生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

魚べい『まるで植木鉢』の画像や味を紹介

魚べいの画像

回転寿司魚べいで『まるで植木鉢』という新しいデザートメニューが登場しました。このデザートは、土のようなものが食べられる斬新なメニューになっているのです。

この変わったメニューをまだ食べた事がない方たちのために、まるで植木鉢の画像・値段・味などを紹介しましょう。

魚べい『まるで植木鉢』の全体画像と値段

魚べい『まるで植木鉢』の全体画像

上の画像が『まるで植木鉢』です。まさに、まるで植木鉢です(謎)

本当に植木鉢に似ていますねぇ(しつこい)。シャレているなぁと思ったのが、スプーンが、スコップになっている所ですね。

魚べいの『まるで植木鉢』は、税別価格220円になっています(2019年4月5日時点の情報なので注意)。

魚べい『まるで植木鉢』のスコップ

魚べい『まるで植木鉢』のスコップ画像

少しアップしたスコップですが、本当によく出来ていますね。これでカラーが付いていたら、本当にスコップで植木鉢を食べるような感覚になっていたに違いありません。

魚べい『まるで植木鉢』の大きさ

魚べい『まるで植木鉢』の比較画像

まるで植木鉢の大きさは、どの程度の大きさかと言えば、湯飲み茶わんより少し小さい程度ですね。でもデザートとしては、なかなかの大きさでしたよ。

魚べい『まるで植木鉢』のアップ画像

魚べい『まるで植木鉢』のアップ

上の画像では、少し暗いので少しアップにした画像です。細く見てみたら、石のような形になったものが落ちているのが分かりますね。

これが、偶然ではなく意図的に作られたものだったら、本当に凝ったデザートです。

魚べい『まるで植木鉢』の土はティラミス

魚べい『まるで植木鉢』の土の画像

それでは早速、まるで植木鉢の土を食べてみます(ドキドキ)。パクっと食べてみたら、これは『ティラミス』ですね。よく出来てるものです。

口に入れたら、少しだけ苦味を感じますが、それが下にある甘みを際立たせてくれます。

魚べい『まるで植木鉢』のタケノコ

魚べい『まるで植木鉢』のタケノコ画像

まるで植木鉢には、タケノコが植えられていましたが、それもスコップで掘り起こしてみて食べたら、チーズケーキ味になっていました。

これは、あの商品のパク……いえいえ、何でもありません。上はチーズケーキ味になっていましたが、中身は恐らくチョコレートになっているのでしょう。全体的に甘めの味になっています。

魚べい『まるで植木鉢』の土の中

魚べい『まるで植木鉢』の土の中画像

植木鉢の中が白くなっているとは不思議なものです。その深い土を食べてみたら、クリーミーな味わいになっていて、口の中でほどよく溶けていく食感になっています。

魚べい『まるで植木鉢』の底

魚べい『まるで植木鉢』の底の画像

まるで植木鉢……とは言っても、全体的にティラミスなので、底のほうには馴染み深いものが見えてきました。口に入れて食べてみたら、ほどよい苦味があって、少し水っぽいかなという感じです。

『魚べい 亀貝店』の地図

私が食べにいったのは、今回も『魚べい 亀貝店』です。場所は、新潟県新潟市西区で、国道116号新潟西バイパスの亀貝インターチェンジの近くにあります。

魚べいは全国チェーン店なので、多くの等道府県に店舗があります。

今回紹介したメニューは時期が過ぎたら販売終了になる可能性がありますし、一部の店舗では『まるで植木鉢』が販売していない可能性もあるので注意して下さい

下にある『魚べい』のサイトをクリックしたら、各店舗の地図や情報を把握する事が可能なので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

魚べい | 魚べい店舗案内 | 元気寿司グループ

魚べい『まるで植木鉢』のまとめ

魚べい『まるで植木鉢』の告知画像

魚べいの『まるで植木鉢』は、限定発売なので、食べてみたい方は早めに食べたほうが良いですね。

絶対に食レポの味は、この告知を参考にしただろう……という厳しいツッコミは勘弁してもらって、なかなかユニークで、美味しいメニューでした。

回転寿司なのに、こういう斬新な発想で新メニューを次々に出してくるので、魚べいファンは辞められません。これからも、このような斬新なメニューを作っていって欲しいですね。