晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第1話)植松夏希に忍び寄る来客は身内を装う侵入者?

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第1シリーズ 第1夜 第1話 来客』では、女性(演:植松夏希)が住む分譲住宅に、来客がやってきます。その来客は身内のおばあちゃんと名乗る者ですが、不可解な行動を起こしてしまうので、詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第1話 来客』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋シリーズ』は、2003年2月から放送開始されました。

  • 監督:豊島圭介
  • 女性(演:植松夏希)

『怪談新耳袋 第1話 来客』のストーリー

ある分譲住宅に住んでいる姉妹は、見たいテレビ番組を巡って、テレビのリモコンを取り合ってしまいます。母親から「ミカ!いい加減にしなさい、お姉ちゃんの番でしょ!」とたしなめます。

妹はすっかり落ち込んでしまって、部屋を出て廊下を歩いていたら、玄関のドアを叩く音が聞こえます。誰だろうと思っていたら「ミカ、マチコおばちゃん」と言ってきますが、それは明らかにマチコおばちゃんとは違う声だったのです。

ずっとドアを叩きますが、他の家族には聞こえないようでした。妹は、姉や母親に「誰か来ている」と言っても、相手にされないので、恐る恐る玄関に近づくと、叩く音はドンドン大きくなっていきます。

さらに、ドアのポスト口から手を差し込んできて「ミカ、いい加減に早く開けなさい!」とポスト口から突っ込んだ手で激しくドアを叩いてくるのです。

姉は「あんたいい加減にしな」と、玄関近くで騒ぐ妹のそばを通り過ぎて、玄関を開けようとします。妹は「お姉ちゃんダメ」と言っても、間に合わなかったので、急いでトイレへ駆け込んでいきました。

しかし、その異様な者はトイレまで迫って来て、赤いマニキュアを塗った若い女の手が、ゆっくりとトイレのドアの隙間から入ってきたのです!それは、明らかにおばあちゃんの手ではなかったのですが、来客は何者なのでしょうか?

『怪談新耳袋 第1話 来客』のまとめ

怪談 新耳袋 第1シリーズ 第1話 来客 に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『分譲住宅の死角』

今回は、分譲住宅のドアを開けようとしてくる来客の話でしたが、実際に身内をよそおい侵入してくる者はいます。

例えば、彼氏を装って「俺」とか言って、部屋に入ってくる者がいますし、部屋に入ろうとする女性の背後から近づき、部屋に入ろうとした時を狙って、侵入してくる者もいます。

分譲住宅の部屋に侵入されてしまったら、もはや密室に侵入者と一緒にいる事を意味しているので、部屋の入り口近くの異変に十分注意しておく必要があるでしょう。

『怪談新耳袋 第1話 来客』の感想

分譲住宅のドアは、プライベートと公共の空間を境目であり、その先から侵入者がやってくる内容になっていました。

怪談新耳袋シリーズを見ていると、エレベーターの入り口・トイレのドア・ふすまなどから、幽霊らしきものが入ってくるので、境目から幽霊が侵入してくる話が多いなぁと思ってしまいました。

今後は、違う切り口の怖さを期待したい所ですね。

『怪談新耳袋 第1シリーズ』を見れる動画配信

怪談新耳袋 第1シリーズを見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に、怪談新耳袋 第1シリーズを見る事が可能です。