生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

NGT48のチームGが結成される?がたふれ#58

チームGの画像

NGT48には、チームNⅢしかありませんでした。ところが、近々チームGができないかという話になって、ロッチとNGT48のメンバーたちは盛り上がるので、詳しく紹介しましょう。

『NGT48のにいがったフレンド! #58』のキャスト

2018年2月26日にTV新潟で放送された『NGT48のにいがったフレンド! #58』のキャストは、以下の通りです。

  • ロッチ(コカド)/チームNⅢとGについて聞くMC
  • ロッチ(中岡)/オモチャ屋へ来店していたMC
  • NGT48(山田野絵)/チームGについてトーク
  • NGT48(奈良未遥)/ダンス対決で失敗
  • NGT48(西村菜那子)/研究生についてトーク

『NGT48のにいがったフレンド! #58』の進行内容

NGT48のにいがったフレンド #58の進行内容は、以下の通りになっています。

  • 『はしもと玩具店』で、店員さんとトーク
  • 『小林履物店』で、ダンス対決するメンバー
  • 『イタリアンカフェ ブーケ』で、本ずわい蟹のトマトクリームソースパスタ・本ずわい蟹ドリア・雲丹のクリームソースパスタ・ぷりぷり海老のトマトソースパスタを食レポ

『NGT48のにいがったフレンド! #58』の街ブラ

新潟市西蒲区の『はしもと玩具店』へ入店してみたら、以前にもロッチが来ていた事が分かって、店員さんとのトークで盛り上がります。

次に『小林履物店』に入って、新潟総踊りに関連する物があったので、メンバーたちでダンス対決する事になりますが、グダグダな結果になってしまい、NGT48やロッチのメンバーたちは苦笑いしてしまうのです。

それから商店街を歩いて行ったら、れなぽん(長谷川玲奈)が出演している映画のポスターが貼られていて、山田野絵ちゃんは「良いなぁ、野絵も映画出てぇよ」と言ってしまいます。

しかし、ロッチは「長谷川には映画があっても、山田には笑いのネタがあるやん」と茶化すので、メンバーたちは思わず笑ってしまいます。

最後に『イタリアンカフェ ブーケ』で、メンバーたちは食事をする事にしました。

そこでロッチの二人が、「NGT48にチームGができるのかもしれないんやろ?Gはできて欲しいの?」と話しかけたら、山田野絵ちゃんは「出来て欲しいですね」と答えます。

西村菜那子さんも「公演回数が増えるので」と同意をして、今後のNGT48について語り合って、西蒲区の街ブラは終了しました。

『NGT48のにいがったフレンド! #58』のまとめ

『NGT48のにいがったフレンド! #58』に関連する情報や、感想などを紹介するので、見ていなかった方は参考にしてみて下さい。 

NGT48の豆知識『チームNⅢとG』

NGT48には、チームNⅢがありましたが、その後に『G』もできます。チームNⅢには、荻野由佳さん・山田野絵ちゃん・太野彩香さん・西潟茉莉奈さん・加藤美南さんたちが在籍していました。

チームGには、本間日陽さん・山口真帆さん・菅原りこさん・長谷川玲奈さん・村雲颯香さんたちが在籍していたのです。

チームNⅢは、NGT事件で黒幕と噂されるメンバーが多くて、チームGには山口真帆さんと親しいメンバーが多くいました。

これは、仲の悪いメンバーを一緒にしないで、対立しないようにするための配慮だったとも言われています。しかし、チームを分けた事により、メンバー同士に対立はさらに深まってしまい、最終的にNGT事件が起きる事になってしまいました。

しかし、チーム編成が悪いというよりは、問題のあるファンを出禁にしなかったAKSに問題があったと言えるでしょう(問題のあるファンが事件を起こした為)。

山口真帆さんの「助けてくれる人を私は一生忘れないし一生恩を返し続けたいと心に決めてる。逆は一生許せないけどね」の『逆は』という言葉は胸に突き刺さるものがありますね。

この時は、すでに事件が起きた後だったので、黒幕メンバーの事を指してたいのでしょう。

『NGT48のにいがったフレンド! #58』の残念な所

『小林履物店』で、ダンス対決しますが、西村菜那子さんが真面目にダンスしないので、最後にダンスをする山田野絵ちゃんが、ふざけたかったのに真面目にダンスをするハメになってしまいました。

山田野絵ちゃんは「NGT48になって、一番キツかったですね」と愚痴をこぼしてしまって、中岡さんも「そうね、俺もここ何年かで1番キツかった」と同情するほどでした。

野絵ちゃんを応援する身としては、少し残念な展開でしたね。

『NGT48のにいがったフレンド! #58』の見所

最近では、NGT48のチーム『NⅢ』と『G』を解散して、チーム編成する事が発表されたので、再び運営とファンの間で激しい対立が起きています。

なぜなら、山口真帆さんが勇気ある告発をしたのも、大事な後輩やチームGを守りたかったからです。

それが、ロクに山口真帆さんをケアもしない運営が、一方的にチーム編成をしてしまったので、運営がメンバーと話し合った末に決めたと言っても、多くのファンは一方的に決めたのだろうと疑っているのです。

そのような対立もありますが、チームGが出来る前は、このようなトークが交わされていたんだよなぁと少し感慨深くなりましたね。