晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談Ⅱ (第3話)鎌田らい樹が妄想の恐ろしさを教え込む!

拝み屋怪談Ⅱ(第3話)では、心瞳(演:藤田富)がイジメの辛さから逃げるように、ある少女を妄想するようになります。

ところが、妄想の少女は、桐島加奈江(演:鎌田らい樹)という恐ろしい女となって、現実に現れるようになるので、詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談Ⅱ』のキャスト

『拝み屋怪談Ⅱ』は、dtvチャンネルで、2019年年7月6日から放送が開始されたホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談Ⅱ』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚&大畑創
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談Ⅱ』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • 郷内真弓(演:北原里英)/心瞳の妻
  • 桐島加奈江(演:鎌田らい樹)/謎の少女
  • 小橋美琴(演:久住小春)/霊能師

『拝み屋怪談Ⅱ 第3話』のストーリー

心瞳は、拝み屋として簡単に除霊を行えるほどの男でしたが、少年時代はイジメにあっていて、現実にはいない少女を妄想する事によって現実逃避していました。

ところが、妄想していた少女は夢に現れるようになり、やがて現実にも現れるようになったのです。その少女は桐島加奈江という者で、謎の仮面をかぶり心瞳を追いかけ回すようになったのです。

お世辞にも良い友達ではなかったのですが、いじめは自然となくなるようになりました。

ところが、大人になり最初の会社でパワハラを受けるようになって、ビルから飛び降りようとしたら、再び桐島加奈江が現れて手招きをして飛び降りるように催促してきます。

桐島加奈江は「死ぬんじゃなかったの?そうしたら、ずっと一緒にいられるよ」と囁いてきて、心瞳は大人になっても彼女が恐ろしくて仕方がなかったのです。

拝み屋になっても、桐島加奈江は迫ってきて「約束したもんね、ずぅっと友達でいようって」と言ってくるので、それを拒んだら「どうして嘘ばかりつくの!死に損ない!」と首をしめてきます。

はたして、心瞳は桐島加奈江から逃れる事はできるのでしょうか?

『拝み屋怪談Ⅱ 第3話』の感想

第3話では、いるはずのない人間を妄想する事が、いかに怖いか思い知らされる内容になっています。命を落とすように催促したり、首をしめてきたりするなんて怖すぎでしょう。

思春期の時は、ありもしない事を妄想するのは、不思議ではありませんが、せめて優しい人間が現れて欲しいですね。

人形も物ではありますが、本来はいないはずの人間を作ろうとしている事に代わりはなくて、その人形に魂がやどると昔から言われています。

人形の髪の毛が勝手に伸びたり動いたりする話はよくあるので、くれぐれも実在しない人間を作り出さないほうが良いですね。