生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

スシロー『抹茶すぎるパフェ』と『とろっとプリンどら焼き』の画像と味

スシローの画像

スシローで『抹茶すぎるパフェ』と『とろっとプリンどら焼き』が、2019年4月10日から期間限定で販売開始しました。

そこで、まだ食べていない方たちのために『抹茶すぎるパフェ』と『とろっとプリンどら焼き』の画像・値段・味などを紹介しましょう。

『抹茶すぎるパフェ』の全体画像と値段

『抹茶すぎるパフェ』の全体

上の画像が、抹茶すぎるパフェです。抹茶すぎるというだけあって、抹茶関連のものが多くなっていますね。

値段のほうは、税別価格280円になります(2019年4月10日時点の情報なので注意)。

『抹茶すぎるパフェ』のわらび餅

『抹茶すぎるパフェ』のわらび餅の画像

抹茶すぎるパフェの『わらび餅』は、ほどよい硬さになっていて、少しだけ苦味のある仕上がりになっていました。

子供が好みそうなスイーツというよりは、大人のスイーツという感じでしたね。

『抹茶すぎるパフェ』の餡

『抹茶すぎるパフェ』の餡の画像

抹茶すぎるパフェの餡(あん)は、少しだけこってりとした硬さになっていて、おはぎのような餡の甘さになっていましたね。

洋菓子とは違う甘さになっているので、大人でも食べやすい味です。

『抹茶すぎるパフェ』の抹茶アイス

『抹茶すぎるパフェ』のアイス①の画像

明るめの色になっている抹茶アイスをスプーンで食べてみたら、ほどよい甘さになっている味でした。

餡を食べた後だったので、その甘さに比べたら甘さは抑えられているので、食べる順番によって、少し味が変化するかもしれません。

『抹茶すぎるパフェ』の超濃厚抹茶アイス

『抹茶すぎるパフェ』のアイス②の画像

少しトーンが暗めの超濃厚抹茶アイスのほうを食べてみたら、こちらは少し苦味のある抹茶アイスになっていました。

色が違うアイスによって、甘さも違っているので、様々な味が楽しめるのは、良い所ですね。

『抹茶すぎるパフェ』のクリーム

『抹茶すぎるパフェ』のクリームの画像

抹茶パフェのアイスの下には、白いクリームが入っていますが、アイスとは違って甘みのあるクリームになっていました。

少しアイスが苦いなぁと思ってしまう方は、このクリームを一緒に食べてみたら、適度な甘さになるでしょう。

『抹茶すぎるパフェ』の抹茶ムース

『抹茶すぎるパフェ』の抹茶ムースの画像

画像が少しぼやけてしまいましたが、抹茶ムースは、アイスとは違って柔らかくなっている抹茶味になっていました。

ほどよい甘さと柔らかさになっているので、アイスを食べた後でも、食べやすくなっています。

『とろっとプリンどら焼き』の全体画像と値段

『とろっとプリンどら焼き』の全体画像

とろっとプリンどら焼きの全体画像ですが、プリンとイチゴをどら焼きでサンドするという和洋折衷のスイーツになっています。

始めに驚いたのは、食べる前から甘そうな香りが鼻を刺激してきた事ですね。これは、見るからに甘いスイーツだろうなと食べる前からわかりましたね。

値段のほうは、税別価格230円になっていました(2019年4月10日時点の情報なので注意)。

『とろっとプリンどら焼き』のイチゴ

『とろっとプリンどら焼き』のイチゴの画像

どら焼きにサンドされていたイチゴを食べてみたら、思ったより酸味の強い味になっていました。これは、イチゴに甘いものがかかっていたので、酸味が際立っているのかもしれません。

『とろっとプリンどら焼き』のプリンの上側

『とろっとプリンどら焼き』のプリンの上側側

とろっとプリンどら焼きのプリンの上側は、苦味と甘みがミックされているような味になっていました。

甘みが加わっているのは『キャラメルソース』が、かけられているからです。恐らく甘い香りがするのは、キャラメルソースが効いているのでしょう。

両方の味がミックスされているので、甘いものが好きな方から、甘いものが苦手な方まで食べやすい味になっています。

『とろっとプリンどら焼き』のプリンの下側

『とろっとプリンどら焼き』のプリンの下側画像

とろっとプリンどら焼きのプリンの下側を食べてみたら、苦味より甘みのほうが強くなっています。しかし、甘すぎるという訳ではないので、年配の方でも食べやすい味と言えるでしょう。

『とろっとプリンどら焼き』のどら焼き

『とろっとプリンどら焼き』のどら焼き画像

プリンをある程度まで食べたら、完全にどら焼きの外観になりました。しかし、どら焼きの中には、甘いスイーツがサンドされている状態です。

『とろっとプリンどら焼き』のどら焼き画像2

どら焼きの中を見たら、まだ甘いスイーツが入っているの分かる画像です。少しだけスイーツを残している状態で、食べておかなければ、普通のどら焼きになてしまうので、注意が必要ですね。

『とろっとプリンどら焼き』のどら焼き画像3

どら焼きの中に甘いスイーツがサンドされている状態で、スプーンで食べてみたら、パンケーキに近い味になっていました。

実は、このどら焼きはスプーンで食べられるように作られているのです。

パンケーキに比べたら、甘さは抑えられていますが、和菓子とは違う甘さになっているので、洋菓子以下で和菓子以上の甘さになっているスイーツです。

『スシロー 新潟小新店』の店舗情報

私が食べに行ったのは『スシロー新潟小新店』で、新潟西バイパスから降りて、車で5分程度の所にあります。この辺りは近くに魚べいもあるので、グルメ激戦区な所です。

スシローは、日本国内で最大の店舗数を誇っている回転寿司チェーン店なので、全47都道府県にあります。

全ての都道府県にあるので、あなたの自宅の近くでも、スシローがあるかもしれません。下のリンクをクリックしたら、スシローの店舗を探す事ができます。

www.akindo-sushiro.co.jp

『抹茶すぎるパフェ』と『とろっとプリンどら焼き』のまとめ

抹茶の画像

ついに魚べいのメニューを全制覇したので、魚べいの最大のライバル店『スシロー』へ行ってきましたが、今日から和洋折衷のスイーツが新登場していました。

魚べいに負けないほどオリジナリティーの高いスイーツが用意されていたので、これからはスシローを中心でグルメ記事を掲載していく事になりそうです。

『抹茶すぎるパフェ』と『とろっとプリンどら焼き』は、両方とも和洋折衷のスイーツになっているので、今まであまり食べた事がないスイーツを食べてみたい方たちは、食べてに行ってみるのも悪くはないでしょう。