NGTの小熊倫実が山口真帆タブーを突破!運営の姑息さが判明?

山口真帆チェック

NGT事件(山口真帆暴行事件)が世間に知られてから、どういう訳か、NGT48のメンバーたちは、山口真帆さんの名前を全く書かないでツイートしてきました。ところが、ここにきて小熊倫実さんが、言葉巧みに山口真帆さんを褒め称えたので、その書き方や、他のメンバーが黙っている背景などを検証してみましょう。

小熊倫実が違う言葉で書き込む

headlines.yahoo.co.jpNGT48のチームGの副キャプテンである山口真帆さんが、事件を隠蔽されてしまったと運営を非難する動画を配信してから、NGT48は緊急事態に陥りました。運営は事件を隠し続けてきて、今でも黒幕メンバーを発表もしていなければ、処罰もしていません。

そんな状況の中で、多くのメンバーたちは山口真帆さんについて、全く発言しなくて、多くのファンたちから集中砲火を浴びてきました。

ところが、そんな中で、小熊倫実さんは公式ブログで「今まで以上にさらにチームのことをグループのことを1番に一生懸命に考えてくれる優しくて大好きな自慢の副キャプテン」と絶賛したのです。

運営がマークしていた『山口真帆』という言葉をかいくぐって、副キャプテンという言葉で書き込みに成功した訳です。

NGT運営が山口真帆にフタをしようとする訳

NGTの運営は、とにかく事件を風化しようとしていて、黒幕メンバーの名前の公表をしないで、全く関係のない話をツイートしています。それどころか、NGTの運営が事件を隠そうとしているくせに、マスコミがメンバーの家族にしつこい報道をしていると、被害者のように主張し始めたのです。

これには、多くのNGTファンが「いやいや、運営が事件の事を隠そうとするから、メンバーの家族が取材を受けるハメになるんだろう」と批判の声を強めています。このような背景があって、運営が事件を風化させるためにも、山口真帆さんの言葉がネットに出てこないようにチェックしている可能性は極めて高いです。

実際に、同じNGT48のメンバー中村歩加(あゆたろう)さんは「文にしようとずっと考えているのですがなかなか頭の中でまとまらず、ごめんなさい。」と書いているほどです。この事から、運営が山口真帆さんの言葉を使わないようにチェックしていると見られても、仕方のない所です。

NGT運営の風化作戦は水泡に帰す

NGT運営が、必死に事件を風化させようとしていますが、それは全く無駄な努力というものです。NGT48のメンバーは、全ての方が白状という訳ではありません。そのため、同じ一期生でNGT48を支え続けた山口真帆さんをスルーし続けるメンバーは、今後減り続けるでしょう。

さらに、山口真帆さんについて何も喋らないメンバーたちは、多くのNGTファンから「冷たい」と非難轟々(ごうごう)なので、NGTの風化作戦は大失敗に終わるでしょう。

恐らく同じNGT48の荻野由佳さんも、山口真帆さんについて言いたくても言えない状況なのかもしれません。

まぁ、難しい立場に立たされるメンバーは大変だと思いますが、再び言わせてもらいます。NGTの運営は、1日でも早く、今村元支配人と黒幕メンバーを厳しく処罰すべきです。