晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマのストーリーや見所などを紹介しているブログです

イノセンス冤罪弁護士|神津一成が黒川拓を挑発?(最終話)

和倉楓役の川口春奈の画像

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

イノセンス冤罪弁護士の最終話では、和倉を襲った神津一成(武田真治)が、警察署へ自首してきました。

黒川拓は、神津一成に接見しますが、そこで信じられないほどの挑発を受けてしまって、思わず興奮してしまうのです。はたして、どれほどの挑発を受けてしまったのか?詳しく紹介しましょう。

『イノセンス冤罪弁護士』のキャスト

イノセンス冤罪弁護士のキャストの画像

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/chart/

『イノセンス冤罪弁護士』は、2019年1月19日からスタートしたミステリードラマです。

監督&脚本

ミステリードラマ『イノセンス冤罪弁護士』の脚本や演出の方たちは、以下の通りです。

  • 脚本:古家和尚
  • 演出:南雲聖一&丸谷俊平

登場人物&役者

サスペンスドラマ『イノセンス冤罪弁護士』に出演している役者さんたちは、以下の通りです。

弁護側
  • 黒川拓(演:坂口健太郎)/11年前の友人の冤罪を晴らそうとする弁護士
  • 和倉楓(演:川口春奈)/黒川拓の身代わりになった女性弁護士
  • 城崎穂香(演:趣里)/黒川拓を心配する女性弁護士
  • 別府長治(演:杉本哲太)/お金儲けを優先する弁護士事務所の所長
  • 登別次郎(演:正名僕蔵)/別府の部下
  • 石和徳則(演:赤楚衛二)/弁護士事務所で働く青年
  • 湯布院和人(演:志賀廣太郎)/黒川に理解を示す男性弁護士
  • 秋保恭一郎(演:藤木直人)/無愛想な准教授
  • 有馬聡子(演:市川実日子)/テレビ日本のディレクター
検察側
  • 黒川真(演:草刈正雄)/最高検察庁の次長検事
  • 指宿林太郎(演:小市慢太郎)/黒川を敵視する人物
  • 草津(佐藤B作)/11年前の事件を担当した元刑事
容疑者と家族
  • 神津一成(武田真治)/和倉を襲った人物
  • 浅間大輔(演:鈴之助)/11年前の事件の容疑者
  • 富士田順平(演:坂本真)/今回の事件の容疑者
  • 黒川麗(演:榊原郁恵)/黒川拓の母親

『イノセンス冤罪弁護士』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら『イノセンス冤罪弁護士』の今までのストーリーや見所などを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『イノセンス冤罪弁護士』のストーリー

神津一成役の武田真治の画像

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

和倉は、有馬から重要な情報を教えてもらったので、それを黒川拓に伝えようとします。

しかし、その黒川拓に凶器を向けた人物が走ってきたので、和倉は黒川拓を助けようとして、身代わりとなって刺されてしまったのです。

黒川拓たちは、和倉を襲った犯人を探そうとしますが、そんな時に神津一成が警察署へ自首してきたのです。

黒川拓は、神津一成と接見する事にしますが、何と神津一成は「11年前も、今回の事件も自分が殺したんです、首をグリっとしてね。スカッとしたなぁ」と笑いながら、ささやいてきました。

その発言に黒川拓は怒って、仕切りを殴ったら、警察が驚いて駆けつけた所で「そいつが殺人犯です」と興奮してしまいます。

しかし、神津一成は急に殺人を否定して「何の証拠もないのに殺人犯扱いするなんて、自白強要する刑事じゃないですか」と言って立ち去ります。

黒川拓は、11年前の事件で親友を亡くしてしまったので、あまりの展開に愕然としますが、神津一成を自白させる事はできるのでしょうか?

『イノセンス冤罪弁護士』のまとめ

秋保恭一郎が怒る所の画像

出典:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/ 

ドラマ『イノセンス冤罪弁護士』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『イノセンス冤罪弁護士』の残念な所

神津一成が、黒川拓を挑発する所は『うわぁ、何て性格の悪い男なんだ』と思ってしまいましたね。しかし、その性格の悪さや、気持ち悪そうな性格を、あのイケメンタレントの武田真治さんが見事に演じきっていたので、驚かされました。

イケメンタレントが、気持ち悪そうに見せるのは本当に難しいと思うのですが、この辺りは、さすが武田真治さんと言った所でしょうね。

『イノセンス冤罪弁護士』の見所

黒川拓は、11年前の事件を調べようとしたら、警視庁はささいな事で弁護士事務所に踏み込んで、書類を数多く押収していきました。

黒川拓は、父親が嫌がらせをしたと起こりますが、今まで金儲けの事ばかり考えてきた所長が、弁護士事務所の人間全員と一緒に立ち上がるのです。

かつて所長の兄は、11年前の事件で世間から叩かれた挙句に亡くなってしまいました。

そこで、所長は「勘違いするなよ黒川。俺は刑事弁護は嫌いだ、金にもならんしな。だが、11年前に弁護した兄貴の無念を晴らせると言うなら、話は別だ」と言って、一致団結を呼びかけるシーンは格好良かったですね。

『イノセンス冤罪弁護士』は動画配信『hulu』で視聴可能

TVドラマ『イノセンス冤罪弁護士』の全10話は、動画配信『hulu』で見る事ができます。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。