晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談Ⅱ(第4話)山田瑠々の遊びが原因で命を落とす?

拝み屋怪談Ⅱ(第4話)では、幼き少女(演:山田瑠々)が人形遊びをしていたら、その遊びがいきすぎて、ついに命を落とす事になってしまいます。なぜ、そのような事になったのか?詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談Ⅱ』の今までのあらすじ

下の内部リンクをクリックしたら、拝み屋怪談Ⅱの今までのあらすじを見る事ができるので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

www.akira-blog.com

『拝み屋怪談Ⅱ』のキャスト

『拝み屋怪談Ⅱ』は、dtvチャンネルで、2019年年7月6日から放送が開始されたホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談Ⅱ』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚&大畑創
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談Ⅱ』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • 郷内真弓(演:北原里英)/心瞳の妻
  • 桐島加奈江(演:鎌田らい樹)/謎の少女
  • 小橋美琴(演:久住小春)/霊能師
  • 母親(演:屋敷紘子)/人形をバラバラにする母親
  • 娘(演:山田瑠々)/タルパにはまる少女

『拝み屋怪談Ⅱ 第4話』のストーリー

心瞳のもとへ、ある母親が悩みを打ち明けにきました。その母親は、自分の娘が人形にターシャと名前を付けて、いつまでも話しかけてばかりいたので人形を取り上げた事があったのです。

しかし、時すでに遅く、少女は『タルパ』というものに魅入られていたのです。タルパとは実在しない空想の人物を作り上げるもので、かつて心瞳もタルパを作り上げた事がありました。

母親はタルパの存在を知らず、人形を取り上げたら、ターシャが喋り始めたので、恐ろしくなり人形をバラバラにしてしまいます。

娘は「ターシャは私の半分だったのに、死んでしまった」を嘆き初めて、それから娘は眠ったように亡くなってしまいました。

母親は「私が娘の命を奪ってしまったんです」と涙を流して、心瞳に訴えます。

心瞳は、自分も空想の人物に何度も話しかけてしまって、恐ろしい桐島加奈江を作り上げてしまった事があるので、何とか母親を助けてあげようと祈り始めます。

しかし、その桐島加奈江はついに心瞳だけではなく、心瞳の妻の真弓にまで襲いかかろうとしたのです!はたして、心瞳は妻を助ける事ができるのでしょうか?

『拝み屋怪談Ⅱ 第4話』の感想

心瞳は、桐島加奈江に追い詰められて、殴られ続けた上に首を締めあげられてしまいます。さらに「待たせたね、死なせてあげる」とまで言われてしまいます。

ここまで来たらタダのバイオレンスじゃん!と思ってしまいましたね。

恐ろしいのは恐ろしいのですが、もっとこうホラーっぽい幽霊ものをお願いしたいです。

タルパが、2話も続いて登場したので、今後もタルパや桐島加奈江が登場してくるのかな?という感じはしますね。自分は3話の時に、人形を例えてブログ記事を掲載しましたが、まさか4話で人形ものが出てくるとはビックリしました。

やはり人形には魂が宿るのかもしれないので、人形を子供に与える時は要注意ですね。