生活を彩る晃ブログ

在宅ワーカー晃がグルメ・小説・映画・ドラマ・音楽などを紹介するブログ

魚べい『イースター特製プリン』と『白うさぎのバニラムースケーキ』

魚べいの画像

魚べいで『イースター特製プリン』と『白うさぎのバニラムースケーキ』が、2019年4月17日から期間限定で販売開始されました。

まだ食べていない方たちが多いと思うので、『イースター特製プリン』と『白うさぎのバニラムースケーキ』の画像・値段・味などを紹介しましょう。

『イースター特製プリン』の全体画像と値段

『イースター特製プリン』の全体画像

魚べいには、特製プリンというデザートメニューがあって、今回の『イースター特製プリン』は、特製プリンの上に、卵型のチョコやホイップクリームが乗っています。

値段のほうは、税別価格220円になっています。

『イースター特製プリン』の大きさ

『イースター特製プリン』の比較画像

イースター特製プリンは、少し大きく見えるかもしれません。

しかし、湯飲み茶わんよりも小さくなっているので、あまり多くのスイーツを食べられない方でも、完食しやすいです。

『イースター特製プリン』の卵チョコ

『イースター特製プリン』の卵チョコ画像

イースター特製プリンの卵は、チョコレートで出来ていますが、ホワイトチョコなので、それほど甘くないので、年配の方でも食べやすいスイーツになっています。

『イースター特製プリン』のホイップクリーム

『イースター特製プリン』のホイップクリーム画像

イースター特製プリンのホイップクリームを食べてみましたが、ケーキの上に乗せられているホイップクリームと同じ甘さになっていますね。
かなり甘めになっているので、甘いものが苦手な方はプリンと一緒に食べたほうが良いでしょう。

『イースター特製プリン』のカスタード

『イースター特製プリン』のカスタード画像

イースター特製プリンのカスタードを食べてみたら、まろやかな味わいが口の中に広がっていくような仕上がりになっていました。

しかし、スプーンに乗せている時は、あまりプルプルとふるえていないので、プリンがギュッとしまっているのに、味が広がるように作られているのでしょう。

『イースター特製プリン』のカラメル

『イースター特製プリン』のカラメル画像

イースター特製プリンは、カラメルとカスタードをからめて食べてみたら、カラメルのほのかな苦味によって、カスタードの甘さを際立たせてくれます。

しかし、カラメルは、ほぼ液体の状態になっているので、こぼさないように食べたほうが良いです。

『白うさぎのバニラムースケーキ』の全体画像と値段

『白うさぎのバニラムースケーキ』の全体画像

白うさぎのバニラムースケーキは、卵のチョコやホイップクリームだけではなく、その他にも様々なものが追加されています。値段は、税別価格220円になっています。

『白うさぎのバニラムースケーキ』のうさぎチョコ

『白うさぎのバニラムースケーキ』のうさぎチョコ画像

うさぎのチョコは、卵のチョコと同じ味になっていて、ほのかな甘みになっていますね。

ただし、うさぎの裏側には、チョコソースもつけられていて、2つの甘さがミックスされたチョコになっています。

『白うさぎのバニラムースケーキ』の卵チョコ

『白うさぎのバニラムースケーキ』の卵チョコ画像

白うさぎのバニラムースケーキの卵型のチョコは、イースター特製プリンと同じ種類ですが、下にあるストロベリーチョコソースを付けたら、違う味を楽しめるようになっています。

『白うさぎのバニラムースケーキ』の表面

『白うさぎのバニラムースケーキ』の表面画像

白うさぎのバニラムースケーキは、2つのチョコを食べ終わったら、このようにホイップクリームとストロベリーチョコソースが乗っている状態です。

『白うさぎのバニラムースケーキ』のストロベリーチョコソース

『白うさぎのバニラムースケーキ』のストロベリーチョコソース画像

白うさぎのバニラムースケーキのストロベリーチョコソースを食べてみたら、ほのかにストロベリーの味がします。

チョコソースなので、少しだけ柔らかめになっていて、濃厚な味わいになっていました。

『白うさぎのバニラムースケーキ』のホイップクリーム

『白うさぎのバニラムースケーキ』のホイップクリーム画像

白うさぎのバニラムースケーキのホイップクリームも甘めになっていますが、下にあるバニラムースと一緒に食べれば、プリンと同じように甘さを抑えられます。

ただし、プリンとは違う味わいになっていて、こちらのほうが少し甘めかなという感じです。

『白うさぎのバニラムースケーキ』のバニラムース

『白うさぎのバニラムースケーキ』のバニラムース画像

白うさぎのバニラムースケーキのバニラムースを食べてみたら、落ち着いた甘さになっていて、濃厚な味わいになっています。

量は多めになっていますが、甘さが抑えられているので、食べやすくなっています。さらに、なめらかな歯ざわりになっていて、大人向けのスイーツという感じでした。

『魚べい 亀貝店』の店舗情報

私が食べにいったのは、今回も『魚べい 亀貝店』です。場所は、新潟県新潟市西区で、国道116号新潟西バイパスの亀貝インターチェンジの近くにあります。

魚べいは全国チェーン店なので、多くの等道府県に店舗があります。

今回紹介したメニューは、一部の店舗では、販売していない可能性があるので注意して下さい

下にある『魚べい』のサイトをクリックしたら、各店舗の地図や情報を把握する事が可能なので、良かったら、ご覧になってみて下さい。 

『イースター特製プリン』と『白うさぎのバニラムースケーキ』のまとめ

『イースター特製プリン』と『白うさぎのバニラムースケーキ』の看板

『イースター特製プリン』と『白うさぎのバニラムースケーキ』は、両方ともチョコやホイップクリームが乗っていますが、プリンとバニラムースケーキの違いがあります。

しかし、イースターとは何だろうと思う方がいるでしょう。このイースターとは、キリストが復活した事を祝う日なのです。

日本では、クリスマスやハロウィンばかり注目されていますが、キリスト教圏ではクリスマスやハロウィンよりもイースターのほうが重要な日になっています。

そして、イースターが行われる日は、春分の日から、最初の満月になった後の最初の日曜日です。

イースター祭では、イースターエッグやイースターバニーがシンボルになっているので、魚べいのイースターでも『卵』や『うさぎ』が採用されていたんですね。

ちなみに、私はイースターと聞いた時に『モアイ?』と思ってしまったのですが、どうやら間違ったようですが、全く違う訳でもなかったようです。

なぜなら、モアイがある島を発見した時は、イースターの日だったので、それから『イースター島』と名付けられた訳ですから。そんな歴史的なイースターに関連するスイーツが期間限定で販売されているので、日本人が食べてみるのも悪くはないでしょう。