晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマのストーリーや見所などを紹介しているブログです

イノセンス冤罪弁護士|坂本真を救うには悪魔の証明が必要?(第9話)

黒川拓と和倉楓の画像

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

イノセンス冤罪弁護士 第9話では、富士田順平(演:坂本真)が、オクテで素直に告白できない性格が災いしてストーカーの疑いを持たれてしまいます。

さらに殺人事件の容疑までかけられたので、黒川拓たちは冤罪を晴らそうとしますが、そのためには『悪魔の証明』を見つける必要があったので詳しく紹介しましょう。

『イノセンス冤罪弁護士』のキャスト

イノセンス冤罪弁護士のキャストの画像

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/chart/

『イノセンス冤罪弁護士』は、2019年1月19日からスタートしたミステリードラマです。

監督&脚本

ミステリードラマ『イノセンス冤罪弁護士』の脚本や演出の方たちは、以下の通りです。

  • 脚本:古家和尚
  • 演出:南雲聖一&丸谷俊平

登場人物&役者

サスペンスドラマ『イノセンス冤罪弁護士』に出演している役者さんたちは、以下の通りです。

弁護側
  • 黒川拓(演:坂口健太郎)/3年で5件の逆転無罪を勝ち取った弁護士
  • 和倉楓(演:川口春奈)/黒川に理解を示すようになった女性弁護士
  • 城崎穂香(演:趣里)/和倉を認めるようになった女性弁護士
  • 別府長治(演:杉本哲太)/お金儲けを優先する弁護士事務所の所長
  • 登別次郎(演:正名僕蔵)/別府の部下
  • 石和徳則(演:赤楚衛二)/弁護士事務所で働く青年
  • 湯布院和人(演:志賀廣太郎)/黒川に理解を示す男性弁護士
  • 秋保恭一郎(演:藤木直人)/無愛想な准教授
  • 有馬聡子(演:市川実日子)/テレビ日本のディレクター
検察側
  • 黒川真(演:草刈正雄)/最高検察庁の次長検事
  • 指宿林太郎(演:小市慢太郎)/黒川を敵視する人物
容疑者と家族
  • 浅間大輔(演:鈴之助)/11年前の事件の容疑者
  • 富士田順平(演:坂本真)/今回の事件の容疑者
  • 黒川麗(演:榊原郁恵)/黒川拓の母親

『イノセンス冤罪弁護士』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら『イノセンス冤罪弁護士』の今までのストーリーや見所などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『イノセンス冤罪弁護士』のストーリー

イノセンス冤罪弁護士の黒川拓と有馬聡子

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

有馬聡子は、弁護士事務所に訪れて、2月6日頃に起きた河川敷殺人事件の遺体の写真を黒川拓に渡します。

その写真は、何と11年前に殺されてしまった秋保彩花の遺体と同じような斬られ方をしたのです。黒川拓は、今回の容疑者は11年前の殺人者と同じ人物かもしれないと思って、今回の事件の容疑者と接見します。

富士田順平はストーカーに近い事をしていたのは認めても、殺人は犯していないと主張するので、黒川拓は弁護を引き受ける事になります。しかし、その間に2人目の遺体が出てきます。一人目の遺体は、花巻京香で2月6日ごろに亡くなっていましたが、二人目の遺体の山代奈々は、それよりも二日前に殺されていたのです。

山代奈々が殺されていた時に、富士田順平は両親の墓参りで帰省していて、殺する事が可能だったのです。しかも二人の殺され方が酷似している事から、警察は富士田順平を再逮捕します。

黒川拓は、富士田順平が山代奈々と接点がなかった事を証明して弁護しようとしますが、接点がない事を証明するのは大変難しくて、和倉楓は「悪魔の証明のようなもの」と嘆いてしまいます。

はたして、黒川拓は、悪魔の証明を見つけ出す事は可能なのでしょうか?

『イノセンス冤罪弁護士』のまとめ

イノセンス冤罪弁護士の和倉楓

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

ドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の関連する情報や、私の感想などを紹介するので、参考にしてみて下さい。 

イノセンス冤罪弁護士の豆知識『11年前の事件』

11年前の事件とは、平成19年12月16日神奈川県の廃墟で、秋保彩花が滅多刺しにされて、首元には鋭利の刃物で深く刺されて殺されてしまった事件です。

この事件で、彼女と付き合っていた恋人 浅間大輔が容疑者として逮捕されてしまったのです。

浅間大輔は容疑を否認していましたが、大学のロッカーから血が付いた靴が見つかった事や、廃墟マニアとして多くの廃墟の画像を持っていた事が判明します。

浅間大輔はノートに『俺は無実です』書き置きをして自殺してしまいました。幼馴染である黒川拓は、大事な友達が冤罪で自殺に追い込まれてしまったと今だに11年前の事件を引きずっていたのです。

『イノセンス冤罪弁護士』の残念な所

日本では、ストーカーの事件が何回も起きてしまって、ついに国会を動かして『ストーカー規制法』が施行されました。

しかし、この規制法によって、今ではオクテの男の行為までがストーカー扱いされてしまったのです。

実際に、富士田順平は好きな女性にひとめぼれしてしまって、告白する勇気を持てずに、遠くから見るしかできなくて、彼女の家の近くで思わずウロウロしていただけでした。

さらに、彼女が落としてしまった学生証を思わず拾ってしまって、彼女に届けるべきか宝物にするべきか悩んでしまいました。

学生証を届けないのは窃盗行為なので、仕方ないにしても声をかける事ができないだけで、ストーカー扱いされるとは、何とも世知辛い世の中になったものです。

『イノセンス冤罪弁護士』の見所

黒川拓は、富士田順平と山代奈々の接点がないという事を証明するために現場へ行こうとしたら、レモン農家の方から「この辺りは夜になっても、あまり寒くならない」と教えてもらいました。

山の上のほうなのに、夜でも寒くならないという事に気付いた黒川拓は、ある事を思いつきます。それは、死亡推定時刻が正しいかどうかという極めて重要な事でした。

山の上のほうで寒くならない事が、死亡推定時刻となぜ関係しているのか?その辺りを推理するのが、第9話の大きな見所です。

『イノセンス冤罪弁護士』は動画配信『hulu』で視聴可能

TVドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の第1〜9話は、動画配信『hulu』で見る事ができます。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。