晃のドラマブログ

WEBライター晃がドラマを紹介しているブログ(歴史とホラーに力を入れています)

怪談新耳袋(第6話)清水美那を包んでいく謎の血

怪談新耳袋の画像

ホラードラマ『怪談新耳袋 第1シリーズ 第6話 一滴の血』では、ミサ(演:清水美那)が、ブティックで怪奇現象に襲われてしまうので、詳しく紹介しましょう。

『怪談新耳袋 第6話 一滴の血』のキャスト

ホラードラマ『怪談新耳袋 第1シリーズ』は、2003年2月から放送開始されました。

  • 監督:荒川栄二
  • ミサ役:清水美那

『怪談新耳袋 第6話 一滴の血』のストーリー

ミサは、就職活動をしていて、事前にしっかりと履歴書を用意していて、その見事さに「我ながら完璧完璧」と自画自賛します。

そして、面接の時刻にブティックへ向かおうとしますが、途中で通行人の女性から「雨ですよね」と話しかけられてしまいますが、あまり気にもせずブティックへ入って行きました。

ところが、ブティックには誰もいなくて「すいません」と呼びかけても、全く返事がありませんでした。ブティックの奥まで入っていっても、どこからか水滴が漏れる音が聞こえてくるだけです。

ミサは時計を見てみたら、約束の13時に来たはずなのに、なぜか15時になっていたのです。そんな時に電話が鳴り出したので「面接の人?」と聞かれたので、勘違いをして遅刻した事を謝っても途中で切られてしまいました。

仕方なく、店内に履歴書だけ置いて、外へ出て行きました。ところが、履歴書の写真に血が次々に滴り落ちていったのです。

外へ出たミサは『何かに包まれている、何かに包まれている』と思って、ポケットミラーを見てみたら、何と自分の頬に血が付いていたのです。

はたして、あのブティックで起きた事は、何だったのでしょうか?

『怪談新耳袋 第6話 一滴の血』のまとめ

ホラードラマ『怪談 新耳袋 第1シリーズ 第6話 一滴の血』に関連する情報や感想を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

晃のドラマブログの豆知識『清水美那のプロフィール』

清水美那さんは、最近ではテレビドラマの出演回数が減ってしまいましたが、映画のほうでは多くの作品に出演しています。

端正な顔立ちをしている上に、スタイルまで良いので、ホラードラマでは抜群の存在感を発揮していたので、今後もホラードラマに出演してくれる事を願うばかりです。

  • 生年月日:1982年7月14日
  • 出身地:埼玉県入間市
  • 身長:160cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:テニス・バンド・ジャズダンス

『怪談新耳袋 第6話 一滴の血』の感想

今回は、謎だからの回で、13時に入ったはずなのに、なぜか15時になっていて、血が履歴書の写真に滴り落ちてしまいました。

しかも、写真に血が滴り落ちている間に、ミサの頬に一滴の血が付いて、流れ落ちそうになっていたので、本当に謎すぎて『もう少し何かヒントを教えてくれぇ!』と叫びたくなるほどです。

謎が多いのも、ミステリーな感じがして良いのですが、せめて何かヒントみたいなものが欲しかったですね。

『怪談新耳袋 第1シリーズ』を見れる動画配信

怪談新耳袋 第1シリーズを見れる動画配信は『Hulu』です。ただし時期が過ぎたら、配信が終了する可能性があるので、注意して下さい。

Huluは月額933円(税抜)で、このドラマの他にも、様々な映画・ドラマ・アニメなどが見放題になっています。

初めてHuluに入会した場合には、2週間の間は無料なので、その間に、怪談新耳袋 第1シリーズを見る事が可能です。