生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

ロッチコカドがNGTを侮辱?にいがったフレンド#12

2軍を表す画像

ロッチコカドさんは、カフェでNGT48のメンバーたちと一緒に食事をする所で、何とNGT48をSKE48の2軍のような言い方をしてきたのです。

なぜ、そのような事になったのか詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

『NGT48のにいがったフレンド! #12』のキャスト

2017年4月4日にTV新潟で放送された『NGT48のにいがったフレンド! #12』のキャストは、以下の通りです。

  • ロッチ(コカド)/NGT48に厳しいを言葉を投げかけるMC
  • ロッチ(中岡)/NGT48をフォローするMC
  • NGT48(山田野絵)/NGT48の純度100%のバラエティー枠
  • NGT48(中井りか)/センターを勝ち取って盛り上がるアイドル
  • NGT48(角ゆりあ)/クールな性格をしたメンバー

『NGT48のにいがったフレンド! #12』の進行内容

NGT48のにいがったフレンド #12の進行内容は、以下の通りになっています。

  • 新潟県三条市・燕市の燕三条駅前から街ブラを開始
  • 『まるごと県央』で情報収拾
  • 『ラヂオは〜と』で、さとちんとトーク
  • 燕市分水へ移動
  • 『まるかクリーニング』のカフェでトーク

『NGT48のにいがったフレンド! #12』の街ブラ

新潟県の燕三条駅でロッチとNGT48のメンバーたちが集合して、中井りかさんがセンターを務める事について、話が盛り上がります。

ロッチコカドさんは「センター様やからね、僕らの扱いも変わってくると思うんで、他のメンバーとは」と喋った所で「いや待てい!」と山田野絵ちゃんがカットイン!

それにロッチコカドさんは「いや早い早い、出ましたね。NGT48の純度100%のバラエティ枠。よく入れたねNGT48に」と暴言を炸裂。

しかし、山田野絵ちゃんは笑顔で手を叩いて「分かるぅ〜♪」とへこたれません。

メンバーたちは街ブラをしていき、分水のカフェに入って、角ゆりあさんのオーディションの話になりました。

角ゆりあさんは、最初にSKE48のオーディションに落ちてしまいますが、次に挑戦したNGT48のオーディションに合格できた事を喋り始めます。

それにロッチコカドさんが「じゃあ、SKEに落ちた子がNGTでは受かる」と発言して、山田野絵ちゃん・中井りかさんたちが笑いながら必死に否定するのです。

『NGT48のにいがったフレンド! #12』のまとめ

『NGT48のにいがったフレンド! #12』に関連する情報や、感想などを紹介するので、見ていなかった方は参考にしてみて下さい。 

NGT48の豆知識『のえピー隊』

山田野絵ちゃんは、バラエティー番組で、あまりアイドルらしくない容姿という事でいじられてしましますが、いつも笑いに変えてくれます。

そのポジティブな精神には、多くのNGTファンたちから支持されていて、山田野絵ちゃんを応援する有志のグループ『のえぴー隊』が存在するほどです。

山田野絵ちゃんが自己紹介の時に「ピーピーピッピッピ、のえピー♪」とキャッチフレーズを披露するほど、のえぴーという言葉は多くのファンたちに浸透しています。

のえピー隊の参加条件は、山田野絵ちゃんを応援する気持ちがあれば大丈夫のようです。下のリンクをクリックしたら、のえピー隊のHPへ行けます。

0zj34404725010j.wixsite.com

『NGT48のにいがったフレンド! #12』の残念な所

NGT48で最も面白いメンバーと評価されるほどの山田野絵ちゃんが登場した事もあって、ブログでは紹介しきれないほど面白いシーンが登場しました。

さらにガンガン前へ出てくる中井りかさんもいて、角ゆりあさんの存在が少し目立たなかったのは残念でしたね。

それでも、山田野絵ちゃんや中井りかさんにしてみれば、自分をアピールする場面なので、仕方のない所でしょう。

『NGT48のにいがったフレンド! #12』の見所

カフェで、中井りかさんは「山田はこう見えて女子力がメッチャ高くて」と紹介したら「モテるんですよ、私(山田野絵)」と発言。

しかし、ロッチコカドさんは「いや、モテはしないけど」と言ったら、思わず店員さんも笑ってしまって、思わず自分も爆笑してしまいました。

ロッチコカドさんがNGT48を2軍扱いして、山田野絵ちゃんから「違うわ!」と反論して、中井りかさんも「それから(角ゆりあが)魅力を磨いて」と力説。

ロッチコカドさんは、それにひるまずに「いや、山田が入れるからさ」と言い出して、中井りかさんから「そんな軽いもんじゃないですよ」笑われてしまうのです。

このカフェのくだりは、100話以上もある『がたふれ』の中でも神回と言えるほど面白いシーンでしたね。

これからも山田野絵ちゃんには、ドンドンとがたふれに出演して欲しいです。