晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

拝み屋怪談Ⅱ(第7話)森田亜紀の涙の訴えが藤田富を動かす!

拝み屋怪談Ⅱ第7話の画像
出典:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/ogamiya2/

拝み屋怪談Ⅱ(第7話)では、柴田千春(演:森田亜紀)が「異様な仏壇のせいで父や妻が狂ってしまったので助けて欲しい」と訴えます。その涙の訴えは、結果的に心瞳の心を大きく動かすので詳しく紹介しましょう。

『拝み屋怪談Ⅱ』のキャスト

『拝み屋怪談Ⅱ』は、dtvチャンネルで、2019年年7月6日から放送が開始されたホラードラマです。 

監督&脚本

『拝み屋怪談Ⅱ』の監督や脚本は、以下の通りです。

  • 監督:清水厚&大畑創
  • 脚本: 小中千昭

登場人物&役者

TVドラマ『拝み屋怪談Ⅱ』に登場する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 郷内心瞳(演:藤田富)/拝み屋を生業にしている男
  • 郷内真弓(演:北原里英)/心瞳の妻
  • 桐島加奈江(演:鎌田らい樹)/謎の少女
  • 小橋美琴(演:久住小春)/霊能師
  • 柴田千春(演:森田亜紀)/靖彦の妻

『拝み屋怪談Ⅱ 第7話』のストーリー

心瞳は、ミズタニに『脳の花』について尋ねたら「それは忘れろ、帰ってこれなくなるぞ」と忠告されてしまいます。

その言葉は心瞳の背中に大きくのしかかるほどの重みがありましたが、帰宅した後に、柴田千春から「ある仏壇のせいで父や夫がおかしくなったので、助けて欲しい」と頼まれます。

今の心瞳には、手が負えないと思って断ろうとしますが、亡き友の形見が大きく動いてしまって『友が助けてやれ』と言っているように感じたのです。

そこで、心瞳は「私が拝んだ所で助けられないかもしれないが」と前置きをした上で、二人を半狂乱にした仏壇の所まで行きます。仏壇の前に到着したら、いつの間にか、少年時代に通っていた学校にいたのです。

そこで妻が、心瞳を心配して近づこうとしたら、後ろから加奈江が「こいつ邪魔じゃない?」と言って、何と妻の首をスパッと切ってしまいます。

怒りに震える心瞳は、ついに脳の花を開かせて、加奈江に逆襲を始めるのです。その圧倒的な力の前に、ついに加奈江を倒す事ができました。

正気を取り戻した心瞳は、仏壇を真っ二つに斬って、柴田親子は正気を取り戻します。心瞳は庭先で、加奈江の人形を燃やしますが、妻は二度と帰ってこれなくなったのでしょうか?

『拝み屋怪談Ⅱ 第7話』の感想

柴田千春(演:森田亜紀)の涙は、心瞳の心を動かす事はできなくても、心瞳の泣き友を動かす事はできました。

今回は、ついに加奈江を倒す事はできましたが、郷内真弓(演:北原里英)の首がスパっと斬られるシーンは、結構えぐかったですね。あれは本当にホラードラマの醍醐味というべきか、恐ろしい所というべきか。

少し、しんみりするシリーズではありますが、なかなか目を背けたくなるほどのえぐさがあるので、見所の多いシリーズですね。