生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

スシロー『練乳いちごパフェ』の画像や味!ケーキのような味?

スシローの画像

スシローでは、爽やかな味がする『練乳いちごパフェ』が販売されています。美味しいデザートになっていますが、回転寿司のパフェなので、食べた事がない方は多いでしょう。

そこで、まだ食べた事がない方たちのために、練乳いちごパフェの画像・値段・味などを紹介しましょう。

『練乳いちごパフェ』の全体画像と値段

練乳いちごパフェの全体画像

こちらが、練乳いちごパフェですが、いちごづくしのパフェという感じがしますね。値段は、税別価格280円になっています(値段は2019年4月12日の情報なので注意)。

『練乳いちごパフェ』のシャーベット

『練乳いちごパフェ』のシャーベット画像

まずは、いちごのシャーベットを食べようとしましたが、多くの量が入っているので、気をつけないと、イチゴをこぼしてしまうので注意したほうが良いです。

食べてみたら、冷んやりとしている上に硬めになっていました。味はほのかにイチゴの味はしますが、スッキリとした味わいになっていましたね。

『練乳いちごパフェ』のお菓子

『練乳いちごパフェ』のお菓子の画像

パフェに突き刺さっているお菓子を抜いて、食べてみたら『トッポ』のような味がしましたね。中にはチョコが入っていて、甘めのお菓子になっていました。

食感は、サクサクとしているので、トッポやポッキーが好きな方であれば食べやすいお菓子と言えるでしょう。

『練乳いちごパフェ』のイチゴアイス

『練乳いちごパフェ』のイチゴアイス画像

いちごアイスのほうから食べてみたら、硬めになっていますが、シャーベットよりは少し甘めになっていて、スイーツという感じがしましたね。

ほのかに甘いアイスが好きな方であれば、満足しやすい味でしょう。

『練乳いちごパフェ』のバニラアイス

『練乳いちごパフェ』のバニラアイス画像

バニラアイスも食べてみたら、いちごアイスよりは柔らかく感じましたが、食べる順番によって硬さが変わっただけでしょう。

いちごアイスよりは甘めになっていますが、シャーベットと一緒に食べたら、甘さを少し抑えられます。

『練乳いちごパフェ』のクリーム

『練乳いちごパフェ』のクリーム画像

アイスを食べていったら、下のほうには、甘めの白いクリームが入っています。ショートケーキのクリームのような甘さになっているので、シャーベットとは対照的な甘さになっていました。

全く違う甘さがミックスされているので、様々な味を楽しめるのは魅力的な所ですね。

『練乳いちごパフェ』のスポンジ

『練乳いちごパフェ』のスポンジ画像

冷たいスイーツが多く入っていたのに、下のほうには少し暖かみのあるスポンジが入っていて、驚かされました。

正方形で小さなスポンジがいくつも入っているので、食べやすいサイズになっていました。甘くて白いクリームと一緒に食べていたら、ショートケーキをそのまま食べているような感じでしたね。

『練乳いちごパフェ』のいちごムース

『練乳いちごパフェ』のいちごムース画像

練乳いちごパフェの一番下のほうには、いちごムースが入っていて、甘めのスイーツで、空気が多くはいっていて、ほわんほわんとした柔らかさになっています。

これは、丹念に作られたムースだなぁと感慨深くなりながら、舌鼓を打ってしまいました。

『スシロー 新潟小新店』の店舗情報

私が食べに行ったのは『スシロー新潟小新店』で、新潟西バイパスから降りて、車で5分程度の所にあります。この辺りは近くに魚べいもあるので、グルメ激戦区な所です。

スシローは、日本国内で最大の店舗数を誇っている回転寿司チェーン店なので、全47都道府県にあります。

全ての店舗に、練乳いちごパフェが販売しているとは限らないので注意して下さい。

全ての都道府県にあるので、あなたの自宅の近くでも、スシローがあるかもしれません。下のリンクをクリックしたら、スシローの店舗を探す事ができます。

www.akindo-sushiro.co.jp

スシロー『練乳いちごパフェ』のまとめ

いちごの画像

スシローは、回転寿司ですが、いくつかパフェも販売されていて、その中には『練乳いちごパフェ』のような爽やかなデザートがあります。

アイスが硬くて、シャーベットがこぼれやすいので食べづらかったのですが、スポンジまで入っていて、アイスとショートケーキがミックスされているような感じがして良かったですね。

もしも、様々な味を楽しめるパフェが食べたくなったら、スシローで練乳いちごパフェを食べてみるのも悪くはないでしょう。