生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

NGT48がチクタクを出雲崎で披露!がたふれ#50

古時計

NGT48とロッチのメンバーたちは、出雲崎町で街ブラしていたら、途中で高倉萌香ファンの女の子と遭遇します。

ここで、女の子の大好きな『青春時計』のチクタクを披露する事になったので、詳しく紹介しましょう。

『NGT48のにいがったフレンド! #50』のキャスト

2017年12月25日にTV新潟で放送された『NGT48のにいがったフレンド! #50』のキャストは、以下の通りです。

  • ロッチ(コカド)/子供から厳しい評価を貰うMC
  • ロッチ(中岡)/推しメンのモノマネを見守るMC
  • NGT48(高倉萌香)/ファンと遭遇するメンバー
  • NGT48(佐藤杏樹)/杏樹太夫を拒否するメンバー
  • NGT48(西潟茉莉奈)/ゴリラのモノマネをするメンバー

『NGT48のにいがったフレンド! #50』の進行内容

NGT48のにいがったフレンド #50の進行内容は、以下の通りになっています。

  • 出雲崎町で街ブラを開始
  • 『天領出雲崎時代館』で、からくり人形を物色
  • 小田野さん宅で、良寛牛乳を食レポ
  • 『たまきや』で高倉萌香ファンと出会う
  • 『良寛堂協食堂まるこ』で、海の幸を堪能

『NGT48のにいがったフレンド! #50』の街ブラ

出雲崎町で、街ブラを再開していき、まずは『天領出雲崎時代館』に入る事にします。

ここには、からくり人形があったので、メンバーたちは人形の動きを真面目に見ていたら、高倉萌香さんだけが「歯がない」と一人で大笑いしてしまうのです。

天領出雲崎時代館を出てから、街ブラを再開したら、古そうな自販機を見て、それについて、自販機を置いていた小田野さんたちに話を聞く事にしました。

ところが、今は自販機をあまり使っていないと言われて『良寛牛乳』をふるまってもらえたのです。

メンバーたちは、その後に『たまきや』に寄ったら、高倉萌香ファンの小さな女の子に遭遇して、青春時計のチクタクというフレーズが好きな事を教えてもらいます。

そこで、高倉萌香さんが「ちく〜たく〜♪」と披露したら「良い♪」と高く評価してもらえたのです。そこで、今度はコカドさんが披露する事になりますが、今度は女の子から「違ぁ〜う」と言われてしまって、メンバーたちは爆笑してしまうのです。

メンバーたちは、最後に『良寛堂協食堂まるこ』で、海の幸を堪能して、出雲崎ロケが終了しました。

『NGT48のにいがったフレンド! #50』のまとめ

『NGT48のにいがったフレンド! #50』に関連する情報や、感想などを紹介するので、見ていなかった方は参考にしてみて下さい。 

NGT48の豆知識『良寛さん』

NGT48のメンバーたちが足を運んだ『出雲崎町』は、良寛の町で有名な所です。全国的に有名なお坊さんかは知りませんが、地元新潟では佐渡へ流罪にされた日蓮と同じぐらい、良寛の知名度が高いです。

良寛は、少年の時は普通の子供だったようですが、大人になってからは清貧の生活を続けるお坊さんで、小さな子供たちと一緒に遊ぶような逸話があります。

そのような真面目で優しい性格をしている事もあって、地元では『良寛さん』という愛称で親しまれています。

『NGT48のにいがったフレンド! #50』の残念な所

西潟茉莉奈さんが、ゴリラのモノマネをして笑いを取る一方で、佐藤杏樹さんは、かたくなに自分の持ちネタ『杏樹太夫』をやろうとしません。

コカドさんからは、何でやらないと聞いたら「握手会でファンから杏樹太夫をやってくれない」とクレームがきていると白状してしまうのです。

AKB48グループは、握手会を行う事で人気を集めたグループなので、TV番組で何かあったら、すぐに握手会で持ちネタを披露してもらえるようにお願いされるので大変だなぁと思いましたね。

それでも、杏樹太夫を見れなかったのは残念でした。杏樹太夫について知らない方は、下の内部リンクをクリックしたら、詳しく知る事ができます。

www.akira-blog.com

『NGT48のにいがったフレンド! #50』の見所

#50でも、高倉萌香ちゃんの高い人気が証明されましたね。#18でも高倉萌香さんの『おかっぱフィーバー』が起きたので、やはりNGT48の中でも人気が高いメンバーである事が分かりますね。

高倉萌香ちゃんは、佐藤杏樹さんがNGT48の宣伝をしようとしたら、突然障害物に接触してしまって「ギャー!」と悲鳴をあげるなとして自由奔放なキャラを炸裂させてしまいます。

可愛くて自由気ままに振る舞う高倉萌香ちゃんが見れるので、高倉萌香ファンにとっては見所の多い#50になっています。

www.akira-blog.com