岩りおん(演:江口のりこ)/校閲部の女性社員
  • 亀井さやか(演:芳本美代子)/Lassy編集部の編集長
  • 波多野 望(演:伊勢佳世)/Lassy編集部の副編集長
  • 佐藤百合(演:曽田茉莉江)/景凡社の受付の女性
  • フロイライン登紀子(演:川原亜矢子)/世界的なスタイリスト
  • 尾田大将(演:田口浩正)/おでんやの大将
  • 東山(演:ミスターちん)/おでんの常連客
  • 西田(演:長江英和)/おでんの常連客
  • 北川(演:店長松本)/おでんの常連客

『校閲ガール』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、校閲ガールの今までのストーリーや見所などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』のストーリー

フロイラインの傲慢さ

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/chart/index.html

河野が、ささいな事で貝塚編集長と口論していたら、そこに茸原部長が登紀子のエッセイ本の校閲を頼んできました。ファッションが好きな河野は、以前から登紀子の大ファンだったので、喜んで校閲しようとします。
Lassy編集部では、登紀子と一緒に仕事をする事になったので、編集長が「明日までに企画を出すように」と指示。それから、登紀子から連絡が入って「明日までに撮影に使う小道具を用意するように」と頼んできました。しかし、夜遅くだったので、満足できるような小道具を準備する事は難しかったのです。

それでも、森尾は何とか小道具を準備しますが、登紀子から「こんな要らない物を用意してどうするの?」と言われて、森尾は仕事を外されてしまいます。それを廊下で聞いていた河野は、思わず登紀子に口を挟もうとしますが、河野や森尾はどうなってしまうのでしょうか?

『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』のまとめ

河野悦子と折原のデート

出典:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/chart/index.html 

TVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』に関連する情報や、私の感想などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

校閲ガールの豆知識『精度』

河野は、登紀子のエッセイを校閲しようとしますが、そこに書かれていたのは外国だったので、さすがに現地まで足を運ぶ事はできませんでした。そのため、インターネットで調べようとしますが、そこで問題になるのが『精度』です。

これはWEBライターやブロガーは注意しなければいけない問題で、参考にする情報が本当に正確なものかどうか?その正確さの程度を精度と呼びます。インターネットでは間違った情報を掲載しているサイトもあるので、精度が高いサイトの情報を参考にする事が重要です。

例えば、個人ブログよりも専門ブログや専門サイトのほうが精度は高いですし、メーカーの製品の情報を知りたい場合には、公式サイトのほうが精度が高くなっています。参考にした場合には、引用した事を発表するためにも、参考にしたブログやサイトをリンクとして貼ったほうが良いです。

『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』の残念な所

仕事を外された森尾は、河野から慰められますが「私はファッションの仕事を好きでしているんじゃない、みんな好きな事を仕事にしているほうが少ないんじゃないのかな」とぼやくシーンがありました。

これは、残念ながら的を得た発言でしょう。女優として活躍している本田翼さんが言うと、少し説得力に欠けてしまうなぁと思ったのですが、もしかしたら本田翼さんほどの方でもやりたくない仕事もいくつかしてきて、こんにちの地位を築けたのかなと考えてしまいましたね。

『地味にスゴイ!校閲ガール 第5話』の見所

河野は、藤岩だけではなく、編集長とも何だかんだ言って仲良く仕事をできるようになっていきます。これは見ていて、微笑ましいシーンだなぁとほっこりとしましたが、これはドラマだからだと少し冷めて見てしまう自分がいるのも事実でした。

多くの同僚や上司と仲良く仕事ができるのも、やはり河野のようにガムシャラに頑張らなくてはダメなんでしょうね。しかし、そこは森尾のように好きな事を仕事にしていないと頑張れないと思ってしまう訳で、このドラマは色々と考えさせられますね。

『地味にスゴイ!校閲ガール』を見れる『hulu』

TVドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』の全10話は、動画配信『hulu』で見る事ができます。ただし時期が過ぎたら、地味にスゴイ!校閲ガールの配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。