晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

ご苦楽レストラン(第2話)段田安則がジンクスを信じる理由を解説!

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜(第2話)では、小澤幸應(演:段田安則)がジンクスに悩んでしまいます。少し情けなく見えてしまうかもしれませんが、人間はジンクスを信じやすい原因があるので、詳しく解説していきます。

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話』のキャスト

ご苦楽レストラン第2話の画像

出典:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/story/ep2.html

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』は、2019年7月9日から放送が始まったコメディードラマです。

監督&脚本

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』の原作・脚本・演出の方たちは、以下の通りです。

  • 原作:佐々木倫子『Heaven?』
  • 脚本:吉田恵里香
  • 演出:木村ひさし&松木彩&村尾嘉昭 

ドラマの主題歌

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』のエンディグテーマ曲は、あいみょんさんの『真夏の夜の匂いがする』です。

登場人物&役者

TVドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 黒須仮名子(演:石原さとみ)/ロワン・ディシーの女性オーナー
  • 伊賀観(演:福士蒼汰)/愛想笑いが苦手なシェフドラン
  • 川合太一(演:志尊淳)/元理容店で働いた事があるコミドラン
  • 堤計太郎(演:勝村政信)/様々なお店で勤めてきた店長
  • 小澤幸應(演:段田安則)/レストランで働いた事があるシェフ
  • 山縣重臣(演:岸部一徳)/元銀行員のソムリエ
  • 鱸克雄(演:田口浩正)/石材屋の主人
  • 和田英代(演:内田慈)/エッセイストの女性
  • 高遠大地(演:松本ししまる)/見習いコック
  • 月川陽平(演:大重わたる)/高遠と同じ店で働いていたコック
  • 幹みのり(演:上田遥)/常連客の女性
  • 小枝繁(演:矢柴俊博)/常連客の男性
  • 謎の紳士(演:舘ひろし)/正体不明の男性
  • 丘野耀司(演:石橋凌)/小澤シェフを褒めたお客
  • 伊賀勝代(演:財前直見)/伊賀の母親
  • 大判辰(演:野間口徹)/ライバル店に勤める男性

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話』のストーリー

小澤シェフが、ジンクスに悩んでいたので、そこでオーナーたちはライバル店を訪れて「やっぱり小澤シェフの料理が一番」という話にして、自信を取り戻させようとします。

しかし、ライバル店の料理は思ったよりも美味しくて、小澤シェフの自信を回復させる事はできなかったのです。オーナーたちは、できるだけ小澤シェフが自由に料理させる事により、ジンクスを打ち破れるようにサポートします。

それでも、小澤シェフが働いてきたレストランは次々につぶれていったので、簡単に立ち直れるものではありませんでした。

ジンクスに悩む小澤シェフでしたが、若い頃に料理を褒めてくれた客がいました。その褒めてくれたお客が再びレストランに来るかもしれないと分かって、心を込めて最高の料理を提供しようとします。

そして、料理をふるまう事になり、若い頃に褒めてくれたお客が、小澤シェフを呼び寄せます。はたして、再び小澤シェフの料理を褒めてくれるのでしょうか?

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話』のまとめ

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話に関連する情報や、感想について紹介するので、参考にしてみて下さい。

ご苦楽レストランの豆知識『ジンクスを信じる原因』

小澤シェフと同じように、ジンクスに悩んでしまう方たちは多くいます。実際に、プロ野球選手の多くは『2年目のジンクス』に苦しんでいます。

なぜ、このように人はジンクスに悩むのか?それは何かのせいにしたいという本能が動くからです。ジンクスは原因不明で、不調に陥ってしまうので、ジンクスという言葉のせいにしてもがき苦しんでしまいます。

本来であれば、失敗した時の原因を追求しながら努力をすれば解決しますが、その原因が分からなければ、小澤シェフのようにジンクスのせいにしてスランプに陥ってしまうのです。

人がジンクスや迷信を信じてしまう事については、下のリンクでも紹介されているので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

yo-yakudatuidea.net

『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話』の感想

今回は、ロワン・ディシーの大黒柱とも言える小澤シェフが、ジンクスに苦しんでいきましたが、その気持ちはよく分かります。

私も、いままで自分に関わった企業は、9社のうち5社は倒産していきました。かつて専門学校時代に、求人を募集していた企業の面接に行ったら、その数週間後に倒産してしまいました。

さらに、それからは地震が原因で2社はつぶれてしまい、その後も不景気で、さらに2社がつぶれてしまったのです。

そのため、第2話を見ていたら、自分が関わったものがつぶれていく事を思い出して苦しむ小澤シェフが、他人事のように思えなくなってしまいましたね。