晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

死幣 第9話|高山潔(菅原大吉)の正体が判明!

死幣の第9話の画像1

出典:https://www.tbs.co.jp/DeathCash/gallery/ep9.html

ドラマ『死幣 -DEATH CASH-(第9話)』では、元駐在員の高山(演:菅原大吉)が、若本刑事を逃してくれました。しかし、高山は偽名で、その正体が判明するので、詳しく紹介しましょう。

『死幣 第9話』のキャスト

死幣の第9話の画像2

出典:https://www.tbs.co.jp/DeathCash/gallery/ep9.html

『死幣 -DEATH CASH- 第9話』は、2016年7月14日〜2016年9月15日まで、放送されたホラードラマです。

監督&脚本

『死幣 -DEATH CASH-』の脚本や演出は、以下の通りです。

  • 脚本:吉田海輝&美濃部達宏&吉田真侑子
  • 演出:渡瀬暁彦&川嶋龍太郎&東仲恵吾

登場人物&役者

『死幣 -DEATH CASH- 第9話』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 南由夏(演:松井珠理奈)/ 特殊な能力を持つ女子大生
  • 南小夢(演:清原果耶)/由香の妹
  • 若本猛(演:戸次重幸)/由夏を助けようとする刑事
  • 田畑 忍(演:平埜生成)/若本をサポートする刑事
  • 財津太一郎(演:筧利夫)/大学の教授
  • 上野 真理(演:中村ゆりか)/そっけない態度を取る女子大生
  • 茅原伊織(演:柚希礼音)/死幣を認めない刑事
  • 高山潔(演:菅原大吉)/若本を監視しようとする元駐在員
  • 山岡 紫乃(演:木野花)/旧江栗馬村の生き残り

ドラマの主題歌

『死幣 -DEATH CASH-』の主題歌は、SKE48の『金の愛、銀の愛』は、少し明る感じの曲調なので、ホラードラマの主題歌とは思えない内容になっています。

しかし『金の愛か?銀の愛か?おまえが失くした愛はどれだ?』というフレーズがあって、金に翻弄されるような歌詞になっていて、死幣に合う曲と言えるでしょう。

『死幣 -DEATH CASH-』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら『死幣』シリーズのストーリー・関連情報・見所などを見る事ができます。

www.akira-blog.com

『死幣 -DEATH CASH- 第9話』のストーリー

死幣の第9話の画像3
出典:https://www.tbs.co.jp/DeathCash/gallery/ep9.html

監獄で収監していた財津教授は、若本刑事と口論した後に、命を奪われてしまいました。警察は、若本刑事が命を奪ったものと考えて、指名手配する事にしたのです。

病院では、小夢の容体が悪化してしまって、由香は焦ってしまいます。医師たちの必死の対応により、妹は一命を取り留めますが、手術をしなければ余命はわずな事に変わりはありませんでした。

その頃、若本刑事は、山岡に会って、村の生き残りの小寺雄一について聞き出そうとします。なぜなら、死幣の呪いが起きた後も生き残っていたとしたら、呪いを解く方法を知っていると思ったからです。

そうしたら、山岡は「小寺 雄一は、村長の息子だ」と教えてくれたのです。若本刑事は、小寺雄一を探そうとしたら、突然襲われてしまって、監禁されてしまいました。

気がついたら、正面にいたのは元駐在員の高山だったのです。実は、小寺雄一は戸籍を変えて、高山と名乗るようになっていました。

小寺雄一は財津教授の命を奪った後に、若本刑事の命も狙って、村の秘密を守ろうと企んでいたのです。

その頃、病院では、由香が妹の手術代を工面できなくて困っていたのですが、病室から多くの死幣が出てきてしまったのです。はたして、由香までもが、死幣を使ってしまうのでしょうか?

『死幣 -DEATH CASH- 第9話』のまとめ

死幣の第9話の画像4

出典:https://www.tbs.co.jp/DeathCash/gallery/ep9.html

『死幣 -DEATH CASH- 第9話』の関連情報や感想などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

死幣の豆知識『菅原大吉の出演したドラマはヒット作品ばかり』

菅原大吉さんは、少し平凡な顔立ちをしていて、名脇役という感じがしますが、驚くべき事に、出演してきたドラマはヒット作品が多いのです。

その作品とは、あまちゃん・相棒などで、高視聴率を稼いだ作品が多くあります。これを見たら、やはりドラマには、美男美女だけではなく、菅原大吉さんのような名脇役が必要という事が分かりますね。

『死幣 -DEATH CASH- 第9話』の見所

小寺雄一が、財津教授の命を奪ったのは、村の秘密を暴露しようとしていたからです。さらに、小寺雄一は、夏子が村を出て行った後でも、彼女を愛し続けていました。

しかし、父親には逆らえず、父親である村長が、夏子を村八分にして追い詰めた時に、何も助けてあげる事ができませんでした。

その話を聞いていたら、人間の弱さがよく現れているシーンで、第9話の大きな見所になっています。