晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

項羽と劉邦(第6話)張良と項伯の友情の始まりを紹介!

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第6話』では、張良と項伯が出会って、後に敵味方に別れても、変わる事のない友情が始まっていきます。そこで、どのようないきさつで、二人の友情が始まったのか詳しく紹介しましょう。

『第6話 故郷の馬』のキャスト

項羽と劉邦_第6話の画像1

項羽と劉邦_第6話の画像2

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/soukan/index.html

『項羽と劉邦 King's War 第6話』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

楚国(亡国状態)

秦に滅ぼされた悲劇の楚国には、血の気の多い項羽や、身分の低い劉邦たちがいました。その楚国に関連する人物や役者たちは以下の通りです。

  • 項燕(演:不明)/壮絶な最期を迎える楚の大将軍
  • 項羽(演:ピーター・ホー)/項燕の孫で秦を憎む男
  • 項梁(演:ジュー・イェンピン)/項羽の叔父
  • 項伯(演:シュー・マオマオ)/項羽の叔父

漢(建国前)

400年にも及ぶ漢王朝(前漢・後漢)の建国に関連する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)/多くの者たちに慕われる亭長
  • 張良(演:フォ・チン)/項伯を助ける人物
  • 樊噲(演:カン・カイ)/劉邦の弟分で気性が荒い
  • 盧綰(演:ワン・ジーシー)劉邦の幼馴染で穏やかな性格
  • 蕭何(演:ヤン・リーシン)/ 劉邦と親しい役人
  • 夏侯嬰(演:リン・ポン)/劉邦の仲間

『第6話 故郷の馬』のストーリー

項羽と劉邦_第6話の画像3

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story06.html

劉邦は役人から100人の若い男たちを集めろと言われてましたが、何とか100人を集めます。しかし、途中で人数を100から300に増やされてしまいます。

これには、劉邦も頭にきてしまい投げやりになってしまいました。それでも、仲間たちに励まされて、何とか正気を取り戻して「俺が行くしかあるまい」と覚悟を決めるのです。

劉邦たちが四苦八苦している時に、苦労しているのは項伯も同じでした。項伯は楚の名将の身内という事もあって、秦から睨まれていたのです。

そんな時に、役人に気づかれそうになって、連行される所で馬車が猛然と突っ込んできます!役人が驚く中で、近くの所で馬車は止まり、中から張良が出てきて「こんな所で何をしている!」と項伯を部下のように怒鳴りつけます。

張良は項伯を馬車に入れて、そのまま駆け抜けていき、項伯を逃してあげたのです。

項伯は難を逃れましたが、項羽は故郷の馬を見かけた時に、やせこけてしまっている事に心を痛めます。秦の悪政により、人間だけではなく馬も食べるものがなくなっていたのです。はたして秦の悪政はいつまで続くのでしょうか?

『第6話 故郷の馬』のまとめ

項羽と劉邦_第6話の画像4

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story06.html

『項羽と劉邦 King's War 第6話 故郷の馬』の感想や、関連する情報を紹介するので、参考にしてみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『張良と項伯の友情』

私が、初めて張良と項伯の友情を知ったのは、横山光輝先生の『項羽と劉邦』という漫画本を読んだ時でしたね。

あの当時は、内戦状態の時に、敵味方に別れても友情を優先する事に、驚かされてしまいました。

そして項伯は、若き日の恩義と友情を大事に考えて、後に恩返しをする訳ですが、それはしばらく後の話になります。

『第6話 故郷の馬』の感想

項羽が、やせ細った馬を見て嘆いてしまい、歌い出しますが、この歌が今作の主題歌でもあります。

男の低くて太い声になっていますが、楚と秦の激しい戦いを予想するような歌になっていて、思わず感動するシーンでした。

始皇帝や項羽の強さを考えたら、時代が次々に変わってしまうのは、何とも言えないものがありますが、最後に勝つのは狡猾な英雄という事なのでしょう。

それは日本も中国も同じようです(徳川家康・源頼朝・劉邦・司馬懿など)。

『項羽と劉邦 King's War 第1〜80話』を見れる動画配信

項羽と劉邦 King's War 第1〜80話を見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に項羽と劉邦を見る事が可能です。