晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

項羽と劉邦(第12話)趙高が胡亥を騙して権力を掌握した手口を紹介

ドラマ『項羽と劉邦 King's War 第12話 蕭何からの手紙』では、趙高が、二世皇帝である胡亥をことば巧みに騙して権力を掌握していくので、その手口を詳しく紹介しましょう。

『第12話 蕭何からの手紙』のキャスト

『項羽と劉邦 King's War 第12話 蕭何からの手紙』に登場した人物や役者さん・声優さんたちは、以下の通りです。

秦帝国

中国初の統一王朝『秦帝国』に関連する人物や役者は以下の通りです。

  • 始皇帝(演:ユー・ホーウェイ)/秦帝国を建国した初の皇帝
  • 晨曦(演:シャオスーチンガォワー)/始皇帝の息子 扶蘇の娘
  • 胡亥(演:ユー・ビン、声:内田岳志)/扶蘇の弟
  • 李斯(演:演:リー・ジェンシン)/秦帝国を支える丞相
  • 趙高(演:演:シュー・ウェングァン)/始皇帝に仕える宦官
  • 崇信(演:チャン・シンファ)/密かな野望を持つ宦官
  • 殷通(演:ワン・ウェイグォ)/会稽の郡守
  • 叔孫通(演:リュウ・グァンホウ)/胡亥や趙高の顔色を窺う重臣

楚国(亡国状態)

秦に滅ぼされた悲劇の楚国には、血の気の多い項羽や、身分の低い劉邦たちがいました。その楚国に関連する人物や役者たちは以下の通りです。

  • 項燕(演:不明)/壮絶な最期を迎える楚の大将軍
  • 項羽(演:ピーター・ホー)/項燕の孫で秦を憎む男
  • 項梁(演:ジュー・イェンピン)/項羽の叔父
  • 項伯(演:シュー・マオマオ)/項羽の叔父

漢(建国前)

400年にも及ぶ漢王朝(前漢・後漢)の建国に関連する人物や役者さんたちは、以下の通りです。

  • 劉邦(演:チェン・ダオミン)/多くの者たちに慕われる亭長
  • 樊噲(演:カン・カイ)/劉邦の弟分で気性が荒い
  • 盧綰(演:ワン・ジーシー)劉邦の幼馴染で穏やかな性格
  • 蕭何(演:ヤン・リーシン)/ 劉邦と親しい役人
  • 曹参(演:シュー・シャオジェン)/蕭何の幼馴染

『第12話 蕭何からの手紙』のストーリー

胡亥はノンキに、女たちに羽けりをさせて、上手な者を妃にしようと遊んでいました。

趙高は遊び呆けている胡亥に謁見して「政務に関する事は、私から陛下にお伝えします。そうすれば、臣下たちに会う必要もないので、無駄な時間をかける必要がありません」と、皇帝の政務の時間を短くできるように進言します。

胡亥は「それは素晴らしい!」と手放しで大喜びをして、今後は、趙高だけが皇帝に進言できるようになってしまいました。秦では、趙高が着実に実権を掌握しつつあるなかで、農民の反乱が拡大していいきます。

その頃、蕭何は、県令に「民から支持されている劉邦を討たずに、逆にここへ招き入れたら、反乱軍から身を守る事ができます」と進言していました。県令は劉邦を討つ気でいましたが、反乱軍を恐れて、その通りにします。蕭何は、臣下に劉邦へ手紙を渡すように命じて、劉邦へ帰るように促す事にしました。

楚では、項伯たちが殷通を討伐して、密かに陳勝と共に放棄しようと企んでいて、秦帝国は大きく揺らいでいきます。秦の忠臣たちは命がけで、皇帝に出兵するように直訴しますが、そこへ叔孫通が大げさな事を言うなと讒言してしまうのです。

はたして、胡亥は反乱を鎮める討伐軍を派遣するのでしょうか?

『第12話 蕭何からの手紙』のまとめ

項羽と劉邦_第12話の画像

出典:http://www.bsfuji.tv/kingswar/story/story12.html

『項羽と劉邦 King's War 第12話 蕭何からの手紙』の感想や、関連する情報を紹介するので、参考にしてみて下さい。

『中国史上初の農民の反乱』

項羽と劉邦が活躍した時代はどうしても、秦・楚・漢の英雄たちばかりに目を奪われがちですが、陳勝の農民反乱は決して見過ごしてはいけないものがあります。

なぜなら、陳勝の農民反乱は、中国史上初という出来事であり、その規模は凄まじいものがあったからです。

何しろ紀元前210年という途方もない昔の話なので、日本人の私たちにはあまりピンとこない時期ですので、中国の歴史の長さを感じさせるものがあります。

中国共産党が、せっせと経済成長させているのも農民反乱を恐れているからと言われています。それに引き換え、日本では自民党や民主党が政権についても、民主主義にあぐらをかいて、国民の生活を良くしようとしません。

それを考えたら、民主主義というのは何なのだろうかと思ってしまいますね。

『第12話 蕭何からの手紙』の感想

蕭何は劉邦に手紙を送り、何とか劉邦と県令の間を取り持とうとしますが、その間にも趙高は確実に権力を掌握していきます。

この時、皇帝がせめて胡亥ではなく、子嬰であれば、秦帝国の運命は大きく違っていたでしょうね。

まぁ、仕事の時間を少なくしてあげると言われたら、自分も大喜びしたくなりますが、相手が何を考えて、それを言っているのか?そこまで考えておかなければ我が身を滅ぼす事になるので、注意しておきたい所です。

『項羽と劉邦 King's War 第1〜80話』を見れる動画配信

項羽と劉邦 King's War 第1〜80話を見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に項羽と劉邦を見る事が可能です。