晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第19話)石野真子の隣を通り過ぎたのは心優しき幽霊?

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第1シリーズ 第1夜 第19話 覆水』では、母親(演:石野真子)の隣を幽霊が通り過ぎてしまいますが、何も危害を加えようとしないので、その理由や石野真子さんのミニ情報などについて詳しく紹介しましょう。。

『怪談新耳袋 第19話 覆水』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋シリーズ』は、2003年2月から放送開始されました。

  • 監督:鶴田法男
  • 母親役:石野真子
  • 娘役:鈴木恵梨佳

『怪談新耳袋 第19話 覆水』のストーリー

母親は、お盆が近づいてきたので、亡くなった夫の墓参りのために、娘を連れていこうとします。しかし、娘はおじいちゃんの事が気がかりで、あまり気乗りしませんでした。

母親は、娘の心配を見て見ぬ振りをして、亡き夫が大好きだったメロンを買おうとします。娘は「メロンって高いんだね」と戸惑ってしまいますが「良いのよ、お父さんの大好物だったんだから」と全く気にもとめません。

娘は「私にメロンを持たせて」とせがむので、母親は「落とさないでよ」と少し心配になってしまいます。そして、いよいよ墓参りをしようとしたら、娘の隣を通りかかった中年男性が「良い匂いだ」と言って、立ち去って行ったのです。

その声に聞き覚えのある娘は急いで、先に歩いていた母親のもとへ駆け寄ります。そうしたら、母親は呆然としながらも「今ね、お父さんが歩いてきたの。笑ってた。ニコニコしていた」と、あまりの嬉しさにしゃがみこんでしまいました。

母親は「私ムキになっていた。ことみの事、一人で育てなきゃ、必死に育てようとしていた。彼の分までがんばらなければと思って」と涙を浮かべてしまうのです。

通り過ぎた夫の幽霊は、残した妻子の事が心配で現れたのでしょうか?

『怪談新耳袋 第19話 覆水』のまとめ

怪談 新耳袋 第1シリーズ 第19話 覆水に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『浜田雅功は石野真子の熱狂的なファン』

私は、昔からダウンタウンのお笑いが好きだったので、よく『HEY×3』や『ガキの使い』などを見てきました。今でも、年末の『笑ってはいけない』は欠かさず見ているほどなので、よく分かりますが、実は浜ちゃんは石野真子さんの大ファンなのです。

その石野真子さんが、ダウンタウンの番組に出演する事になり、相方の松っちゃんから「相方がすごく楽しみにしていた」とバラされてしまって、浜ちゃんは大笑いしていました。

それが影響しているのか?奥さんや不倫相手の女性たちは、どことなく石野真子さんの顔立ちに似ていて、少しだけポッチャリとした顔立ちの女性が多いですね。私も浜ちゃんみたいに大好きな芸能人に会いたいものです。

『怪談新耳袋 第19話 覆水』の感想

今回は、珍しく感動ものでしたが、怖いものが少なかったので、これはちょっと物足りないかなと思ってしまいました。

まぁ、たまにぐらいであれば良いかと思える内容ではあったのですが、これであれば『ワタシが死んだ理由 第5話』のように、感動系であっても怖いシーンが盛り込められているほうがホラードラマとしては見所が多いなと思いますね。

www.akira-blog.com

『怪談新耳袋 第1シリーズ』を見れる動画配信

怪談新耳袋 第1シリーズを見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に、怪談新耳袋 第1シリーズを見る事が可能です。