生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

NGTの村雲颯香の性格はきつい?にいがったフレンド#11

醸造

ロッチとNGTのメンバーたちは、新潟県長岡市の宮内へ街ブラすることになりました。ところが、街ブラをする最中に、村雲颯香さんの性格はきついのではないか?と思わせるような発言が飛び出したので、詳しく紹介しましょう。

『NGT48のにいがったフレンド! #11』のキャスト

2017年3月28日にTV新潟で放送された『NGT48のにいがったフレンド! #11』のキャストは、以下の通りです。

  • ロッチ(コカド)/NGT48劇場を訪れるMC
  • ロッチ(中岡)/NGT48のメンバーたちから叩かれるMC
  • NGT48(本間日陽)/真面目に食レポするアイドル
  • NGT48(村雲颯香)/山田野絵にクレームをつけるメンバー
  • NGT48(太野彩香)/大食いクイーンの弟子

『NGT48のにいがったフレンド! #11』の進行内容

NGT48のにいがったフレンド #11の進行内容は、以下の通りになっています。

  • 新潟県長岡市の宮内駅で街ブラを開始
  • 旅館『竹花屋』で情報収拾
  • 『FARM8』でフローズンアイスを食レポ
  • 摂田屋の『越のむらさき』を見学
  • 宮内の『青島食堂』で、青島ラーメン・青島チューシャー・青島チャーシュー大を食レポ
  • 『フレンド 宮内店』で、イタリアンを食レポ
  • 『大判焼の太田』で、あんこ・クリームを食レポ
  • 『Lazuly Nail』でネイルをオシャレにしてもらう

『NGT48のにいがったフレンド! #11』の街ブラ

宮内は、醸造の町ということで、越のむらさきという所で、職場見学しようとします。

そこには、山田野絵ちゃんのファンの社員がいたのですが、コカドさんが「彼女(村雲颯香)が、山田のこと、一番嫌いなんですよ」と暴露してしまいました。

実は、バスで移動中に、村雲颯香さんが「私とキャラ被りって言ってくるんですよ山田が」と文句を言っていたのです。

そこで、コカドさんの提案で、好きになってもらうために山田野絵ファンにアピールする事になりました。

本間日陽さんや太野彩香さんが普通にアピールしていく中で、村雲颯香さんが頭を左右に大きく振って、至近距離から山田野絵ファンに猛烈アピール!

村雲颯香さんのアピールに圧倒されたのか、山田野絵ファンは「もう山田は良いです」と推し変宣言してしまって、村雲颯香さんは歓喜のダンスをしてしまいます。

コカドさんは「マジで喜ぶの辞めて、嫌いかもしれんけど」と突っ込んで、メンバーたちは爆笑してしまいました。

『NGT48のにいがったフレンド! #11』のまとめ

『NGT48のにいがったフレンド! #11』に関連する情報や、感想などを紹介するので、見ていなかった方は参考にしてみて下さい。 

NGT48の豆知識『村雲颯香は正統派アイドル』

NGT48のアイドル村雲颯香さんは、正統派アイドルをアピールしていて「山田野絵とは違う」と少し怒っていました。

実際に、正統派アイドルかどうかは、ファンの間でも賛否両論あるかもしれません。

しかし、村雲颯香さんはファッションに気を配るようになり、顔立ちも美しい事から正統派アイドルと言えるでしょう。

『NGT48のにいがったフレンド! #11』の残念な所

宮内では、食レポもすることになりますが、大食いの村雲颯香さん・太野彩香さんたちは、食べることにばかり夢中になってしまいました。

そのため、本間日陽さんだけが真面目に食レポすることになってしまったので、これからは二人も真面目に食レポして欲しい所です(NGTファンとしての願い)。

ただし、二人が真面目にしなかったので、本間日陽さんが目立てたという側面もあるので、ひなたんファンである自分としては、嬉しい所でもありましたけどね。

『NGT48のにいがったフレンド! #11』の見所

今回は、村雲颯香さんの個性が爆発してしまう所がいくつもあって、ある旅館に訪れた時に「おすすめしときます、ファンの皆さんに」と言うシーンがありました。

それを聞いたコカドさんは旅館から離れた時に「村雲さん旅館の名前、何ですか?」と尋ねてみたら「いや、駅出て、右側にあるって言えば分かる」と答えてしまいます。

その良い加減な答え方にメンバーたちは思わず苦笑してしまう所は、観ているほうも苦笑いしてしまいましたね。

食レポの時には、アイドルとは思えないほどの大食いを発揮してしまいますし、今後も村雲颯香さんの活躍には期待したいところです。

性格のほうは、きついのではなく負けず嫌いなだけだったので、山田野絵ちゃんとは仲良くアイドル活動を続けてもらえればNGTファンとしては嬉しい限りですね。